音感生活

昔と比べて音感が良くなったと感じます。ただし、それは「音程を外さずに歌えるようになった」という意味ではなく、「他人が音程を外して歌うと気になって仕方がないようになった」という意味です。

思えば昔は上手下手に関わらないところで音楽を聴いていたように思います。好きな歌かどうかは、歌っている人が巧いかどうかとは関係がなかった、と言うか、きっと歌の巧さを聴いてなかったんでしょうね。巧いか拙いかに関係なく聴き、関係なく歌い、関係なく楽しんできました。ただし、自分の弾き語りを録音して初めて聴いてみたときには愕然としましたが・・・。

ま、自分の歌の話はともかくとして、私の音感が良くなったのは妻の影響が大きいのではないかと思うのです。

彼女はポップスも聴きますが半分はクラシック育ちだと言って良いし、なんと言っても絶対音感があります。だからかどうか、彼女はロックであってもフォークであっても音程の確かな歌手を好みます(まあ、ユーミンは例外かな)。

それで、私がCDを聴いていたり、TVから曲が流れてきたりすると、よく「なに、このヘタクソ!」などと言うのです。そう言われてみれば確かに音程が外れてました。で、次から私も気になるという訳です。聴いていたのが昔のアルバムだったりすると、「当時は全く気にならなかったけれど、言われてみればなるほどここで音を外しているな」と気づく訳です。

昔のフォークは歌が下手な人が多かったです(井上陽水が出てきた時に、「フォークにしては歌が巧すぎる」と言われました)。じゃあ、今の歌手は皆歌が巧くなったかというと、音程に関して言えば必ずしもそうとは言い切れません。ここ数年のアルバムでも、あえて名前は記しませんが、歌が巧いと言われているR&B系の女性歌手(日本人)のCDを買ってきて聴いてみたら、声の伸びや声量はあるのですが、その一方で何箇所か明らかに音程を外しているところがあってげっそりしました(妻に指摘されるまでもなく気づきました)。

単に妻に指摘されるのが嫌なのであれば、以前書いたように彼女がいない時に聴けば済むだけのことですが、一度指摘を受けてしまうと今度は私自身が気になって仕方なくなるのです。そのうち私自身の耳も鋭敏になってきて、妻がいなくても音程の逸脱に気づいてしまうようになりました。

話はまた少しそれてしまいますが、彼女はハードロックなどのうるさい系統の音楽だけではなく、単調なものも嫌いです。フィリップ・グラスにいらつくのは当然として、ピチカート・ファイヴを嫌がったのには驚きました。

もちろん彼女は自分の嫌いな曲を私にかけさせないという訳ではありません。ただ、私としてもあまり辛抱して聴いてもらうのも気が引けるし、それに(単調かどうかは別として)音程が外れているものは私自身がイライラするようになってきたので、だんだんかけるCDが減ってきたのです。

で、何をかけようか? 特に妻がいる時には何を聴こうか、ということになります。果たして、妻のお眼鏡に適うような歌手がいるんでしょうか?

──最近の例では Pushim ですね。どのアルバムのどの曲をかけても妻は何も(マイナス面を)指摘しません。妻はレゲエは嫌いではないし、特に褒める訳ではないけれど、どうやらこれは合格最低点突破のようです。

Pushim は曲も良いし、詞も良いし、歌も相当巧い。これだけバランス良く秀でたシンガー・ソングライターには滅多に出会うものではありません。

という訳で、我が家では最近よく Pushim の曲が流れています。

Copyright©yama-a Jul.2003mark

目次へ 次作へ 前作へ