東京音楽回覧実記

東京に出てきました。あちこちの街をちょこちょこ歩いてみました。

東京はすごいなと思うところは、ストリート・ミュージシャンの質が高いということ。大阪でももちろん巧いストリート・ミュージシャンに出会うことはあります。でも、その頻度が違います。

ふらふら歩いているとあちこちで立ち止まって聴きたくなる音楽をやっています。巧い!と言うか、良いんだなあ、これが。楽曲の出来の良さ、歌や演奏の腕、と言うか魅力。そう、ここには魅力的なストリート・ミュージシャンが五万といます。

人口が多いから他府県より大勢の優秀なミュージシャンが出てくる可能性があります。人口が多いからそれだけ生存競争も激しくなります。そして聴き手の数も膨大です。多くの耳によって選別され、また逆に、多くの耳の中の一部の耳によって強烈に支援されます。
人口が多いということは偉大なことです。世界的にも人口の多い街からたくさんの優秀なミュージシャンが出てきています。

もちろん人口の多いところでしか優秀なミュージシャンは育たないと言う気はありません。しかし、ポップ・ミュージックの場合、人口が多いという要素はかなり大きな要素なんですね。まさに population と popularity の関係です。

先日、新宿の駅前で「音更(otofuke)」という素敵なギター・デュオに出会いました。かなり solid な音で、ついつい路上ライブが終わるまで聴いてしまいました。

演奏が終わってから配っていたビラを見たらちゃんとCDも発売しています(ライナーはゴスペラーズの北山陽一が書いているようです)。インディーズでしょうか? 渋谷・新宿・池袋のCDショップの、主に NEW AGE MUSIC 関連の棚に置いてあるようです。小倉や博多でのインストア・ライブも決まっています。ということは、九州出身のデュオか?

そう、東京には地方からいろんな人が集まってきます。今回転勤で戻ってきた私もそのひとりです。東京の人は東京で生まれたり育ったりした人ばかりではないのです。九州から、関西から、北海道からたくさんの人が集まってきて、みんな広い意味での「東京人」になります。

そのゴッタ煮の東京人たちが一緒になって音楽を育てます。演るほうも観るほうも。

東京って、音楽にとってホントに素敵な環境だなあとつくづく感じました。今度「音更」の 2nd Album "Butterfly Effect+" を買いに行こうと思います。


【追記】

ということで、新宿の Tower Records で買って来ました。

CDで改めて聴いてみると、街頭で聴いた時に比べてやや粗さ(音のバランスやリズムの乱れ)を感じるけど、とても力強くて多彩です。

ライナーノーツには「超絶技巧というわけでもなく(失礼)」と書いてありましたが、この書き方はどうかなあ。

確かに超絶技巧ではないかもしれないけれど、わざわざ「超絶技巧ではない」と書くのが適当かどうか。
なかなか多彩だと、私は思うのです。

Copyright©yama-a Jul.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ