コラージュの神髄

以前読書コラムの欄に書いたのですが、文章の盗作と違って音楽の盗作には必ずしも盗もうという悪意があったとは限りません。

作曲というのは頭に浮んだメロディやハーモニーを抽出する作業です。問題は、その頭に浮んだ音楽がかつてどこかで聞いたものであるのかオリジナルなものかという点なのです。

しかし、オリジナルと言うのも却々難しい問題です。

音符の組合せという点だけから言えば作曲は無限・無数に可能なはずですが、音楽である以上音楽にならない組合せをする訳には行きません。音楽には音楽の文法というものがあり、その時代やジャンルごとの流行の傾向と言うものもあります。それを考えると、ものすごく大雑把に言ってその時代にそのジャンルで出来上がってくる曲はどれもこれも似たり寄ったりであるとも言えるのです。

以上2つの点、つまり、(1)必ずしも作為的に盗んだとは限らない、(2)どっち道以前あったなんかの曲にどこかしら似ているものだ、の2点からすれば、作曲の場合「似てる!盗作だ!」と大騒ぎするのも馬鹿げた気もします。

ところが、流行音楽の世界では時々盗作を巡って大騒ぎになることがあります。記憶に新しいところでは小林亜星が服部克久を訴えた事件がありました。

小林亜星が何故告訴にまで及んだのか、その背景はよく判らないけれど、訴えられた服部克久にしても、言わば大御所な訳ですからおいそれと謝る訳には行きません。偶然の類似を主張するか、あるいは「似てなんかいない」と強弁するしかないでしょう。しかし、ひょっとしたら指摘を受けてから内心しまったと思っているかもしれません。

「やっぱり真似されたんだ」と小林亜星を擁護しているのではありません。作曲ってそんなもんなんだということなんです。

作曲したことがある人にしか解らないかもしれませんが、折角できた曲が、しかも我ながら傑作だと思っていた曲が、実は何小節かに渡って他の曲とほとんど一緒だった、なんてことはよくあることなのです。

もちろんオリジナルでないと判ったら出版しないのがプロのわきまえでしょう。しかし、出版してしまってから指摘された場合は恰好がつきません。

小林×服部のケースについては両方の曲を聴き比べてみた訳ではないので何も断定する気はないですが、作曲を生業としている人が訴えるくらいだから類似の程度は相当なものだったのではないでしょうか。しかも、確か一部分ではなく全体に渡ってそっくりだというのが小林サイドの主張であったはずです。

ならば服部がうっかり出版してしまったのではないかというのが僕の想像です。あくまで僕の想像であって妄りに服部を貶めたり咎めたりする気はありません。ただ、何度も書いているけれど、作曲ってそんなもんだということが言いたくて引いてみたまでのことです。

ところで、以上のような「うっかり出版」ではなく意図して借用することがあります──もちろんこれは盗作ではありません。いや広い意味では紛れもない盗作なのですが、プロの作曲家である以上そんなことはしないでしょう。プロ、つまり作曲して生計を立てる人であるからには何曲も連続してヒットさせなければなりません。それを他人の作品からの流用を重ねてやり遂げるのは余りにハードルが高いからです。

今、僕が念頭に置いているのは筒美京平です。彼も何度か盗作が取り沙汰されてきました。僕が思うにあれは皆「引用」であり、「コラージュ」です。ひょっとすると過去の作品に対する「リスペクト」であったり「トリビュート」である可能性すらあると思っています。

一番有名な例では『傷つく世代』(南沙織)の前奏の出だし(7音)が Eric Clapton 作曲の Layla(Derek & The Dominos) の前奏の出だしと全く同じであるという点です。あれは判ってやっているんでしょう。「ちょっと借用」です。ただし全体の曲想は全然違います。そこが筒美京平の偉いところだと思うのです。

ちゃんとしたオリジナリティがありながら時々ちょっと借用してみるあたりが筒美京平のとっても可愛いところではないでしょうか。

ところで「引用/コラージュ」の最たるものは奥田民生の『これが私の生きる道』(歌:Puffy)です。これはもう初期のビートルズからの引用てんこ盛り!

いやあ、楽しいの何の! ズを知らない世代は単に面白い編曲だと思って聴いていたのかもしれないけれど、これこそがコラージュの神髄であり、まさに先達へのオマージュの証であると思うのです。

音楽を聴いていて「あ、この曲はあの曲のこの部分とほとんど同じだ。うっかりしてたんだろうなあ」と思い至るのも却々楽しい体験ですが、「あ、この曲、あの曲のあの部分から盗ってきたな!」と気がつくことほど楽しいことはありません。盗作は単なるミスですが、コラージュというのは小粋な遊びです。

果たしてあなたは『これが私の生きる道』の中に何箇所ビートルズからの引用を発見できたでしょうか?

Copyright©yama-a May.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ