歌詞に瑕疵あり

先日、部下の結婚披露宴に出ました。新郎・新婦ともに私にとっては部下、つまり2人は社内結婚・部内結婚で、それどころか席も隣同士です。

ところで、この2人の披露宴で、新郎新婦入場の際に流れたBGMには笑ってしまいました。ヒップホップ好きの新郎はなんと Black Eyed Peas の "Where is the love?" を使ってたんです。

この曲については別のサイトへの投稿で触れたばかりですが、これは恋愛の歌ではなくて博愛の歌です。「自分たちの国や人種のことだけしか考えていないから戦争や迫害が絶えない。一体愛はどこへ行ってしまったんだい」という歌なんです。

「愛はどこへ行った」という部分だけ見ても、果たして結婚式にふさわしいかどうか怪しいもんですが、サビの部分の出だしの歌詞が、People killing, people dying ともなると、これは穏やかではありません。めでたい席にはそぐわない、瑕疵のある歌詞ではないでしょうか?

「タイトルに love という単語が入っているし、好きなラップだし、まいっか」という新郎の安易な態度が透けて見えます。たまたま私は祝辞を述べるよう頼まれていたので、スピーチの時にそのことを指摘したらバカ受けしてしまいました。

そう言えば十何年前にも同じようなことがありました。
会社の同期が結婚した時に、彼の披露宴でキャンドルサービス時に使用されたBGMが Whitney Houston の "Saving all my love for you" だったのです。

私は文字通り椅子から転げ落ちそうになりました。これ、邦題が「すべてをあなたに」だから勘違いしたのかもしれませんが、不倫の歌ですよ(Billy Paul の "Me and Mrs. Jones" と並ぶ不倫ソングの傑作だと思います)。「あなたには妻子がいるので(言わば日陰者の)私はあなたへの愛を(おおっぴらに表わすのではなく)心の中にしまいこんでおく」という歌です。やれやれ。

私は自分の結婚披露宴の際には注意深くそういう失敗を避けました。失恋や不倫の歌はもちろん、過去の恋愛を懐かしむ歌詞も避けました。私たちはKANの「愛は勝つ」で入場し、お色直しのあと Whitney Houston の "Greatest love of all" で再入場しました。これは私らしい言葉へのこだわりです。

そう、私が偉くて彼らがバカだという主張ではないのです。これは私らしい言葉へのこだわりなんです。

披露宴のスピーチで、そんな言わなくても良いことを指摘して、しかもそれがバカ受けするというのは、それが如何にも私らしい指摘だからなんです。現に私のスピーチの中で一番受けたのは、「ご存じない方もいらっしゃるでしょうが、私は割合論理的なタイプなので」という部分でした。

連作エッセイ「言葉のギア、発想のシフト」の中でも何度か書いているように、そういう訳で私は、あまり私のことを知らない相手に対してむやみにそういう指摘をしないように気をつけています。知らない人から見れば単に嫌味なオヤジでしょう。

でも、ときどき「多分解ってくれるだろう」と勘違いしてそういうことを言ってしまい、顰蹙を買うことがあります。

今回の披露宴のスピーチはスレスレのところでバカ受けでした。あー、良かった。

で、いずれにしても、私は常に歌詞にこだわりを持ちながら音楽を聴いています。

Copyright©yama-a Feb.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ