忠誠を誓う

永遠に忠誠を誓ってしまったアーティストって、誰にでもあるんでしょうか? つまり、無条件にずっとCDを買い続けてしまうアーティスト。

中身の良し悪しとは関係なく発売日にCDを買ってしまう、発売になっていることに後から気づいても試聴もせずに買ってしまう、知人・友人・評論家の感想・評価やCDの売れ行きとは無関係に買ってしまう、それでも決して買ったことを後悔させないアーティスト。

私の場合、吉田拓郎や豊田勇造や佐野元春や T.Rex がそうでしたが、いつの間にか脱却してしまいました。

吉田拓郎は本当に「いつの間にか」。豊田勇造はブルーズやレゲエを演ってるうちは良かったのですが、タイに傾倒し始めてからいつしか。T.Rex は私が買わなくなってから2〜3枚LPを出した後、マーク・ボランが交通事故で死んでしまいました。佐野元春は今でも時々買っています。ただし、試聴してみた上で。

最近ではそんなに長く続きません。ラブ・サイケデリコは「これは絶対買い続ける!」という感じだったのに2枚で挫折(飽きちゃった?)。KICK THE CAN CREW も2枚止まり。Pushim は今後も買うだろうけど連続買いはストップ。

楽曲の魅力が続かない──ひとことで言ってしまえばそういうことになりますが、それはアーティストの側に問題があるのか聞き手の側に問題があるのか、明確には言い切れません。

自分が歳を取って、新譜の発売情報がこまめに入って来なくなって、気がついたときには発売後かなり時間が経っていて、それで買う気にならないだけかもしれません。

そんなこんなで今も変わらず忠誠を尽くしているのはムーンライダーズとシンディ・ローパーだけになってしまいました。

ムーンライダーズはもう30年以上も続いているバンドですが、アルバム発売の間隔が長いから買い続けられるのかもしれません。それでも最近ではあまり何度も聴かないうちに次のアルバムが出てしまいます。それでも無条件に買い続けるのは、すでにコレクター的心情に支配されているからかもしれません。

彼らの最近の作品は、例えばAメロ→Bメロ→Cメロ→Dメロみたいにメロディ・ラインの変化が激しく、何度聴いても却々憶えられません。憶えるまでじっくり聴けば必ずや良いということは判っているのですが、却々そこにたどり着きません。

それでも、幸いにして大ヒットしないということと、アルバムごとにまるで別のアーティストみたいに印象が異なるということのおかげで、私は買い続けていられるのだろうと思います。

シンディ・ローパーも発売間隔が長くなってます。最近新譜を買いました──"the body accoustic"。とても良いです。

セルフ・カバー・アルバムであり、ゲスト・ミュージシャンとのデュエット/コラボレーション・アルバムであり、完全なアンプラグドとは言えないまでも、かなりアコースティックなアレンジです。

セルフ・カバーが10曲、新曲が2曲。新曲のうちの1つはジェフ・ベックとの共作共演。Girls Just Wanna Have Fun のバック・コーラスに Puffy が参加しているのも日本人としてなんだか嬉しいです。

この曲や、Time After Time や True Colors などの大ヒットばかりではなく、Sisters of Avalon や Water's Edge など、ろくにヒットしなかった曲やそもそもシングル・カットされていない曲も本当に良いのです。

アレンジはいずれもアコギやダルシマーを多用した似通ったものに思えるかもしれません。しかし、シンディの素晴らしい声と素晴らしい詞とともに、胸の奥深いところまで染み入って来るのです。

思えば私は、シンディに忠誠を誓うあまり、自らにマドンナのアルバムを買うことを禁じた男です。
ひょっとしたら一番長く続くのはシンディ・ローパーなのかもしれません。

Copyright©yama-a Dec.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ