お詫び(長文)

最近ちょっとした異変が起こっています。

私のサイトで一番人気の(ったって大した人気じゃないですが)コーナーは、自らメイン・コンテンツと銘打っている連作エッセイ「ことばのギア、発想のシフト」でした。ところが、最近は視聴率リポート「視聴率の嘘800ホント200」(註:このコーナーは2014年のサイト改修の際に削除してしまいました。あしからず)が遥かにそれを上回ってしまったのです。ただし、これはまだ大した異変ではありません。

もともと視聴率について詳しく書いたサイトが少ないこともあって、視聴率リポートのコーナーへのアクセス数は少しずつ上昇して行く傾向にはありました。

そこへ、2003年10月24日にNTVの視聴率買収事件が発覚して、このコーナーは一気に検索対象になりました。多分その影響を受けてのことでしょうが、Yahoo! JAPANの「カテゴリ検索のディレクトリ・サービス」に登録されるに至って、「視聴率の嘘800ホント200」のページビューは飛躍的に伸び、「ことばのギア、発想のシフト」のそれを遥かに追い抜いてしまいました(発覚から3週間たって漸く沈静化してきましたが)。

そこまでは不思議でも何でもないのですが、それと同時に音楽エッセイ「キーを叩く」までが「ことばのギア、発想のシフト」のページビューを追い抜いてしまったのです(これが「異変」です)。

想像するに、多分以下のようなことなのでしょう。

Yahoo! で検索して視聴率のページを見る。ついでに他のページも見てみようかと思う。まず目につくのは「ことばのエッセイ」なのですが、言葉なんぞに興味のある奇特な人は当然少数派です。そうすると他に何があるかと言えば、「本のコラム」と「書評小品」(註:このコーナーも既にありません)──これらはいずれも活字の世界です。

テレビの視聴率に興味を持つのはどちらかと言えば、活字派ではなく映像・音響派の人たちでしょう。痔の闘病日記なんぞを読んでも仕方がないのは言うまでもないとすれば、結局彼らが読んでみようかと思うは音楽エッセイくらいのものなのです。

音楽というのはそれほど広くみんなに受け入れられていると言うか、みんなに浸透していると言うか、ともかく人気のあるジャンルであることは確かです。

しかし、実際読んでみてどうだったか?

以前も書いたように、テレビ番組を例にとれば、ベストテン形式や大賞形式などの一部のものを除いては、音楽番組が高視聴率を取ることはありません。音楽に対する好みはかなり多様であるということなのです。

例えば私のこの「キーを叩く」を読めば、そこにはクラシック音楽に対する記述がありません。この時点でクラシック好きの大き目の塊が、私の読者から脱落して行くのです。

私はクラシックについては全くの門外漢です。鳴っていて不愉快だということはなくて、時には傾聴することもありますが、交響曲などは通して聴いているうちに大抵退屈してしまうタチです。

私が扱っているのは、近年の分類方法で言うと「Jポップ」中心ということになりますが、Jポップったってめちゃくちゃ広いので、私と趣味が同じ人を捜すのは至難の業です(特に私はマイナー好みだということもあります)。

誰にでも趣味があって、例えば昔から私は高い声を出す男性歌手にあまり魅かれません。歌詞に現実味がなくて軟弱な歌も嫌いです。

Jポップだけでも、あるいは米国のロックやポップスまで合せても、私と音楽の趣味が同じ人間が出会うことは難しいはずです。そして、他に音楽のジャンルはもっともっとあります。私が扱わないジャンルが山ほどあるのです。

考えてみれば、音楽好きが2人出会った場合に、スポーツ好きが2人、あるいは芝居好きが2人出会った時ほど話題が弾む可能性は低いのではないでしょうか。

それから、年代によるギャップもあります。

先日会社の部下たちとカラオケに行く機会がありました。すると、入室してすぐにゲームが始まってしまいました。メドレーの曲を入れてそれを回し歌いして、歌えなかった奴に罰ゲームというやつです。

初めにかかったのが、確か「1987年大ヒット・メドレー」。

1987年と言えば、私はすでに会社に入っています。会社に入ったらパタッと音楽を聴かなくなった、ということはありませんが、学生時代の聴き方と社会人の聴き方には量的に大きな差があります。

つまり、全然歌えないのです。聴いたことはある、知ってる歌。でも、いきなり画面に歌詞が出て伴奏が流れても歌えない。8小節くらい済んでサビの部分が来ると漸く歌える──そんなことの繰り返しでした。

「1987年メドレー」が終わったと思ったら、そのあと「1988年」「1989年」とどんどん年次が上がって行きます。私は自分に順番が回って来ても10回に1回くらいしか歌えない状態が続きました。

それを見ていた一番年長の部下が私に気を使って、選曲をしていた若い社員にもっと古い歌を入れるように指示しました。

で、流れてきたのが「1974年」。これなら歌えるか、と思ったのですが、なんとこれが「1974年アニメ主題歌メドレー」。

「えー、私まだ生まれてなーい」と不満げな20代の女性社員を尻目に、30代社員が絶好調の大合唱。私はと言えば、1974年にはもうアニメなんぞは卒業していてほとんど聴いたこともありません。

そのあと「1975年」「1976年」とアニメ主題歌メドレーが続き、私は悔しいという気持ちさえ起こらず、ただただ白けてしまいました。

生きた時代が違えば、共有できる音楽も違うという典型的な例でした。ことほど左様に音楽の趣味は人それぞれで、音楽にまつわる思い出はバラバラなのです。

で、こんなに長々と書いてきて、今回は何が言いたかったかと言うと、こういうことです。

「せっかくお読みいただいたのに多分満足できなかったでしょう? ゴメンナサイ」

Copyright©yama-a Nov.2003mark

目次へ 次作へ 前作へ