W-VOICE にダブル・レビュー

別に特定のバンドの宣伝サイトではない訳ですし、毎回書いていると切りがないので今回は書く気がなかったのですが、セットリストを送ってこられたりした(メンバーと知り合いであるというのも辛いなあ)ものですから、もう1回書くことにします(なんて嫌そうに書いてますが、実は結構楽しんで書いてます)。

去る2月12日(土)、またしても W-VOICE による「'70年代歌謡曲の夕べ」を聴きに行って来ました。場所は前回と同じく荻窪 ROOSTER です。今回で9回目だそうです。

さて、何はともあれ、今回もまずセットリストを紹介しましょう。

曲順曲名歌手作詞者作曲者発売年
-----第1部-----
OPJET STREAMのオープニング・テーマ(ミスター・ロンリー)
さよならをもう一度尾崎紀世彦阿久悠川口真1971
ひとりじゃないの天地真理小谷夏森田公一1972
みずいろの手紙あべ静江阿久悠三木たかし1973
挽歌由紀さおり千家和也浜圭介1974
よろしく哀愁
featuring ふれあい
郷ひろみ安井かずみ筒美京平1972
酒は大関小柳ルミ子小林亜星小林亜星1970
木綿のハンカチーフ太田裕美松本隆筒美京平1975
-----第2部-----
かわいいあの娘西郷輝彦ほか?高木義夫インドネシア民謡
時の過ぎゆくままに沢田研二阿久悠大野克夫1975
10マイ・ピュア・レディ尾崎亜美尾崎亜美尾崎亜美1976
11案山子さだまさしさだまさしさだまさし1977
12ラストシーン西城秀樹阿久悠三木たかし1976
13哀しい妖精
(I LOVE YOU BEST)
南沙織松本隆Janis Ian1978
14夢想花円広志円広志円広志1978
15さよならの向こう側山口百恵阿木燿子宇崎竜童1980
16微笑がえしキャンディーズ阿木燿子穂口雄右1978
-----アンコール-----

17
18
***西城秀樹メドレー***
青春に賭けよう
ブーメランストリート

西城秀樹

たかたかし
阿久悠

鈴木邦彦
三木たかし

1973
1977

OP)『ミスター・ロンリー』
さて、いきなり『ミスター・ロンリー』で始まりました。

「'70年代歌謡曲の夕べ」なのに何じゃこりゃ?と思っていたらやおらテツさんによる城達也(今は3代目で伊武雅刀なんですってね)ばりのナレーション。「美しい夜空に、こころ休めるひととき…」(でしたっけ?)。すぐに隣に座ってたおばちゃんから「あ、ジェットストリーム」という指摘。なるほど、そういう趣向か。

斜め向かいのおっちゃんは「『走れ歌謡曲』のオープニングも聴きたいなあ」と呟いてました。

1)『さよならをもう一度』
偉い! 尾崎紀世彦のベストは『また逢う日まで』じゃなくてこの曲なんです──私はかねがねそう思ってました。この選曲のセンスがこの LIVE のエッセンスですね。

これ、テツさんがいきなり無伴奏で歌い始めて後から楽器がついて来たでしょう? ああいうの気になるんですよね。最初の音をどうやって拾っているのか(あるいは絶対音感があるのか)? 難曲熱唱でした。

2)『ひとりじゃないの』
前回の LIVE では何々調とか誰々風とかいう凝ったアレンジが多かったのですが、今回は割合原曲通りのストレートな編曲ばかりだった中、これは4ビートのジャズでした。却々渋かったです、はい。

良い意味でも悪い意味でも森田公一さんらしい曲です。んで、天地真理あんまり好きじゃなかったっす。でも、すごい人気でした。

高校のとき学校で2人の生徒が天地真理を可愛いかどうかで激論している所にもう一人別の生徒が通りかかりました。「なあ、天地真理、可愛いよなあ?」と言われて、なんと彼は「え、何組(なんくみ)の娘?」と訊き返してしまいました。今回は高校の同窓生仲間と聴きに行ったので、そんなこと思い出して客席で話してました。

歴代の『時間ですよ』出演者の中では私は断然浅田美代子が好き(でも、歌を聞き返す気にはなりません)。

3)『みずいろの手紙』
男性と女性が一人ずついる訳だから当然最初の台詞はナッちゃんが言うものと思うじゃないですか。それをいきなりテツさんが「お元気ですか」と始める、計算しつくされたギャグ。どうせならナッちゃんも「水色はー、水のいろー」と歌い出してほしかったなあ。

これは三木たかしの素直なほうの面が出た佳作。ま、大してインパクトはないんですけどね…。

4)『挽歌』
出た、今回出色の意表をついた選曲。
うーん、聴くまで忘れてました。ありましたね、こんな曲。

由紀さおり──いずみたく門下の優等生。『夜明けのスキャット』以来ファルセット・ヴォイスが美しい歌手という捉え方が一般的ですが、私は彼女の魅力は中音域の色っぽさだと思っています(ちなみにナッちゃんの魅力も中音域だと思います)。

『生きがい』を筆頭に、『初恋の丘』とか『手紙』とか『ルームライト』とか、他にも良い曲がたくさんありました。この時代に、これほど都会的で洗練されたムードを醸し出せるポップスの歌い手は他にはいなかったと思います。

それが今ではご高齢のお姉さんと一緒に童謡とか唱歌とかを歌っているのが残念で残念でなりません。

さて、前回も書きましたが、この歌でも傷心の主人公はバスに乗っています。昔は傷ついたら必ず乗り物に乗ったもんなんです、いやホントに。

5)『よろしく哀愁』
昭和歌謡史に燦然と輝く名曲です。そんな名曲であるにも拘わらず、キーボードの赤石くん(私の高校の後輩にして会社の同僚でもある)が山下洋輔も腰抜かしそうなとんでもないコードをぶつけて来て(平たく言えば弾き間違えたんですな)一瞬ぶち壊しでした。

後で聞いてみると、ギターの北川涼さんがいつもと違うイントロ弾き始めたもんだから赤石くんとしてはどこから入って良いやら判らず、あれれと思ってるうちに弾き間違えたとか。プロはよくそういうことをやっていじめると言うか鍛えるみたいなことするんですよね。でも、赤石くんはアマチュアでっせ、可哀想に。

この歌、筒美京平さんのメロディもさることながら、安井かずみさんの詞がすごいですね。「会えない時間が愛育てる」んですよ。ほんで「目をつむれば君がいる」んですよ。もう涙ちょちょ切れます。

岩谷時子、有馬三恵子、安井かずみ、阿木燿子──この4人が昭和歌謡の4大女流作詞家ですかね、私が思うに。男性なら橋本淳、阿久悠、松本隆、秋元康かな。いや秋元は平成に掛かってるか?

この曲のリード・ボーカルはナッちゃんだったんですが、サビの8小節の部分でテツさんが歌う『ふれあい』(中村雅俊、作詞:山川啓介、作曲:いずみたく、1974年)のサビがかぶって来ました。

こういう遊び大好きです。世の中には一部分のコード進行が同じ曲なんて山ほどある訳ですから、もっといろいろやってほしいですねえ。8小節と言わずもっと長く重ねられる組合せを見つけて(例えば、堺正章の『さらば恋人』とアルバート・ハモンドの『カリフォルニアの青い空』なんて、ほぼ全編OKですよ)。

6)『酒は大関』
今回もきっとどこかでCMソングが出てくるだろうと思ってました。小柳ルミ子との紹介でしたが、私の記憶では西田佐知子でした。小柳ルミ子は2代目か3代目じゃないかな?

これがまたすごい、狂おしいほどのパフォーマンスでした。前回で言えば『銀河鉄道999』に匹敵する大シング・アウト大会。しかも1コーラス終わるごとにキーが上がって行く!

これに嵌ってしまったのが私の同行者(女性)。「この曲が今日一番の収穫」などと喜んでいたら、帰り際、店の出口のところでテツさんとばったり。彼女、思わずこう言ってました──「今度は『黄桜』、頼むで!」。

7)『木綿のハンカチーフ』
客席から「『木綿のハンカチーフ』お願いします」という声が掛かったら、ホントにこの曲の番でした(まるでヤラセみたい)。

しかし、私は「なんで『木綿のハンカチーフ』なのだ?」というタイトルの文章を書いているくらいで、この曲はやや食傷気味。『しあわせ未満』演ってほしかったな。

テツさんから「この曲をキーボードで弾かせたら右に出る者はいない」と赤石くんの紹介(と言うか「茶化し」)が入って、最初何の意味か解らなかったのですが、原曲ではストリングスがやっている前奏の早いパッセージを赤石くんが必死になって弾いてました。

原曲と同じようなアレンジであっても、バンドのほうは楽器が限られているのでこういうことも起こります。原曲のどの楽器のフレーズを LIVE ではどの楽器に置き換えているか、なんてことを考えながら聴くのも楽しいもんです。

以上で第1部終了。今回はハナから最後まで聴く気でいたので、同行者ともども7人おとなしく第2部の開始を待ちました。

8)『かわいいあの娘』
なんでこの曲選んだのかよく解りませんが、聴いてみると「あった、あった」という感じ。

西郷輝彦がレコーディングしたことがあるらしい(ならば60年代なんじゃないの?)とのことでしたが、私は坂本九で聴いたような気がして調べてみたのですが記憶違いのようでした。

インドネシア民謡でインドネシア語が出てきます。「ノーナマニサバ ヤンプーニャン ラササーヤ サーヤゲン」。この「ラササーヤ サーヤゲン」というフレーズ、他の歌でも聴いた記憶があってメロディまで憶えているのですが、何の歌だか判りません。また調べておきます。(判明しました!→追記参照)

9)『時の過ぎゆくままに』
あれっ? この曲前回も演ったやんか。ということで今回はコメントなし。

10)『マイ・ピュア・レディ』
綺麗な曲です。ナッちゃんが「ああ心が動いてる たった今恋をしそう、やて」とうっとりと語ってましたが、私に言わせるとちょっとわざとらしい詞。よく言うんですが「知が勝ちすぎた」出来だと思います。

ナッちゃんが誰かの結婚披露宴で尾崎亜美さんと一緒になった時の話をしてましたが、「(彼女の歌を)タダで聴きましたよ」と言ったのが如何にも大阪のおばちゃんっぽくて(まだおばちゃんにはちょっと早いんですけど)印象に残ってます。東京の人はこういうときは「生で聴きましたよ」と言うのです。

11)『案山子』
この曲は当初の予定にはなかったんですかね? なんかテツさんが突然やりたくなったみたいな感じでした。

テツさんも「僕はこの人はなんか弱々しい感じがして(好きじゃなかった)」(括弧内は私が勝手に補ったもので、ここまで明言はしてませんでした)と言ってましたが、私もさだまさしは好きではありません。

『関白宣言』や『朝刊』などでニュー・ファミリー気取って遊んでた頃は良かったのですが、調子に乗って「海は死にますか 山は死にますか」などとやり始めた辺りで堪忍袋の緒が切れました。

豊田勇造の『さだまさしをけなすブルース』で「あんたは清潔 リンスのコマーシャルみたいにね あんたは猥褻 日の丸みたいやんけ!」という歌詞を聴いて快哉を叫んだ口です(勿論こんな誹謗中傷に満ちた歌は発売されてません)。

とは言え、さだまさしという人は歌も詞も曲の面でも超A級のテクニシャンです。この曲も巧いっすねえ。

テツさんが最初、わざとメロディをはずして語るように歌ったのが非常に良かった。これ、この嫌らしくわざとらしい歌を歌うことの照れ隠しだったんですかね?

ギターの北川さんがマンドリンみたいな音出してたでしょ? あれ、ギターのハイ・ポジション使ったんですか? 右手はミュートしてました? それとも何か特殊なギターでした? ──下手糞ながらギターをやってた身としては大変気になったのですが、なにせ後ろのほうで弾いているので全然見えませんでした。

12)『ラストシーン』
今回の LIVE 最大の収穫でした。これも聴くまで記憶の底に埋まってました。ありましたね、こんな歌。しかも名曲!

こっちはわざとらしいほうの三木たかし。「よく聴いててね、ちょっとだけ違う調から始めるからね、コード進行に注意しといてね」と言ってるみたいな曲です。

私は翌日 TSUTAYA に飛んで行って、この曲レンタルしました。何度聴きなおしても、うーん、ため息が出ます。

西城秀樹の他の曲では『ブルースカイ ブルー』が好きです。次回お願いします。

13)『哀しい妖精』
これは南沙織最後の曲? ジャニス・イアンですね。彼女のレパートリーには確かもう1曲ジャニス・イアン作のものがあったはずですが、何でしたっけ?

結構アコースティックな良いアレンジでした。

南沙織と岩崎良美はホントに名曲の宝庫ですね。

14)『夢想花』
円広志──今や関西ローカルのTVのバラエティには欠かせない脇役。しかし、やしきたかじんがあんな風になってしまったのは解るけど、この人なんでこんな風になっちゃったんですかね? この曲、やや異端ではありますが、良い曲ですよ。こんな良い曲作る人が…。

ほんで「飛んで飛んで」を聞いているといつのまにか「んでと、んでと」に聞こえてくるというギャグまで入って面白かったです。

この曲がやや端正さに欠けるのは、「回って回って」に繋ぐために1小節だけ4分の2拍子を挟まなければならなかったことです。その点、森高千里の『だいて』は偉い。「だいて」×5+半拍でちょうど2小節です。

ところで、ドラムスの山下さんが、サビに入る前にもう1回繰り返しがあるのに、間違えてサビに渡す3連符叩いてました。今回の LIVE、こういうミスが目立ちましたね。ま、テツさんも言ってたように「気持ちは分かる」。

15)『さよならの向こう側』
この曲だけ80年なのはインチキです(何の説明もなかったけど)。山口百恵引退作品。宇崎・阿木ご夫妻作。

このご夫妻による作品としては『乙女座宮』が好きですが、これも良い曲ですね。引退を踏まえての作詞、却々見事です。そして、こうやって改めて聴くと、宇崎竜童という人も大変幅広い作曲能力を持ってます。

南沙織、山口百恵と来て、いよいよ次はキャンディーズの引退作品です。

16)『微笑がえし』
はあ、これも阿木燿子だったんですね。『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』と『横須賀ストーリー』で一躍注目を浴びた作詞家でした。

最初は夫君の宇崎竜童が、「じゃあ1回書いてみるか?」みたいな感じで勧めたら、出来上がってきた詞を見てびっくり。あまりの巧さに次回からは「お願いします」という風に変わったという話を何かで聞いた記憶があります。

歴代のヒット曲名を織り込んで、しかもちゃんとお別れ(=解散)にちなんだストーリーを構成するという遊びをやってのけた天才。

で、作曲は穂口雄右。テツさんもナッちゃんもあまりご存じないようでしたが、結構良い曲たくさん書いてる人です。キャンディーズでは『年下の男の子』とか『春一番』とか。あとアグネス・チャンの『ポケットいっぱいの秘密』とか…。常にポップな作風です。

キャンディーズは確か最初の1〜2曲は森田公一だったんですよね。それで、基本的にダサダサの作曲家である森田作品では大したヒットにはならず、穂口雄右の『年下の男の子』で大ブレークした訳です。

これくらいの名曲になるとどんなアレンジでやっても素晴らしいです。

ところが出だしでテツさんが思いっきり音程はずしてしまいました。ま、ご愛嬌ご愛嬌。

17・18)西城秀樹メドレー
あら? これも前回アンコールのアンコールで演ったじゃないですか。あん時ぶっつけで演って、よっぽど気持ち良かったんでしょうね。いやいや、聴いてるほうも気持ち良かったっす。もっと延々やるかと思ったら意外に早く幕切れでした。

いやあ、長かったような短かったような。でもとっても楽しかった!

それで我々7人で帰路についた訳ですが、カラオケやりたくて未練たっぷりの人が何人か。口がカラオケの口になっちゃってたんですね。でも、それぞれ終電が近かったり家族が家で待っていたりで、後ろ髪を引きちぎって電車やバスに乗り込みました。

次回は5月14日とか。次もまた行けるかな。


【追記】

やっと思い出しました。Dick Lee が 1989 年にリリースしたアルバム the mad chinaman の冒頭に収められている RASA SAYANG でした。

ここではシンガポールの歴史(伝説)・観光案内みたいな Singlish Rap (シンガポール英語によるラップ)に仕立て上げられています。シンガポールを賛美しているのか茶化しているのか分からないようなラップがついて、合間に Rasa Sayang eh / Rasa Sayang Sayang eh / Eh lihat nona jauh rasa sayang sayang eh というコーラスが入っています。

原曲はシンガポールの有名な民謡で、ライナーによるとタイトルは「愛する心」という意味なのだそうです。

Copyright©yama-a Feb.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ