やっぱり買いに行こうかな

若い頃、と言うか小さい頃、私は歌手が俳優等に転向するのが許せませんでした。

私が小学生の頃と言えば(古い話で恐縮ですが)、憧れの対象はグループサウンズでした。そのグループサウンズが1969年にほとんど全部解散してしまって、その後の彼らはどうなったか?

テンプターズのショーケンこと萩原健一は俳優に転進して大成功。タイガースのジュリーこと沢田研二も(歌手としてヒット曲は出し続けながらも)俳優業に乗り出し、岸部修三は後に名前を一徳に変えて今や押しも押されもせぬ性格俳優、助演男優賞の常連です。弟の岸部シローは暫くしてワイドショーの司会のおっさんに(借金問題で馘首されましたが…)。

スパイダースの堺正章はソロで何曲かヒットを飛ばしながら、「時間ですよ」で(父親と同じく)コメディアンの地位を不動のものとし、司会業に転進。井上順は元々歌が下手だったのですぐに歌手を辞めて俳優(これも下手だった)や歌番組の司会者等に。他にもザ・サベージの寺尾聰(忘れた頃に「ルビーの指輪」が大ヒットしましたが)、モップスの鈴木ヒロミツ、シャープ・ホークスの安岡力也、一体何人が俳優に転じたでしょう?

もっと古い例を挙げれば内田裕也。日本を代表するロックンローラーだったのがいつの間にか怪優。ジャニーズのあおい輝彦は、途中「ジャニスを聴きながら」のソロヒットはあったものの今やすっかり時代劇俳優。そう言えば、あおいと同じく「水戸黄門」に出ていた野村将希(旧名・真樹)もレコード大賞新人賞受賞者でした。

まだ、ありますよ、「柴又にバッタを見た」など風刺の効いた作品の多かったフォークシンガー・なぎらけんいち(健壱)は映画「嗚呼!花の応援団」で薬痴寺先輩を演じてからすっかり役者づいてしまい(その後はリポーターなんかもやったりして)、フォークの異端児・泉谷しげるも「金妻」出演以来役者の仕事が増えました。

私は(と言うか小中学生時代の私は)そういう彼らに向かって、「お前らの音楽に対する情熱はその程度だったのか!」と心の中で毒づいてました。「本当に音楽が好きなら、たとえヒット曲が出せなくても音楽で生計を立てようとするのが筋じゃないか!」と息巻いてました。

彼らが簡単に役者として成立してしまうのにも腹が立ちました。「俳優養成学校なんかから叩き上げでやってきた人々に対する冒涜だ」と憤ってました。──そういう肩肘張った正義感って、若い頃特有なものですね。

今では別に気になりません。不思議なもんです。

いつ頃から気にならなくなったのかよく判りませんが、逆に、元オックスの野口ヒデトが演歌歌手・真木ひでととして「夢よもう一度」で再デビュー/再ヒットし、「やっぱり歌が好きだったから」と唇噛み締めて言った時には、「おいおい、それはないやろ?」と思ったものです。

しかし、転向せずに地道に歌を続けている人を見るとやっぱりいまだに応援したくなります。

先日、渋谷の Tower Records に行ったら、元 SPEED の hiro がスタンダード・ジャズのアルバムを出しているのを見つけました。タイトルは CoCo d'Or(ジャケットは水森亜土ですぜ!)。こういうのを試聴コーナーに置いておくタワーレコードよ、あんたは偉い!(なんて、この時は思ったんですが、後で調べてみたらオリコン最高13位まで行ってたんですね)

ほとんど全局試聴しましたが、張りがあってキューンと伸びる彼女の声はなかなか素晴らしい! 声に強さがあります。昔からジャズは好きでよく聴いていたそうです。

私はCDこそ1枚も持ってませんが、SPEED のファンでした。特に島袋寛子( hiro )と新垣仁絵( hitoe )が好きでした。

試聴コーナーの横には昔の SPEED の写真が貼ってあって、ご親切にも「この娘です」って感じで丸印までついてます。いかにも「ジャズを聴くおじさんたちは知らないでしょうけど」って言いたげでしたね。

私のように昔の SPEED が好きで、今の CoCo d'Or を聴いてもやっぱり好きで、って言う人は少ないんでしょうかね。自分自身はその両方が好きだと言うことがとても嬉しい気分です。

紆余曲折はありながらも、やっぱり歌に対する情熱を失っていない人を、そして音楽界から見捨てられずに続けて行ける人を、私たちは優しく見守って応援してあげようではありませんか(化粧品のCMで上原多香子を見たり、映画「陰陽師」で今井絵理子に出会っても何の感慨もありません)。

結局買わずに帰ってしまったけど、やっぱり買いに行こうかな、CoCo d'Or。ついでに SPEED のベストも。


【追記】

つらつら考えてみると、俳優等への転向が気にならなくなったのはアイドル歌謡曲の時代からでしょうね。その最たるものは浅田美代子で、発声方法の根本からして間違ってて、声量、音程、リズム感、いずれをとってもひどいもんでした。

私は浅田美代子のファンでした(今でもテレビで見ると「可愛いおばさんだなあ」と思います)が、「なんとか早く歌を止めさせなければ」と思ったものです。いちいち名前は挙げませんが、あの頃(70年代半ばから80年代初頭にかけてか?)ド下手糞な歌手がどんどんデビューしました。

彼らに「歌に対する思い入れ」なんぞあろうはずがありません。あれが一番稼げる道だったというだけのことでしょう。あの浅田美代子にしても、稼げる間は何曲も新譜を出し続けました。

私はよく(浅田美代子に対してだけではなく)「あんなに可愛いいんだから、歌なんか歌わせなければ良いのに」と残念に思ったものです。キャラクターを活かしてバラエティ等で生き残れるのであればそのほうがよほど幸せというものです。

一発で消えてしまうアイドルもいました。でも、中には、郷ひろみみたいに長足の進歩を遂げて頂点まで登りつめた人もいました。

そう、今思い出しましたが、野村のヨッちゃん。彼を見てると、「そうか、君はアイドルになりたかったんじゃなくて、音楽がやりたかったんだね」と話しかけたくなります。

私は実は The Goodbye の頃の野村義男が好きで(CDも持ってます)、いまだにカッコ良くギターを弾いている彼を見ると、やっぱり音楽に対する情熱を持ち続けている人を応援したくなります。

いやあ、音楽ってホントに良いもんですねえ(と、今夜は水野春夫の気分)。


【追々記】

で、果たせるかな、もう一度 Tower Records に行って買って来たのですが、まずは SPEED のベストのほうを聴いてみました。

初期の作品では今井絵理子と島袋寛子がほぼ平等にソロを取っているのですが、後半の作品群では明らかに狙って hiro に高音部を歌わせています。「フィーチャーされている」なんてもんじゃなくて hiro の音域の限界点に合せて曲作りをしたのではないかと思うほど。

んで、hiro のあの若さに任せた力ずくの高音、そう、正に力ずくの高音!張り詰めた高音!剛速球の高音!

いやあ、さぶいぼ出まっせ!(関東風に言うと、「鳥肌立っちゃうよ」になるが、この表現では弱い)


【追記3】

この感覚って、宇多田ヒカルの時もそうでした。

SPEED のベストを買う少し前に宇多田ヒカルのベストを買ったのですが、なんで買ったかと言えば、「宇多田ヒカルがデビューした時はあれほどびっくらこいたのに、最近その頃の歌が流れてきてもなんとも思わない。一体何に衝撃を受けていたのだろう?」と思いながら、それでも何となく通して聴きたくなったからです。

んで、(夜だったしヘッドフォンで)聴いてみて愕然! この伸びやかさ!声のかすれ方!息の吸い方!リズムに嵌る言葉!うねるメロディ!

さぶいぼ出ましたで、ほんまに!


【追記4】

CoCo d'Or と SPEED を聴き比べてみると hiro の鮮やかのほどの成長の跡が見えます。

SPEED 時代は前述したとおり正に力任せの高音だった(これはこれで私としては好感を持っていた)のですが、自分の声をコントロールすることを覚えましたね。強さは維持したまま、しかし、それを100%のギリギリまでは使い切らずに伸びやかに歌ってます。

音域は多分以前より広がったのではないでしょうか。昔より高い音を昔より楽に出している気がします。 低音部も、昔より太く重く、魅力的に出せるようになりました。中音域には SPEED 時代のあの可愛らしい声が残ってます。

SPEED 時代にはなかったファルセットも多用してます。地声で出るところを裏声で歌ったりもしてます。

以上トータルで言えることは、断然、声に表情が出てきた、ということです。それによって、歌に「うねり」を作り出せるようになりました。鳥肌は立たなくても、気持ちよ〜く、うっとりと聴けます。

多重録音でハモるというのも彼女にとっては初めての体験だったのでは?

それから、英語の発音が格段に良くなりました。

SPEED の英語はウジャウジャ英語でした。hiro も中学生の発音をしてました。

今回進境著しいのはRとLの違いが解ってきたということ。th の音は残念ながらまだバラツキあり。語末の子音がちゃんと発音で来ていない(これはもっとしっかりした先生が教えてやらないとなあ)のですが、全体としてかなり英語らしい発音をマスターして早いパッセージにもついて行ってます。

「英語の発音なんてどーでもいいじゃないか」と思われる方もあるかもしれませんが、私が言いたいのは、彼女はそういうところまで一生懸命勉強したということです。

ライナーノーツを読むと、彼女が猛勉強・猛練習の上でジャズのレコーディングに臨んだということが解ります。それが音楽の点でも発音の点でも大いなる成長に結びついているのです。

若いコたちが成長するのを見るのって、心が躍る思いです。

Copyright©yama-a Sep.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ