古原稿 スキャナ万歳 甦る

スキャナを買いました。いや、正確に言うとプリンタを買ったらスキャナが内蔵されてました。いや、心情面から言うとこれは正確ではないです。

単身赴任するに当たって、妻には妻のノート・パソコンがあるので家のデスクトップを持って行く分には問題がなかったのですが、妻が仕事で多用しているプリンタを持って行く訳には行かず、東京ではしばらくプリンタなしの生活をしておりました。

最初はなくても大丈夫かなと思ったのですが、実際経験してみるとPCのみのプリンタなしという生活はやっぱり不便です。それで遂に我が家2台目のプリンタを買う決意をしたのですが、どうせなら前々からほしくてたまらなかったスキャナがついた奴にしようということになった訳です。

何故ほしかったか? 昔のワープロ原稿を電子化したかったのです。

ワープロ黎明期から、私はいろいろと文章を書き散らしてました。

一番最初のワープロはディスプレイも1行分しかなかったり、FDD なんてついてなかったりで、保存という意味では非常にお粗末な代物でした。後期のワープロの場合は一応フロッピーに保存できたので、PCを買った後それをテキスト・コンバータで MS Word に変換したりもしたのですが、それより古い時代の原稿はプリントアウトという形でしか残っていません。

スキャナを使えばそれを電子化できるのです。電子化できれば保存の確実性も高まるし、変換の可能性も広がって、例えば Web上に載せることもできます。

早速、昔の原稿を取り出してスキャンをかけて、OCRで読み込んでみました。結構正確に識字してくれるもんですね。

ただ、昔のワープロ特有の倍角文字については全くダメ。どうしても2字であると認識して、とんでもない変換をしてくれます。不思議なのは普通の全角文字なのに何故かそれを2字に分割して変換してくれるケースもあるということ。こういうの見てると結構面白いです。まるでギャル文字ですね。

で、今回電子化した原稿というのが18年前に書いたグループ・サウンズ論なんです。この原稿を書いた時点では、まさかこの十数年後(GS全盛期からは三十数年後)に島谷ひとみが『亜麻色の髪の乙女』のリバイバル・ヒットを飛ばしたり、清水道夫(ヴィレッジ・シンガーズ)の偽者が登場するなんて思いもしませんでした。

その辺りのことを考えると、この原稿もまだ死んでいないと思って良いのでは? 今のところただのテキスト文書なんですが、そのうちに HTML に変換してここに掲載したいと思っています。

なにせ長い原稿なので、すぐに HTML化できないんです。今回は予告編という意味で、以下に目次だけつけておきます。小学生時代の記憶を十数年後に再現した原稿ですが、今読んでもそれなりに面白いんですよ(と自分では思ってます)。乞うご期待。


2005年1月、以下の通り公開いたします。リンクをつついてみて下さい。


『グループ・サウンズ』GS体験とGSの幻想 その総括としてのベスト10

序論 GS及びGS論の規定

本論 GSぺスト10
◆第10位 『僕のマリー』(ザ・タイガース)
◆第9位 『亜麻色の髪の乙女』(ヴィレッジ・シンガーズ)
◆第8位 『いとしのジザベル』(ザ・ゴールデン・カップス)
◆第7位 『スワンの涙』(オックス)
◆第6位 『想い出の渚』(ザ・ワイルド・ワンズ)
◆第5位 『自由に歩いて愛して』(PYG)
◆第4位 『朝まで待てない』(モップス)
◆第3位 『純愛』(ザ・テンプターズ)
◆第2位 『好きさ 好きさ 好きさ』(ザ・カーナビーツ)
◆第1位 『君に会いたい』(ザ・ジャガーズ)

余論 選ばなかったグループに関する言い訳

あとがき


【追記】

先日、映画『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』を観たのですが、この映画を観てゴールデン・カップスに対する認識を新たにしました。これは小学生には見抜けない面でした。

しかし、この映画を観た後でも、自分の原稿を読み直して捨てたもんじゃないと思う部分もありました。まあ、読んでみてください。

Copyright©yama-a Dec.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ