私が作詞作曲者名を比較的よく憶えている理由

ここには2回分しかリポートしてませんが、実は「'70年代歌謡曲の夕べ」(#8#9)その後2回(#10、#11)もしっかり聴きに行ってました。

その観客席で私が歌手名と作詞/作曲者名を聴いただけで曲名を当てたりすると「ホントによく知ってるねえ」と隣の席の人に感心されたりします。「ねえ、それってリアルタイムで記憶してたの?」と訊かれました。

はい、リアルタイムです。実際にその曲がはやった時に憶えて、いまだに運良く憶えている曲がいくつかあるということです。決して後から一生懸命暗記したものではありません。

それは昔から作曲者や作詞者の名前に注目していたということです。いや、歌だけではありません。ドラマや映画ならプロデューサや演出家、脚本家の名前に注目してました。

それはある日、気がついたからなんです。

私たちはついつい歌手や俳優に目や耳を奪われがちです。でも、小学生の時に私はふと、「これは歌ったり演じたりしている人たちがすごいんじゃなくて、あるいは彼らだけがすごいんじゃなくて、裏で作っている人たちが(も)すごいのかもしれない」と。

それで歌なら作詞家や作曲家や編曲家、ドラマならプロデューサや演出家や脚本家の名前を注意して見るようになりました。もちろん当時は編曲家やプロデューサが実際に何をする人なのかは解ってませんでした。でも、注意して見ていると私がいいなあと思う歌やドラマに頻繁に登場する名前があることに気づいたのです。

そうなって来ると今度は「この作詞家や作曲家に、このプロデューサや脚本家に共通する特徴や資質は何なのか?」というところに心を奪われました。当時解ったのはテーマの置き方とかキャスティングの特徴とか…。

その後音楽理論を少し齧り始めると、コード進行とかハーモニーとか、興味はどんどん広がって行きました。

作詞作曲に関する私の「博学ぶり」はそのようにして培われたのでした。

中学時代、私はシンガー/ソングライターになりたいと思ってました。そのことはこのHPのどこかにも書いたと思うのですが、でも本当は、もっと厳密に言えばシンガー/ソングライターではなく、作詞作曲家になりたかったのです(もっとも、「志望していた」というほど確乎たるものではなく単なる「憧れ」でしたけど)。

ところが当時はフォーク全盛、作詞作曲家になるということはほぼシンガー/ソングライターになることを意味してました。歌もギターも下手だった私は結局夢を断念するしかありませんでした。

いや別に「作詞作曲の能力は群を抜いていたので、歌ったり弾いたりする必要がなく作詞作曲に専念できたならヒット曲の2つ3つは出していただろう」などと言うつもりはありません。作詞作曲についてもプロになるような実力がなかったのは確かです。

ただ、もう少し粘ったかもしれないという気はします。

私は昔からパフォーマ志向ではなくスタッフ志向でした。だから愛を持ってスタッフの名前をチェックして来たし、これからもきっとそうだろうと思います。

Copyright©yama-a Jul.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ