音楽にとってパロディとは何か?

音楽の世界でパロディと言えば、まず思い出すのが大瀧詠一です。とても遊び好きで、また上手に遊ぶ人です。

アメリカン・ポップ・ミュージックのみならず古今東西の音楽に通じ、また、三木鶏郎とかクレイジー・キャッツとか、日本の音楽の歴史の中であまり正面から取り上げられることのない隠れた巨匠たちにもちゃんと注目してきた人です。

もちろん私ははっぴえんどの頃から知っています。ただ、あの頃は単に「風変わりなメロディを書いて、それをムニャムニャ歌う人」というイメージしかありませんでした(だから『 A LONG VACATION 』が出た時には「こんな綺麗なメロディを書いて、こんなまともに歌える人だったのか!」とびっくりしました)。

私がファンになったのはソロになって Niagara レーベルを設立してからです。Niagara というレーベル名からして遊びであり、これは「大瀧」の意訳です。

彼は変名もたくさん使ってました。最たるものが「多羅尾伴内」(主に編曲家としてのクレジット)。往年の探偵映画の主人公で、7つの顔を持つ男の名前をちゃっかり拝借しちゃってます。

外国名としては Each Ohtaki というのを使ってます(これは細野晴臣のハリー細野と同じ系統)。

ミキサーを勤める時の「笛吹銅次」は往年の少年向けラジオ・ドラマ『笛吹き童子』のもじりですが、そもそもこれは彼の仲間にミュージシャンの伊藤銀次とレコーディング・エンジニアの吉野金次がいたことから、金次・銀次に次ぐ銅次という意味を込めて命名したそうです。

その大瀧詠一が手がけた『 LET'S ONDO AGAIN 』( Niagara Fallin' Stars )がCDで復刻しました。当時あんまりちゃんと聴いたことがなかったアルバムですが迷わず買いました──いやあ、買って良かった!

コラージュ満載、パロディとコミック・ソングのオン・パレード! ははは、楽しいのなんのって。それもこれも音楽面での充実があればこそです。

昔、ある雑誌で大瀧詠一と漫画家の高信太郎がパロディをテーマに対談したことがありました。私は鮮明に記憶しているのですが、その中で2人がダウンタウン・ブギウギ・バンドの『売り物ブギ』を「あんなものはパロディではない」とバッサリ斬り捨ててました。

私自身は『売り物ブギ』は嫌いな曲ではありません。

ダウンタウン・ブギウギ・バンドが、戦後間もない頃「ブギの女王」と言われた笠置シヅ子の大ヒット曲である『買い物ブギ』をもじったという却々洒落た企画だと思いましたし、当時の高度経済成長期、狂乱物価時代の雰囲気をよく捉えていると思ってました。

それだけに「何も2人がかりで他人の作品をそんな悪し様に言わなくても良いじゃないか」と、ちょっと反感を覚えたのでした。

何を以て「あんなものはパロディじゃない」と言い切ったのか、その意味はよく掴めないまま今に至りました。そして、今日この『 LET'S ONDO AGAIN 』を聴いて初めてその意味が解ったような気がします。

音頭と言えば、ある時期岡林信康が「日本のリズムは音頭だ」と言い出したことがありました。当時の作品を聴くと、確かに音頭のリズムに乗ってはいますが、「でもそれがどうした?」という感じです。それだけでは全然面白くないのです(もちろん岡林は面白がらせようとしてやったのではないでしょうが)。

このアルバムでは音頭と他の音楽が完全に融合しています。一般にコミック・ソング、パロディ・ソングと言ってもそれは往々にして「歌詞のパロディ」でしかなく、所詮「言葉遊び」でしかありません。大瀧のように音楽で遊べる人間は稀有な存在だといえるでしょう。いやあ、実に面白いのです。

ピンクレディへのオマージュである、文字通り『ピンク・レディ』という曲はピンクレディのヒット・ナンバーのコラージュがてんこ盛りです。不意にヒット曲の一節が入ってくるのです。

その後には『河原の石川五右衛門』という曲が続きます。これは一見して判らないでしょうが『渚のシンドバッド』の替え歌です。もちろんこれも音頭です。そして、この歌詞が抱腹絶倒ものなんです。そう、言葉と音楽の両方いっぺんに遊べてしまうのが大瀧の本領です。

『ハンド・クラッピン音頭』は『ハンド・クラッピン・ルンバ』のセルフ・パロディです。いやはや、あの曲が見事に音頭に化けているんです。

『禁煙音頭』は音頭と言うか、ドドンパのリズム。
そう、これはあのダウンタウン・ブギウギ・バンドの『スモーキン・ブギ』のパロディなんです。

演者としてクレジットされているのが「竜ヶ崎宇童」というのも笑えます。歌詞は宇崎竜童のオリジナルを徹底的にもじっているのですが、そうかと思えば突然「ベッドで煙草は吸わないで」などというフレーズが出てくるわ、間奏が『ハイサイおじさん』になったりするわで、もうハチャメチャ。

『呆阿津怒哀声音頭』(CDでの表記は「津」が小さい)はレイ・チャールズの What'd I say の音頭版。これ、歌詞が全部漢字で書いてあって、聴きながら歌詞カード読んでると思わずにんまりしてしまいます。all night long が「女色」っちゅうのが出色です。

昔、老人たちに英語を漢字で教えている人がいて、TVのニュースで取り上げられていたのを憶えています。その先生が in your arm を「陰陽、噫、無」と書いていたの以来の傑作でしょう。

そして、そんな傑作漢字集がお祭りのお囃子みたいなリズムで歌われるところがまたおかしい。

そして、何と言っても凄いのが、最後の曲、タイトル・ナンバーの『 LET'S ONDO AGAIN 』です。

これはチャービー・チェッカーの Let's Twist Again のアレンジなんですが、ツイストの要素が完全に払拭された代わりに意外に見事な「ドゥワップ音頭」に変わってます。『軍艦マーチ』まであしらってあって何ともおかしいくせに妙に心地良いのが不思議です。

こういうのが大瀧詠一の言う本当のパロディだったんでしょう。
宇崎竜童は笠置シヅ子のタイトルを借りてきただけでした。おまけに、ブギと言いながら『売り物ブギ』はブギでさえありませんでした。「仮に名曲であったとしても名パロディではない」と言われても仕方がないでしょう。

さて、このアルバム、多分そのうちすぐに手に入らなくなると思うので、興味のある人は大急ぎで買いましょう。

Copyright©yama-a Dec.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ