Knockout!

最近ではやや流行遅れの表現なのかもしれませんが、英語で She is a knockout と言えば「彼女は飛びっきりの美人だ」という意味になります。

中国ではこれを傾城とか傾国とか言います。スケールでかいですね。国や城が傾いちゃうんですから。ただ、この表現を使うには男のほうが一国一城の主でなければなりません。玄宗皇帝と楊貴妃みたいにね。

あいにく私は城も国も持ってないので knockout のほうに戻ります。ただしノックアウトをくらわせる女ではなく曲の話。そう、knockout には「素晴らしいもの」「大ヒット商品」という意味もあります。

今日私が書こうとしているのは、私にノックアウトをくらわせた曲。

それまでもその歌手やバンドを知ってはいたけれどあまり評価していなかった、あるいは、そこそこ評価はしていたのだが、その曲で完璧に「参りました」となった曲です。

では、以下古い順に。

■荒井由実『ベルベット・イースター』1973年11月

ユーミンはシングル『ひこうき雲』から知ってました。『きっと言える』とのカップリングでした。私にとっては別に驚くほどの曲ではありませんでした。ただ、キャラメル・ママがバックを務めるなんて、なんて贅沢な新人だろうと思ったものです。

彼女が最初に売れたのは 5th シングルの『ルージュの伝言』(1975年2月)でしょうから、早くから知っていたことになります。ただし、デビュー曲はこの『ひこうき雲』ではなく、『返事はいらない』(1972年7月)なのだそうです。

で、同名のデビュー・アルバム『ひこうき雲』(1973年11月)に入っていたのが『ベルベット・イースター』でした。この微妙な転調には驚きました。『きっと言える』の転調には驚かなかったのにこの曲のコード進行には仰天したのでした。あ、これは本物だ、と思いました。

その後の彼女の活躍については私が書くまでもないでしょう。

■甲斐バンド『かりそめのスウィング』1975年10月

この曲、私と同年代でも、ご存じない方がおられるかもしれません。B面の『ポップコーンをほおばって』のほうが好きと言う方もおられるでしょう。3枚目のシングルです。

デビュー・シングル『バス通り』(1974年11月)や2曲目『裏切りの街角』(1975年6月)なんて、ロックと銘打ちながら昔の流行歌じゃないか、と私はちょっと馬鹿にしていたのですが、この曲でガツンッとやられました。このバンドのやりたかったことがはっきり見えた作品でした。

別にロックでなくても全然構わない、そんな風に吹っ切れた作品でした。映画のような詞、うねるメロディ…。
5枚目のシングル『テレフォン・ノイローゼ』(1976年12月)のギクシャクしたメロディも印象的でした。

彼らの最初の大ヒット曲は『HERO(ヒーローになる時、それは今)』 (1978年12月)で、なんと11枚目のシングルです。私は「遂に大ヒットが出たか」と感慨深く思いました。

コンサートを開くと観客の大部分が男性で、黄色い歓声ではなく野太い声援が飛ぶことが有名でした。ロック・スピリット溢れる良いバンドでした。

■矢野顕子『電話線』1976年7月

これ、デビュー曲です。ええ、デビューの時からノックアウトくらっちゃいました。この転調と変拍子、尋常じゃないっすよ。デビューの時から評価してた歌手は他にもたくさんいますけど、こんなに衝撃を受けたのは空前絶後です。

旧姓の鈴木顕子の時からスタジオ・ミュージシャンをやっていたらしくて(その頃は知りませんでしたが)、やがてアレンジャーの矢野誠と結婚して矢野姓になり、ムーンライダーズのデビュー・アルバム『火の玉ボーイ』にキーボード/コーラスで参加し、一部リード・ボーカルも取ってました。

ほんで76年にアルバム『JAPANESE GIRL』でデビュー(『火の玉ボーイ』と同年ですね。どっちが先だったんだろ?)。いやあ、聴いてぶっ飛びましたよ。クラシックの基礎のあるミュージシャンっていなかったもんねえ。

そう言えば後に矢野誠と離婚して、同じくクラシックの基礎のある(なんたって東京芸大卒)坂本龍一と再婚しましたね。

彼女っていつごろから売れてきたんだろ? ディスコグラフィ眺めてても特定するのは難しいです。

資生堂だったかカネボウだったかのCMソング(商品名:春咲小紅ミニ)に『春咲小紅』が使われたのが神戸ポートピア博覧会(1981年)の直前でしたから(ちなみに、糸井重里による歌詞は「ほら春咲小紅ミニミニミニ着てね」と「ほら春先神戸に見に見に見に来てね」を掛けてあります)、その頃からかなあ、少しずつメジャー感が出てきたのは。

ところで矢野顕子はデビュー間もない頃NHKのオーディションに何度も落ちまくってました(当時NHKは自社のオーディションを受けて合格した者しか歌番組に出しませんでした)。

審査委員長・藤山一郎の前で、彼の持ち歌である『丘を越えて』を変拍子でやったりしたもんですから当然と言えば当然ですが、要するにNHKも見る目がなかったということ。

ところが時代の趨勢か、NHKのほうから「是非受けに来てください」と頼まないと受けてくれない歌手がだんだん増えてきて、結局いつの間にかオーディションやめちゃったみたいですけどね。

■オフコース『秋の気配』1977年8月

オフコースは1970年4月に『群衆の中で』 でシングル・デビュー。私が知ったのが 3rd シングルの『僕の贈りもの』(1973年2月)。7枚目のシングル『眠れぬ夜』(1975年12月)が少し売れて、その後10枚目のシングルが『こころは気紛れ』(1977年2月)。この2曲はちょっと好きでした。

そして初めてノックアウトくらったのが11枚目のシングル『秋の気配』でした。

彼女が自分から離れて行く様を歌った歌は数々ありますが、逆に「僕があなたから離れて行く」という詞はとても新鮮で、かつショッキングでした。

振る側の立場から振る側の哀しみを歌う、いや、振ると言うような単純なものではなく、あれほど愛していたのにもう愛せない自分の辛さ、別れの言葉を探している自分の情けなさ──ともかくこういう角度からの切り取り方ってあるんだ、ととても驚きました。

前作では自分とつきあっていながら今にもドアを開けて出て行こうとする気まぐれな女を描いてました。それを裏返してもっと過酷にしたのがこの歌でした。

その頃私は自分でも振られる側ではなく振る側からの失恋の歌を何曲も作った記憶があります。全てこの歌の影響です。

オフコースの絶頂期は1979年から80年、曲で言えば『愛を止めないで』『さよなら』『Yes-No』の辺りかと思いますので私のノックアウトは他の方よりも少し早かったかもしれません。

ただ、他の方と違うのは、私は『秋の気配』より後の曲をちっとも良いとは思いません。

■サザン・オールスターズ『いとしのエリー』1979年3月

いや、評価してましたよ、サザン・オールスターズはデビュー曲から。

『勝手にシンドバッド』が1978年6月、すごく好きでした。次が同工異曲の『気分しだいで責めないで』(1978年11月)ですが、この曲については、「この曲をこれほど評価している人はいないんじゃないかな」と自分で思うほど評価しています。

で、3曲目が『いとしのエリー』。

やったー、と思いましたよ。快哉を叫びましたよ。やっぱり本物やったやないか!と大声を上げたくなりましたよ。ざまあ見ろ、と思いましたよ。

何が「ざまあ見ろ」かって? 1978年のレコード大賞新人賞の決選投票で渋谷哲平に票を投じた審査員、ざまあ見ろ、ですよ。お前らこのグループを、こんな名曲を書くバンドを落としたんだぞ、ですよ。どうだ、恥ずかしいだろう、ですよ。

私はこの曲の1コーラス目を聴き終わった瞬間に、これは日本ポップス史に残る名曲になると確信しました。そして、本当にそうなりました。レイ・チャールズがカバーしてくれるくらいの名曲に。

ともかく、これほど誇らしい気分で聴いた曲はありませんでした。

■レベッカ『LOVE IS CASH』1985年4月

デビューして3曲目のシングルです。ちょっとマドンナの Like A Virgin に似た感じの曲でした。

(名前は忘れてしまったけど)まだギタリストが前のメンバーで、その分だけキーボードの土橋安騎夫の色がそれほど濃くなかった時代です。ちなみにオリコン最高位は30位でした。

私はこの曲にドキッとして、「このグループは当たる」と確信しました。会社の同僚を誘って後楽園ホールに観に行きました。この曲が収められていた 3rd アルバム『WILD & HONEY』も買いました。このアルバムはオリコンで6位まで上がりました。

そして4曲目のシングル『FRIENDS』から本当に売れてきました。いつものように、半分嬉しくて半分つまらない気分でした。

■久保田利伸『TIMEシャワーに射たれて…』 1986年12月

『失意のダウンタウン』(86年6月)に続く2枚目のシングル。

この当時の水準から言えば、びっくりするほど日本人離れしたファンキーな曲でした。私は一瞬にして虜になりました。

ラップっぽい部分も含めて、このビート感覚は日本人にはないものだと思いました。ノリが違います。今聴くとそんなに言うほどでもないのは、日本人のビート感覚が追いついてきたからなのでしょう。

久保田利伸も、いつごろから売れてきたのかよく判らない人です。この後『CRY ON YOUR SMILE』(1987年10月)、『You Were Mine』(1988年2月)と続くのですが、この2枚はかなり売れたんでしたっけ?

前者の on の使い方にしても、後者の過去形の使い方にしても、いずれも日本人が英語のタイトルをつけるときにはできなかった芸当です。この辺りも日本人離れしてました。そう言えば久保田利伸は日本人と黒人(今で言うアフリカ系アメリカ人)のハーフだという噂が流れましたね。

この当時、久保田利伸の他にも似たようなタイプの歌手が何人か出てきました。しかし、今聴きなおしてみると、やっぱり久保田が1歩も2歩もリードしていたのがよく解ります。

■TMネットワーク『Self Control(方舟に曳かれて)』1987年2月

9枚目のシングル。で、通算5枚目の同名のアルバム『Self Control』に収められてました。

私はこのアルバムで彼らを知りましたので、かなり遅かったと言えます。世間的にはこのアルバムと次の『Gift for Fanks』(1987年7月)辺りから人気が急上昇してきたので、多くの読者の皆さんと同じようなタイミングだったのではないかと思います。

小室哲哉は渡辺美里の『My Revolution』の作曲者として知ってました。この転調には舌を巻きました。そして、この『Self Control』では、これだけ単調なものをアレンジの力で盛り上げて行く能力に再び舌を巻きました。

この2つの能力は、やがてヒットを連発するようになった時にも引き続き遺憾なく発揮されました。つまり、私はこの時、後の大作曲家の片鱗を見ていたことになります。

やっぱりすごい人は最初からすごいんですね。

■ユニコーン『大迷惑』1989年4月

一応デビュー・シングルなんですけど、アルバムとしては先に2枚出てました。デビュー・アルバムは1987年の『BOOM』でした。

私はCDショップで『大迷惑』を耳にして、飛びつくようにして彼らの 3rd アルバム『服部』を買いました。

こりゃロックじゃないかもね。でも、すごい曲。すごい詞。

単身赴任の歌──こんなテーマの歌を歌うグループがあったか? しかもこの3年2ヶ月という中途半端な期限は何だ? 帰りたい、帰れない、(会社に)逆らうとクビになる。

「僕が貫一、君がお宮」「君がジュリエット、僕がロミオ」という歌詞が最後のほうになって「君が貫一、僕がジュリエット」と錯乱してくる辺りが言いようもなく壮絶です。

当時カラオケに行くたびにこの歌を絶叫してたら、10年以上経ってホントに単身赴任する破目になりました。

■Dreams Come True『うれしはずかし朝帰り』1989年9月

世の中が変わったと言えばそれまでのことなんですけど、女の子が朝帰りについて歌うなんて考えられませんでした。しかも「うれしはずかし」と来た。かなりキュート!

この曲とカップリングされた『うれしい!たのしい!大好き!』のほうが世間的な受けは良かったのかもしれませんが、私は断然この歌が好きでした。

それでこの曲が入っている 2nd アルバム『LOVE GOES ON…』を買いました。全曲聴き通して、もう吉田美和の歌唱力にびっくり、そしてうっとり。2人の男性メンバーはダチョウ倶楽部のリーダーとB21スペシャルのデビット伊東にそっくり。

そんなこたぁ、まあ良いとして、高音域も裏声を使わず地声で突き抜けて行く(だからこそ最高音部で強さが失われない)吉田美和の心地良さ。あの声の張り。解りやすくキャッチーなメロディ。結構効いてるリズム。──すっごいグループがあったもんだと感心しました。

それでこの後90年代に入ると5枚目のカップリング『笑顔の行方 / 未来予想図 U』(1990年2月)辺りからもうヒット街道まっしぐら。

アメリカ進出なんてしなけりゃ良かったのにねえ。吉田美和の英語の発音がなまじ巧かったからかなあ?

■米米CLUB『FUNK FUJIYAMA』1989年10月

突然ですが、会社の同僚に「あれはコメコメクラブと読むんですか、それともヨネヨネクラブですか」と訊かれたのを思い出しました。

シングル・デビューは1985年10月の『I・CAN・BE』、この曲は知りません。でも、次の『Shake Hip!』(1986年4月)、5th シングルの『sure dance』(1987年9月)その次の『KOME KOME WAR』(1988年8月)辺りはよく聴いてました。

このバンドはサザン・オールスターズと同様に、実力があるのに単なる色ものバンドだと思われる傾向が強かったようです。

カールスモーキー石井は桑田佳祐同様ケレン味たっぷりのシンガーですし、ジェームス小野田はどういう役割の人かよく解らなかったし、女性ギタリストはなんかクネクネしてるし…。確かにイロモノだと思われても仕方がないフシがありました。

ところが、そんな世間の評価を一新した(かどうか知りませんが)のが、この 9th シングル『FUNK FUJIYAMA』でした。

米米CLUB の代表曲と言えば、この後10枚目のシングル『浪漫飛行』(1990年4月)や12枚目の『君がいるだけで』(1992年5月)ですが、私は『FUNK FUJIYAMA』こそが 米米CLUB の特徴を十全に発揮した名曲だと思っています。確かにこの曲にも遊び心溢れる歌詞がついているのでやっぱりイロモノ扱いされがちですが、いやいや、これは本物のファンクですよ。

私は日本ファンク史(そんなもんがあればの話ですが)に残る名曲だと思います。今でも好きでよく聴いています。


さて、以上が私の knockouts です。古すぎましたか? 多分そうでしょうね。
では、皆さんのノックアウトはどんな曲なんでしょう?

Copyright©yama-a Jul.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ