あゝ聞き違い!

まことに申し訳ございません。今回の内容は(「今回の内容も」か?)中年以上の方でないと全くお楽しみいただけません。青少年の方は速やかにご退場ください。なんで?って、取り上げている歌の例が悉く古すぎるからです。

さて、言葉にはアクセントがあります。日本語の場合は強弱のアクセントではなく高低のアクセントなので、イントネーションと言ったほうが解りやすいかもしれません。

だから、作曲をする時には日本語の歌詞のアクセントなりイントネーションなりに注意してやってもらわないと、聞いているほうがうまく意味を取れなかったり聞き間違えたりするのです。

「曲先」であればメロディに沿う言葉を当て嵌めて行けば良く、「詞先」の場合は言葉のアクセントを裏切らないメロディをつければ良いのです。ただし、「詞先」の場合、作詞家は1番と2番で言葉のアクセントを大まかに揃えておく必要があります。同じメロディが乗る訳ですから、同じ箇所にアクセントが裏返しの単語を持ってきてはいけないのです。

もっとも最近では1番と2番が完璧に同じメロディではないというケースも珍しくありません。単語の字数やアクセントに応じてフェイクしているのです。これはとても良い心掛けだと思いますが、昔はそんな芸当は誰もやってなかったので、注意の足りない作詞家が作詞してしまった時点でほぼアウトでした。

一般論で言っていても分からないでしょうから例を挙げましょう。

ジローズの『戦争を知らない子供たち』(詞:北山修/曲:杉田二郎/1971年)の「戦争」は明らかにアクセントが裏返ってます。

「戦争」は本来平板な発音をする単語なのに、この歌ではセンが高くソウが低いアクセントになっています。これは「戦争」のアクセントではなく、浅草寺(東京以外の方はご存じないかもしれませんが、これはアサクサデラではなくセンソウジと読みます)の「浅草」のアクセントなのです。

それが証拠に、歌詞を変えて、

♪浅草寺終わって僕らは生まれた 浅草寺知らずに僕らは育った

と歌えば大変しっくり来ます。

関西でよく笑いものにされたのが谷村新司の『昂』(詞/曲:谷村新司/1980年)に出てくる「我」です。 サビの部分で最初に出てくる「我は行く」では確かに古語の「我」のアクセントです。ところが2度目に出てくる「我は行く」ではワが低くレが高くなってしまったために、柄の悪い関西弁で喧嘩する時の2人称「ワレ」になってるんです。

何言うてけつかんねん、ワレ?
しばいたろか、ワレ!
ワレ、なめとんか!

のワレなんです。

♪ワ〜レ(ほら、おんなじメロディでしょ?)は行く さらば昂よ

歌詞がおかしく聞こえるのは言葉の切れ目に問題があるケースもあります。言葉の切れ目と小節の切れ目が一致しないと、場合によっては変に聞こえてしまうのです。

例えばイルカの『なごり雪』(詞/曲:伊勢正三/1975年)の

♪なごり雪も降る時を知り

というフレーズは「なごりーゆきーもーふるーときーをしりー」と歌われます。長音があると言葉の切れ目のような気がするものです。「ときー」以外の部分はそれで問題ありません。しかし、「ときーをしりー」の部分だけは「を」が「時」ではなく「知り」にくっついているような感じになるので、何度聴いてもこう聞こえるのです。

♪なごり雪も降る時 お尻

もっと古い歌でオックスの『スワンの涙』(詞:橋本淳/曲:筒美京平/1968年)では、

♪小さな庭で お話ししましょう

はこう聞こえます。

♪小さな埴輪で お話ししましょう

これは「ちいさなーにわでー」と歌っているためです。「ちいさなにわーでー」と割り振っていたら、あるいは「小さなお庭で」と音符の数と言葉の数を揃えていたなら、多分ちゃんと聞き取れたと思います。

音符の数と字数がずれて聞き違う例をもうひとつ。太田裕美の『木綿のハンカチーフ』(詞:松本隆/曲:筒美京平/1975年)では、

♪いいえ、星のダイヤも海に眠る真珠も

♪いいえ、欲しいの。ダイヤも、海に眠る真珠も

と聞こえます。「ほしーの」のあと休符が来るから余計後に続く感じがせず「欲しいの」に聞こえてしまいます。

「指輪を送る」と言われて最初はしおらしく「いいえ」と答えておきながら、結局ダイヤも真珠も欲しいとはなんと強欲な女か!と当時本気で驚きました。でも、よく聞くとあなたのキスのほうが指輪より良いと言ってます。そりゃそうでなきゃ詞になりませんよねえ。

欧陽菲菲の名曲『恋の十字路』(詞:橋本淳/作曲:筒美京平/1973年)では、

♪女がひとりできること 涙の河を渡ること 心変わりに耐えること

という素晴らしいフレーズが、

♪女がひとりできること 涙の河を渡ること 心が割に耐えること

に聞こえてしまいます。これは菲菲さんの発音の問題もあるんですが、歌詞を「心が、わりに耐、えること」と切ってしまったためです。

キャンディーズの『微笑がえし』(詞:阿木燿子/曲:穂口雄右/1978年)に出てくる

♪おかしくって涙が出そう

というフレーズは、小節の頭である強拍部に「っ」が来てしまったために、また、「っ」が高音部でもあったためにこう聞こえます。

♪お菓子食うって? 涙が出そう

上田正樹の『悲しい色やね』(詞:康珍化/曲:林哲司/1988年)のサビの部分、

♪Hold me tight 大阪ベイ・ブルース

♪Hold me tight 大阪ベーブ・ルース

に聞こえると言う人もいて、「お前は浪速のホームラン王か」などと書いておられました(後日註:残念ながらこの方のページはすでに削除されております)。

作詞作曲家の皆さん、どうか言葉のアクセントや切れ目に留意して歌を作ってください。我々を路頭に迷わせないようにくれぐれもお願いいたします。

Copyright©yama-a Aug.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ