CDデータベースの謎

便利な時代になったもんです。

iTunes でも Windows Media Player でも、あるいは私のように SonicStage を使っている人でも皆そうだと思うのですが、CDをPCのドライブに挿入したら瞬時にしてインターネット経由で情報をダウンロードしてくれます。

アルバム名、個々の曲名、アーティスト名、場合によっては作曲者名まで一覧表に出てきます。そして、それ以外にもジャンルという項目があります。

このジャンル名、誰がつけてるんでしょうね? 多分レコード会社の担当者がテキトーに分類してるんじゃないでしょうか? それとも公共的な立場にある特定の誰かが一手にその任務を担っているのでしょうか? どっちにしても、かなりいい加減です。

そもそも、やたらと「Jポップ」が多すぎます。あれもJポップ、これもJポップって、そりゃあまりに安易なんじゃないの、と思うこともしばしばです。「ロック」はまだ納得感があるのですが「Jポップ」はなんだか曖昧です。

そうかと思えば「オルタナティブ」なんて妙にマニアックな分類もあるのですが、イマイチ意図してることが解りません。だって、私の携帯音楽プレイヤーに入っている曲で言えば吉川晃司とアン・ルイスと大沢誉志幸ですよ!

「フォーク」も、ま、解りやすいと言えば解りやすい。とりあえず古い曲は「Jポップ」には含めずに、「ロック」か「フォーク」に分けてあります。「J」のない「ポップ」に分類されているのも大体古い歌ですね。

「演歌」もまあその通り。これはあまり異議のないところ。

「ブルース」。うーむ、これは良くないですね。なんかちょっとでもブルースっぽい雰囲気があるものは安易にブルースに分類されてしまっています。

ブルースには明確な基本形があるのをご存知ですか?
ブルーノート・スケールを使っていること。12小節で構成されていて、コード進行はトニック4小節、サブドミナント2小節+トニック2小節、ドミナント・サブドミナント1小節ずつ+トニック2小節(あるいはターン・オーバー)。

この形のバリエーションの範囲であれば、それは「ブルース」で構いません。でも、Gracenote CDDB の分類では、なんでもかんでも情緒的にブルースという傾向が見られるのです。

他にもいろんな分類があって、「R&B」「ソウル」「パンク」「ファンク」「レゲエ」「ヒップホップ」──この辺は解りやすいのですが、ん?「民族音楽」って何やったっけ?と思ったら、喜納昌吉でした。

さて、一番びっくりしたのが The Voice & Rhythm の分類です。

The Voice & Rhythm、知ってます? 関西の歴史的なロック・イベント「8・8ロックデー」から生まれたスーパーグループに Sooo Baaad Review というゴキゲンな(古い?)バンドがあって、その流れを汲んで80年代初頭に結成された名グループでした。

ボーカルに金子マリと砂川正和、ギターに石田長生、キーボードに渡辺悟と国府輝幸(この人、私の小中学校の同級生なんですけど)、ベースに藤井裕、ドラムスに正木五郎という、知ってる人が聞けば涙と涎が同時に出そうなオールスター・キャストなんですが、このグループが一体どういうジャンルに分類されてたと思います?

私が分類するなら、そうですね、うーんと、ま、「ファンク」かな。

ところが、なんとなんと、表示されたのは「大阪もん」!

こらっ! ワレ、大阪もんを舐めとんのんか!

Copyright©yama-a Jun.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ