ブルーズ

ブルースについては全然詳しくないのですが、好きか嫌いかと言えばとても好きです。

生まれて初めて聴いたブルースは何だったのかと言えば、物心つく前に聞いたものは別として、今から思えば能動的に聴いたのはザ・スパイダースの『バン・バン・バン』が最初だったのではないかと思います。

そう、私たちの世代の多くの人は、まずロックンロールのブルースを聴いているのではないでしょうか? ブルースだとは知らずにロックンロール(のブルース)を聴いていたのではないでしょうか?

私たちより上の世代はロカビリー・ブームでブルースと出会ったはずです。言うまでもないですが、ロカビリーもロックンロールですね。

中学に入って洋楽も聴くようになると、例えばビートルズの Long Tall Sally とかローリング・ストーンズの Little Red Rooster など、いろんなところでブルースに出会いました。いずれもカバーですが、前者がストレートなロックンロールであるのに対して後者は結構土着っぽいブルースで、私は強い衝撃を受けました。

しかし、まだこの時点ではそれがブルースであるとは知りませんでした。

70年代初頭のフォーク・ブームの中でブルースを歌う歌手も何人か出てきましたが、私はそれほど興味を持ちませんでした。そんな中で出くわしたのが吉田拓郎のブルースでした。あまり知られていませんが、この人はもともとR&Bのバンドを組んでいた人なのでレパートリーの中には結構本格的なブルースがあります。

アルバム『元気です』に収められていた『また会おう』なんてホントに日本人離れしたブルースのフレーズだと思います。

歌謡曲の世界でもフィンガー5の『恋のダイヤル6700』なんぞは完璧なブルースでした。でも、それらがブルースだと解ったのはずっと後でした。

私が最初からブルースと意識して聴いたのは、「浪花ソウル」と言われた上田正樹とサウス・トゥ・サウスだったり、憂歌団(「憂歌」は blues の邦訳)だったり、あるいはウィーピング・ハープの異名を取るブルース・ハープの達人・妹尾隆一郎でした。そして、フォークの世界には豊田勇造がいました。

この頃から日本でも次第にブルースは定着して行ったように思いますし、私自身にもブルースを聴き分ける耳が育ってきたように感じます。

では、ブルースを聴き分けるまでに何故こんなにも時間がかかったんでしょう?

その理由の1つは歌謡曲の「ブルース」の存在でした──森進一の『港町ブルース』とか美川憲一の『柳ヶ瀬ブルース』とか平和勝次とダークホースの『宗右衛門町ブルース』とか…。

歌謡曲の世界では、凡そブルースの形式を整えていないのに歌詞やタイトルに「ブルース」という単語を入れた作品が山のようにありました。

典型的なブルースの条件と言えば、

  1. 12小節のブルース・コード進行に則っていること
  2. ブルーノート・スケールを使っていること

の2つであり、この形式のバリエーションの範囲であると考えられるものはブルースと呼んで良いと思います。また完璧なブルース・コード進行(12小説)に乗っているならメロディにはブルーノートが含まれていなくてもブルースと呼んで差し支えないでしょう。

上記の歌謡曲、いや、演歌の「ブルース」は歴史を遡れば淡谷のり子の『雨のブルース』や『別れのブルース』にたどり着きます。そして、これらの曲を書いたのは服部良一です。服部良一は私が大変尊敬している作曲家で、日本にブルースを紹介した人物だと考えられています。

とても不思議なんですよね。もっとワケの解ってない音楽家が、見よう見まね聞きよう聞きまねで日本のブルースを作ったのであればこんな変なブルースがあっても不思議ではないのですが、他ならぬ服部良一が、コード進行や音階は無視してブルースの雰囲気だけを輸入しようとしたとは…。

かと言って服部良一がブルースの形式を理解していなかったかと言えば全くそんなことはなくて、例えば笠置シズ子の一連のブギウギや市丸姐さんの大ヒット曲『三味線ブギ』なんかにおいては、ブルーノートやブルース・コード進行を見事に日本風に消化しているのです。

何故ブギウギではブルースの形式を移植して、ブルースでは重くて暗い雰囲気だけを真似たのでしょう? そこんところがいくら考えても理解できません。

ところで、淡谷のり子がまだ存命中にTVで面白いことを言ってました(『徹子の部屋』だったかな?)。

淡谷に対して「ブルースじゃない、ブルーズだよ」と英語本来の発音をアドバイスした人がいたらしいのです。淡谷はそれを「ズーズー弁じゃあるまいし」と一笑に付したのだそうです。

かくして blues の雰囲気だけ真似た演歌は「ブルース」と呼ばれるようになり、時代を経るにつれて別に他の演歌と何等変わらない存在になってしまいました。

私は時々そんな演歌と区別するために「ブルーズ」と言ってみることがあります(豊田勇造は常にそう発音しています)。私は「ブルース」は別に好きではありませんが「ブルーズ」は大好きです。

Copyright©yama-a Oct.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ