ナツメロ

去る9月8日(水)、荻窪のライブ・カフェ ROOSTER に W-VOICE による「'70年代歌謡曲の夕べ」を聴きに行って来ました。

W-VOICE は杉原テツ・近藤ナツコのダブル・ヴォーカルをフィーチャーしたバンドなんですが、実はメンバーの1人が私の会社の後輩なのです。この特集はもう7回か8回演っているそうなんですが、私は初めてでした。

いやあ、私のような年代にとっては胸に迫るライブでしたね。

何はともあれセットリストを紹介しましょう。そのほうが話が手っ取り早いですから。

曲順曲名歌手作詞者作曲者発売年
-----第1部-----
みんな夢の中高田恭子浜口庫之助浜口庫之助1969
京都慕情渚ゆう子林春生D.Wilson
M.Taylor
G.McGee
J.Durrill
1970
愛は傷つきやすくヒデとロザンナ橋本淳中村泰士1970
バス・ストップ平浩二千家和也葵まさひこ1972
ふりむかないでハニ−ナイツ池田文彦小林亜星1972
空に太陽があるかぎりにしきのあきら浜口庫之助浜口庫之助1971
北国行きで朱里エイコ山上路夫鈴木邦彦1972
星に願いをアグネス・チャン安井かずみ平尾昌晃1974
-----第2部-----
ラチェン通りのシスターサザンオールスターズ桑田佳祐桑田佳祐1979
10逃避行麻生よう子千家和也都倉俊一1974
11ひとり歩き桜田淳子阿久悠筒美京平1975
12やさしい悪魔キャンディーズ喜多条忠吉田拓郎1977
13時には娼婦のように黒沢年男なかにし礼なかにし礼1978
14時の過ぎゆくままに沢田研二阿久悠大野克夫1975
15銀河鉄道999ゴダイゴ奈良橋陽子
山川啓介
タケカワユキヒデ1979
-----アンコール-----
16あなた小坂明子小坂明子小坂明子1973

17
18
19
20
21
***西城秀樹メドレー***
ブーメランストリート
青春に賭けよう
情熱の嵐
傷だらけのローラ
ブーメランストリート(ref)
西城秀樹
阿久悠
たかたかし
たかたかし
さいとう大三
阿久悠

三木たかし
鈴木邦彦
鈴木邦彦
馬飼野康二
三木たかし

1977
1973
1973
1974
1977

1)『みんな夢の中』
いやあ、いきなり来ましたね。もちろん知ってる曲だし、歌詞に入っているのでタイトルもすぐに思い出しましたが、誰が歌っていたのか思い出せない。同様に作詞者・作曲者も思い出せない。

こういう曲を発掘してくるのって偉いですねえ。こういうの、放っておいたら消えてしまう曲ですよ、きっと。 後日教えてもらったら、高田恭子。あ、いたいた、そんな歌手。で、ハマクラ作品。

浜口庫之助とか、後で出てくる中村泰士、小林亜星なんかもそうなんですが、本当に肩の力の抜けた、口ずさみながら作曲したのだろうなと思われる、とても良い曲をお作りになります。

ほとんど技巧らしいものがない。たいして仕掛けもない。でも流れるようなメロディ。歌いやすく覚えやすく心に染みる。

今こういう作家がホントにいなくなりました。でも、これこそがポップスの真髄なんですよね。

2)『京都慕情』
それに比べて、こちらは定番っぽい。渚ゆう子の京都シリーズの1つですね。これもベンチャーズでしたっけ? どの曲がどれだかわからなくなるのですが、これは『恋』ではなくて『慕情』でした。

3)『愛は傷つきやすく』
おお、これ名曲ですよ! 同じヒデとロザンナでも『愛の奇跡』を選ばなかったのが偉い! 詞はいつだって泣ける橋本淳、曲は中村泰士。

ヒデがテツさんでロザンナがナッちゃん。間奏部分で新潟からラッパのおっちゃんが乱入して盛り上がりました。観客も全員でペンライト振りました。

4)『バス・ストップ』
ありがちな選曲ではあるけれど非常に正しい選曲。これは歴史に残る名曲でしょう。ナッちゃんの声にしびれましたよ(頭ちょっと音はずしてなかったかい?)

だいたい1発で終わった歌手の曲は、ほぼ間違いなく名曲です。歌手の魅力で売れたのであれば、次の曲もそこそこヒットするはずなのです。そうでなかったということは作品の魅力で売れたのということですから(別に平浩二が魅力のない歌い手だったと言う気もないんですが…)。

ましてや葵まさひこという作曲家も他の作品で見た記憶がありません。一世一代の傑作だったということですね。

5)『ふりむかないで』
ハニーナイツって『オー・チンチン』歌ってたグループですよね? で、これはエメロンのコマソン(懐かしい言い方でしょ? 若い人用に書くとコマーシャル・ソング)。

テツさんのキャラ活かしてコミカルにやってくれました。

小林亜星ってレナウンのイェイェとか、コマソン多かったですね。

6)『空に太陽があるかぎり』
これ、かっこ良かったっす。早い4ビート。宮川左近ショーの暁照夫みたいな兄ちゃんが後ろのほうでベース弾いてたんですが、すっごく4ビートが似合うんです(ほんで時々後ろのほうから暁照夫ばりのツッコミ入れます)。

「きみーとぼくは、きみーとぼくは」のシンコペーションを「き・み・と・ぼ・く・は、き・み・と・ぼ・く・は」と3連符にして演ったのが渋かったねえ。

7)『北国行きで』
これも名曲。鈴木邦彦って、多分忘れられてしまう作曲家なんですよね。良い曲を数多く残しているのですが、では1曲挙げてみろと言われると、これが言えない。ヒット曲はたくさんあるんですが、その年の話題を総ざらいしてしまうような曲がなかった。

だから忘れられてしまう作曲家なんですけど、この曲は忘れてはいけません。名曲です。ナッちゃんの素晴らしい選曲でした。

8)『星に願いを』
こりゃまた意外なとこ来ましたね。アグネス・チャンだったら、私なら断然『白いくつ下は似合わない』ですけどねえ。

前奏があって歌い始めたら When you wish upon a star だったという、もう完璧に読み切れたテツさんのギャグ最高!

平尾昌晃もハマクラさんや中村泰士みたいに肩の力の抜けた曲作る人ですけど、私はイマイチ好きではないです。

平尾昌晃のベストと言うことであれば小柳ルミ子の『お祭の夜』を推します。

以上で第1部終了。帰ろうかと思ったのですが、第2部は全く違う選曲だと言うので結局最後まで残りました。

9)『ラチェン通りのシスター』
唯一知らない曲でした。これ、シングルカットされてないでしょ? 反則なんじゃないの?

そもそも79年の発売だからと言って入れてくるのは筋違いでしょ。サザンはどう考えても80年代のグループですよ。「歌謡曲」でもないし。

10)『逃避行』
『北国行きで』が出た時点でこの曲も演るんじゃないかという予感がありました。私の心の中では、この2曲+『ジョニィへの伝言』(ペドロ&カプリシャス)が「傷心の旅立ち3大名作」なんです。

そう、昔の人は恋に破れるとみんな汽車に乗ったもんですよ。バスにも乗ったもんです。『バス・ストップ』もこれも千家和也の詞。麻丘めぐみの『芽ばえ』とか三善英史の『雨』とか、あと初期の山口百恵なんかも全部この人の作品ですが、非常に繊細な筆遣いです。

曲は都倉俊一。都倉俊一と言えば百恵ちゃんの初期とピンクレディですが、ピンクレディの時なんか完全に遊んでた感じ。本気で作ったらこんな良い曲書けるんだぞ、と言わんばかりの力作ですね。

ところで、これでしたっけ、ザ・バンド風に演ったの? 言われてみると確かにレヴォン・ヘルムとガース・ハドソンを彷彿としました(ただし、ギターはロビー・ロバートソンではなかったけど)。

11)『ひとり歩き』
こりゃまた狭いとこ攻めて来ましたね。実際に聴くまで全く思い出せませんでした。ふーん、京平さんでしたか。で、一緒に口ずさんだりしてたのに、翌日になったらどんな歌だったかさっぱり思い出せません。

桜田淳子の歌の中ではナッちゃんはこれが一番好きと言っていたけれど、そもそも私、淳子ちゃんはあんまり好きじゃなかったんですよね。

今では私の住民票上での住所(つまり単身赴任する前に住んでたとこ)から徒歩3分のマンションに住むご近所さんなんですけどね(ちょっと離れたスーパーに子供連れで、思いっきり変装して来てたのを妻が目撃したそうです)。

12)『やさしい悪魔』
吉田拓郎ファンだった私としては、取り立てて言うほどの曲ではありません。他のページにも書いたけど、キャンディーズなら『哀愁のシンフォニー』ですね。

で、この曲はストレイキャッツ風でした(いや、私がそう感じたのではなく、いちいち解説してくれるもんで…)

13)『時には娼婦のように』
この曲が出た時に、「ふーん、なかにし礼って作曲もするんだ」と思ったのを良く憶えています。合せて、「いかにも作詞家が作曲したみたいな、リズムの変化に乏しい曲だ」と思ったことも憶えています。

当日ギターの北川さんの顔を見た瞬間に黒沢年男に似てるなあと思ったのですが、期せずしてここでその指摘がありました。いやあ、ホントに楽しそうに弾く名ギタリストです。

14)『時の過ぎゆくままに』
70年代と来れば、まあジュリー演らんといかんでしょうね、確かに。曲は同じグループサウンズ時代から生き抜いてきた大野克夫、詞は阿久悠。ま、言うことなしですね。『コバルトの季節の中で』(沢田研二・作曲)なんかも名曲でしたね。

でも、私がジュリーを1曲選ぶとすれば、ソロ・デビュー曲の『君をのせて』。

15)『銀河鉄道999』
テツさんと観客のやりとり。

テツ「えー、次の曲は、奈良橋陽子・作詞…」
観客「わかった。ゴダイゴじゃない?」
テツ「すごい!」

なんですごいの? 奈良橋陽子と言えばゴダイゴでしょ(だって奈良橋さんってタケカワユキヒデ夫人じゃなかったっけ)?

ゴダイゴには『ガンダーラ』という、もうどうしようもない名曲があるので、それ外すなら、まあ、ここら辺りかなあ?(意表を突くなら神戸ポートピアのテーマソングなんか演ってほしかったなあ。あれ何年?)

最後、英語詞の部分が延々と続くリフレイン+大シングアウト大会になったので、「一体これ、いつまで続けるのか? どのタイミングでどうやって終わる気か?」とハラハラしながら見てたのに、テツさんがメンバーに合図してエンディングに。なーんや。

16)『あなた』(アンコール)
テツさんが「1973年発売の、アで始まる歌」と言うのでトワ・エ・モアの『或る日突然』かと思ったのですが、それは1969年でした。

これも大ヒット曲ですね。
小坂明子の決定的な弱点は詞。まるで中学生が卒業文集に書きそうな詞です。 これも4ビートで演ったんでしたっけ?

私としては「デビュー曲よりも意外に2曲目のほうが良かったりする」の法則を適用して、『もう一度』を推したいところですが…。

で、本当はこれで終わりだったんですけど、アンコールの拍手鳴りやまず、急遽楽譜を見ながらリハなしでやったのが、

17-21)西条秀樹メドレー
この中で出色は『青春に賭けよう』。これなんかも絶対忘れられる曲ですよね。と思ったら、これも鈴木邦彦。こういう選曲好きだなあ。

あと『ブーメランストリート』。三木たかし大好き! このわざとらしい変拍子。「いやブーメランって三角形だから、一応3拍子にしてみました」みたいな3拍子。このあざとさがたまりません。

しかし、それにしても『傷だらけのローラ』のローラと言い、『追憶』(沢田研二)のニーナと言い、前述した『ジョニィへの伝言』のジョニィ、その続編『五番街のマリーへ』のマリー、あるいは『本牧メルヘン』(鹿内孝)のジョニーやスミス(何でこれだけ苗字?)にしてもそうなんですが、まだまだこの時代、日本の名前をつけるのは照れ臭かった(演歌になりそうだった)んでしょうね。

吉田拓郎が『たえこ MY LOVE 』を、上田正樹が『TAKAKO』を出すのはもう少し後なのかな。

以上を持ちまして一件落着。いやいや、堪能、堪能。
テツさんが頻りに「自分の歌でもないのに」とグチってましたけど、確かにちゃんとオリジナルのある人が他人の歌しか歌わないのもナンダカナアでしょうけど、これはこれで良い企画ですよ。

この企画まだ続くそうなんですけど、中央線沿線の方、一度どうですか? ご一緒しませんか?
私と一緒になって、こんなツッコミ入れながら(いや入れんでもええけど)、ナツメロの夕べに浸ってみませんか?

もうナツコにメロメロ(テツはどうする、テツは?)

Copyright©yama-a Sep.2004mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次作へ 前作へ