世代のルーツ

年が明けてすぐに映画「イン・アメリカ」を観てきました。

その中で、主人公の少女が学芸会みたいな場で Desperado を歌うシーンがあるんですね。これが、移民であるという彼女たちの家族の立場を託しているみたいで、すっごく染みてくるんです、聴いてると。

帰ってから Eagles のベスト・アルバム引っ張り出して、もう一度オリジナルを聴き直してしまいました。

ちょうど肩が凝ったと言う妻の肩を揉んでやりながら、曲は Desperado から Tequila Sunrise、Best of my love と続きました。私は、自分でも気づかないうちにいつのまにか踊ってました。と言うか、肩揉みながらなので文字通り踊る訳には行きませんが、肩を揉む両手でリズムを取りながら両足でステップ踏んでました。

私の音楽のルーツは決して Eagles なんかにある訳ではないのに、こういう曲って嵌ってしまうんですね。

世の中や人を特徴づけるものとして、時代・年代・世代があります。

Eagles の曲は決して一時期の流行に留まることなく現にこうして残っている訳ですし、ある特定の時期に流行した形式やジャンルなどではなく割合オーソドックスな曲想ですから、これは時代の特徴ではありません。

いつの時代にも例えば中年に愛される音楽かと言えば必ずしもそうではないでしょう。だから、これは年代の特徴でもないのです。

そう、Eagles は言わば我々の世代のルーツなんですね。年齢を重ねても、時代が変わっても、我々がずっと自分と一緒に持ち続ける、ある種こころの拠り所みたいなもんです。

で、話は戻るのですが、自分で踊りながら、年末に観た青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン」を思い出してました。

これ、オムニバス劇なんですけど、最後のメニューに老夫婦が踊るシーンがあるんですね。

白井晃扮するヨボヨボの爺さんと高泉淳子扮するヨボヨボの婆さんがレストランに入って来る。お互いに何度も何度も相手のために椅子を引いてやるシーンとか、珍妙なプレゼント交換とか抱腹絶倒のコントのあと「踊ろう」ということになります。ところが、高泉婆さんはダンナの足の上に乗っかってしまって、白井爺さんがまるで操り人形みたいに怪しいステップを踏んで、高泉婆さんは(当然ですが)それにピッタリ寄り添って振り回されます。

あれを見て私はふと「ああ、老後はああいう夫婦になりたいなあ」と思いました。

あの時のバックの曲が何であったかは忘れてしまいましたが、私は Eagles を聴きながら、妻の肩を揉みながら、そして踊りながら、曲に合せて歌ってました。

Oh, sweet darling
You get the best of my love

良い芝居を観て、良い映画を観て、そして良い音楽を聴いて踊って…。今回の年末年始は却々良い休みでした。

Copyright©yama-a Jan.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ