Amazon アフィリエイト宣言

ここ2〜3日でこの音楽コーナー「キーを叩く」やブログのほうに Amazon のバナーがちらほら付き始めたのにお気づきの方もいらっしゃるでしょう。所謂アフィリエイトと言うやつです。

ついに yama-a も金儲けに走り始めたか、と思われるかもしれませんが、いえいえ、こんなものでは儲かりません。未来永劫1銭の金にもならないと断言こそしませんが、未来永劫1銭の金にもならない可能性もあるにはあります。

一体このページを見てくれた人の何%がクリックしてくれるでしょう? 目一杯多く見積もっても1%に届かないのではないでしょうか? それでクリックしてくれた人のうち何%が実際に商品を購入してくれるでしょう? これも目一杯多く見積もって1%未満でしょう。そうなってくると、これはもうパーセントの世界ではなく ppm の世界になってしまいます。

で、私の報酬は売上げの3.25%です。\3,000 の商品買ってもらっても私の手許に入るのは \97.5 です。小学生の小遣いにもなりません。おまけに私は Amazon のギフトカードで受け取る形を選択したので、累計額が \1,500 に達するまで支払いは延期されます。まず間違いなく1年間は1銭の金にもならないでしょう。

では、なぜ「Amazon アソシエイト」を始めたのか?

実はバナーについては過去何度か悩みました。

最初はHPを開設して間もない頃に考えた(当時はクリック数に応じての報酬という形式しかありませんでした)のですが、そもそもHPへのアクセスがほとんどない時にそんなことをやっても意味がないので見送りました。

暫くして少しアクセス数も増えてきた頃、再度可能性を考えましたが、急にそんなことを始めると、なんか今まで支えてくださった愛読者を裏切るような後ろめたさがあって断念したのです。そう、つまり、その頃は私もまだバナー・リンクと言えば金儲けという視点で考えていたのです。

その後、bk1 への書評投稿を始めました。当初は、投稿全文を掲載するとページが重くなって開くのに時間がかかるのが嫌で、採用掲載された本のリストだけを公開していました。ただ、「今週のオススメ書評」に選ばれたものくらいは読んでほしいなと思い、その分だけ bk1 にリンクを張りました。

すると暫くして bk1 の書評担当の方からメールを頂き、「是非全ての書評についてリンクを張ってほしい」とのことでした。面倒臭い作業でしたが、結局私はその要望に応えました。

そして、多分その頃から bk1 のアフィリエイト・システムである「bk1 ブリーダー・プログラム」に加入したはずです。これも「Amazon アソシエイト」と似たり寄ったりのシステムです。現金ではなく「bk1 ポイント」での支払いになります。

おかげさまで、たまに私のページからリンクを辿って bk1 で本を買ってくださる方がおられるので、少しは「収入」があります。しかし、これも小学生の小遣い以下のレベルです。

今日現在まで累計すれば、確かに私は何万点分かの(つまり何万円分かの)bk1 ポイントを得ました。しかし、こちらは Amazon と違って本人の購入分もカウントされるので、ほとんどは自分が買った本のキックバックであり、それも合計して何千ポイントです。残る何万何千ポイントは「書評大賞」や「今週のオススメ書評」などの入賞賞品によるものです。

で、最近になってバナー・リンクの新しい効用に気づいたのです。今まで私は金儲けという観点でしか捉えていませんでした。そう考えるとかなり割の悪い商売です。

ただ、読者のほうからすれば、読んでいてちょっと気になった時にわざわざ検索ページを開いて調べてみるより、そこにバナー・リンクがあれば1クリックで済むのです(そして、クリックしてもらうためのジャケット写真を著作権法上問題ない形で掲載するには、アフィリエイト以外に手がないのです)。実際私もそういう形で日々インターネットを閲覧してました。

それで、主に音楽関係の記事において、文中の固有名詞をいくつか拾って関連商品へのリンクを張ることにしてみたのです(ところで、このページ内のリンクは「関連商品」ではなく、単なる洒落ですよ、お判りでしょうが)。

言うまでもなく、買う買わないは読者の自由ですし、私のほうも特段買ってもらうことを期待していません(音楽は書物よりも嗜好が多様化しているので、bk1 ほど購入には結びつかないでしょう)。

そういう考えでアフィリエイトを開始しました。私の駄文をお読みいただいている途中で「ふーん、それ何だろ?」と気になった時にちょっとクリック──そういうふうに活用していただければ幸いです。

Copyright©yama-a Nov.2005mark

 第1回アフィリエイト収入報告はこちらです

目次へ 次作へ 前作へ