2つの聴き方

類型的なアプローチから一般論に集約してしまうのは嫌いなのですが、今回はちょっとそんなことを書きます。

音楽を聴く態度には2つあると思うのです。

安らぎを求めるか、刺激を求めるか。
くつろぐために聴くか、驚くために聴くか。

私の場合は断然刺激を求めて、驚きを捜して聴くタイプです。以前「 Eagles は私の音楽のルーツではない」と書いたのはそういう意味です。

CDを聴く際には何かをしながらということはあまりなくて、全ての業務を中止した上でオーディオ・セットに正対して、一身の集中力を傾けて聴くのが普通です。

昔のジャンル名で言えば、「イージー・リスニング」なんていうのはどうにも好きになれず、言うなれば「ハード・リスニング」したいのです。

「妻の肩を揉みながら」みたいな聴き方をするのは、逆に言えば Eagles だからなんです。Eagles は決して嫌いじゃないです。いや、好きです。でも、ど真ん中ストライクじゃないんですね。終始リラックスして聴いてなんかいられないような音楽が本当は好きなんです。

転調や変拍子がとても好きなのも、そのひとつの表れです。聴きながら「おおっ!」と驚きたいのです。できれば何度聴いても驚いてしまうくらいがよろしい。

ただ綺麗なだけのメロディには魅かれません。腰抜かすような展開が好きなのです。昔、プログレに嵌ってしまったのも、そのひとつの表れです。いつまで経ってもムーンライダースから離れられないのも、そのひとつの表れです。

YMOが出てきたときに、「細野さん、なんだかつまらないもの始めちゃったなあ」と思ったのも同じ意識の流れです。要するに驚かなかったのです。はっぴいえんどを解散した後のソロ時代の細野晴臣に驚きまくっていた反動かもしれません。

そう、驚くかどうかは他人がどうこう言うことではなく私が決める、と言うか、私の感じ方次第なんです。それは私自身にも予想がつきません。

私にしても「あまりに綺麗なメロディ・ラインに驚く」ことはある訳で、それを捉えて「綺麗なメロディは嫌いだと言ったじゃないか」と責められても困るのです。驚くときは驚くんだな、これが。あまりに綺麗なメロディにはくつろぎよりも刺激があるからなんですかね(とまで書いてしまうとこじつけになるか)。

逆もあって、あまり常套的でない転調をすれば私が必ず驚くかといえばそうでもなくて、「おおっ、なんだか凄い転調!」と感じるか、それとも「なんじゃこの転調は。音楽の基礎が解ってないんじゃないの」と感じるか、あるいは転調したことに全く気づかず聞き過ごしてしまうかは、それこそ聴いてみないと何とも言えないんですね。

だから、結局は趣味の違い、個人差ということになってしまうのですが、それでも、とても大雑把に言ってしまうと、やはり私は刺激や驚きを求めて聴いているようなんです。自分の中で割合明確に整理がついてるんです。

「イージー・リスニングは嫌いだ」なんて書きましたけれど、これは決してジャンル分けの話じゃないんです。例えば、私は概して「ヒーリング・ミュージック」なるものには興味がありません。でも、往々にして「ヒーリング・ミュージック」に括られてしまう Enigma は大好きです。あれは刺激に溢れ返っていて凄い!と思います。

刺激を求めるのであれば単調なものは嫌いかと言えば、一般論としてはその通り。ただし、私の好きなCDの中には恐ろしく単調なリフを繰り返すものもあります。例えばテクノ/ハウス系やヒップホップ系のもので、あるいは他ではフィリップ・グラスとか。単調であっても刺激に満ちています。

要するに癒されようなんて気はないんですね。くつろごうなんて思ってないんです。ひとえに刺激を受けたいんです。
刺激を受けた結果癒されることはあります。でも、求めるのは刺激。決して安らぎじゃない。
刺激を受けたあとで安らぐことはあります。でも、刺激に欠けた、ただ綺麗な曲ではまるで効果がないのです。

そういう私とは対極的な位置にあって、ただひたすら、初めから安らぎとくつろぎを求めて音楽を聴いている人もいます。むしろ刺激を避けた音楽を聴いている人もいます。

安易な類型分けや一般論が嫌いな私でも、音楽の聴き方に上記2つのタイプがあることは否定できない気がするのですが、いかがでしょうか? そして、もしこの2分法を適用するとすれば、あなたはどちらに属していますか?

Copyright©yama-a Apr.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ