技術の進歩に合掌

インターネット上の音楽配信に凝り始めました。
これ、良いですね。我々オールドファン向き。

若い人が楽曲をダウンロードするのは好きな曲を少しでも安く手に入れるためでしょ?
我々がダウンロードするのは他所では手に入らない楽曲が得られるから。

とっくに廃盤になっていて復刻の見通しもない楽曲がほしければ、今までは中古市場を漁るしかありませんでした。運良く見つけても値段がめちゃくちゃ高いし、当然アナログ・レコードだし、そういう理由で私は今まで自分の欲求を抑圧し続けてきました。

ところが今やそんな曲がインターネット上にはゴロゴロあるのです。値段も安いもので1曲百何十円、高いものでも1曲三百何十円で済みます。

この動きは少し前からあったのですが、では何故いままで手を染めなかったかというと、「PCのしょぼくれた音響装置で聴いてもなあ…」という思いがあったからです。

じゃーん。そこへ携帯型HDレコーダ/プレーヤなるものが登場しました。これでPCのスピーカとはおさらばできるのです。溜めてきたヨドバシ・ポイントを吐き出して、今こそHDレコーダ/プレーヤを買い求める決心がつきました。

私の場合 MORA というサイトからよくダウンロードするので、そことの親和性を考慮して、昨今流行の iPod ではなく Sony の NW-HD2 という機器を選びました。

で、早速ダウンロード。ほんで転送。で、聴く。ふむ、これで鑑賞環境は充分です。良い音じゃないっすか。

今のところ、とりあえず邦楽に絞ってダウンロードしてます。そして、手持ちのCDからも何曲かずつ HDプレーヤに転送して、1970年代から1990年代までの名曲集・ベストアルバムを作成しています。と言うか、HDプレーヤ自体がアルバムなんですね。軽くて小さいのに何千曲も入ります。

どんな曲を選んでいるかと言えば、まあ、「隠れた名曲」というのがコンセプトです。

今さらなかなか買う気にならない古い歌謡曲(例えば、由紀さおり「生きがい」、平田隆夫とセルスターズ「ハチのムサシは死んだのさ」、大信田礼子「同棲時代」、伊藤咲子「乙女のワルツ」、豊川誕「汚れなき悪戯」など)を手軽にダウンロード。

それだけではなく、安室奈美恵や bird みたいに好きなんだけど何となく買うのをはばかっていた曲とか、そして手持ちのCDからは小泉今日子、中山美穂、森高千里、渡辺美奈代、シブがき隊、Kinki Kids、SMAPなどのアイドルも追加して、極め付きは「貿易風にさらされて」(マザー・グース)とか「きれいだネ」(詩人の血)みたいな J-POP の幻の名曲たちです。

今後順次洋楽にも拡大して行くつもりですが、今そんなダビング作業が楽しくて楽しくて仕方がありません。

アナログのレコードやカセットテープに長年親しんできた世代としては、今技術の進歩に感謝したい気持ちで一杯です。おかげで消えてなくなるはずの名曲が、ほぼ完璧な形で自分の手許に残ることになったからです。

幸せです。ありがとう。合掌。

Copyright©yama-a Oct.2004mark


【追記】

TSUTAYA

で、今度は TSUTAYA なのです。

ネット上からのダウンロードと手持ちのCDからの転送をかなり進めて、作業が一巡したところで、今度は TSUTAYA に行ってCDをレンタルし始めました。もう、このところ毎週行ってます。

レンタル屋さんに足繁く行くのはレンタル屋さんの黎明期以来です。

新作CDがもっと幅を利かせていると思っていたのですが、やや古いものからかなり古いものまで結構置いてますねえ。あるわあるわ、レンタル候補。尽きることない無限のレンタル連鎖。

今現在HDプレーヤーには約200曲が入っています(まだまだ増えるでしょう)。今のところ依然として国内の楽曲に限っています。一番古いのは1967年の『グッド・ナイト・ベビー』(キングトーンズ)、一番新しいのは2004年の『花』(ORANGE RANGE)。

どんなアルバムにも「この曲はちょっと…」という作品が紛れ込んでいるものです。そういう曲が全く含まれておらず、好きな曲ばかりが連続的に流れる理想的なマイ・フェイバリット・アルバム──それが私のHDプレーヤーで実現しています。

長年の夢でした。シャッフル・モードで毎日聴いています。

Copyright©yama-a Feb.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ