Very Merry Xmas! (reprise)

伝説の番組「MERRY XMAS SHOW」(1986年&1987年、NTV)についてこの欄に書いたのが2年前の12月上旬。あれから(いや、その前からずっと)探し求め続けて遂に見つけました──この番組の完全録画版を持っている人を。やっぱりいるんですね。いや、あれだけの番組だから、いて当然です。しかも随分身近にいました。

おかげで久しぶりに(特に86年版は8年ぶりに)全映像を観ることができました。で、またこれについて書きたくなりました。この番組を見ていない人にとっては何の意味もない文章だけれど構いません、いや、書きたくなっちゃうんですよ。

ちなみに前回曲目等を載せたページはここ

なお、前回書いたときも何人かの見知らぬ方々から「そのビデオをダビングしてもらえませんか?」とのメールを頂きましたが、ご本人には返信しました通り、それはご勘弁ください。

自分で録画したTV番組をダビングして少数の友達にあげるという行為は私的利用の範囲なので著作権法に引っ掛かることはありませんが、不特定多数の方が対象となると(別に「多数」ではありませんでしたが、「不特定」である限りすぐに「多数」に発展する可能性があります)法に触れることになります。私もこういう会社に勤めている以上著作権法には逆らえないのです。悪しからず。

さて、今回見直してみて気づいたことがたくさんあります。

ひとつは、今も昔も泉谷しげるは不当に過小評価されているのではないかということ。

デビュー直後から「黒いカバン」とか「オー脳!」みたいなコミカルで危ない歌に目が行きがちでしたが、決して危ないだけの人でも面白いだけの人でもありません。一方で「春夏秋冬」とか「春のからっ風」みたいな歌も歌ってたんですから。非常に繊細かつ核心に触れてくる強い詩を書く人で、また偉大なるメロディ・メーカーでもあると私は思っています。

後にラストショウを率いてロックへと展開して行った姿もめちゃくちゃカッコ良かったです。彼自身のアルバムのタイトルを借りて表現すれば、泉谷しげるこそが「光石の巨人」だったんです。

その彼が86年版では自らの凶暴性を発揮できなくて非常に不満そうです。桑田と忌野の2人だけで「セッションだっ!」を演ったことについて「なんで俺に演らせないんだよ!」と憤懣やるかたなかったのが、87年版ではこの2人のリングに乱入するという企画に繋がってます。

こうやって2年分続けて観るとその辺りが見えて非常に面白いです。いやあ、この番組の企画会議、特に87年版に向けての会議は相当楽しかったでしょうね。

86年版では泉谷しげるはチェッカーズと「赤鼻のトナカイ」を演るという割合おとなし目の起用をされていますが、その後のコメントが彼のすごさを物語っていると思います。

泉谷はこう言いました。「最初は全部1コードで演ろうとしたんだよ。そしたらチェッカーズの野郎たちがどこで入って良いか判んねーんだよ」──これ、多少の誇張はあるかもしれませんが、多分概ね事実でしょう。1コードで演るって発想、すごいと思いませんか?

ともかく両年とも泉谷は大暴れで元気で微笑ましいです。「世界ウルルン滞在記」でオーストリアに行って、孫のために木製のおもちゃを作っているような最近のイメージ(それはそれでまた微笑ましいんですけどね)とは大違い!

87年版では渡辺美里と「2人の FOUR SEASONS」という曲を演ってます。これは詞が泉谷と桑田の共作、曲が桑田なんですが、聴けば聴くほど深いですねえ。

まず、タイトルは泉谷の代表曲「春夏秋冬」を踏まえている(で、曲調もフォークです)。歌詞には「みさとふるさと 泉や湧き立ちて」と2人の名前を織り込んである。で、そこに「ふるさと創生」を唱えた竹下登をダブらせて、竹下登に捧げる歌になってます。時代が透けて見えて本当に面白い。

そういえば、この録画にはCMも全て入っているのですが、それが時代またを感じさせます。ほとんど全てのCMがモノラルだったんですね、まだこの時代。

86年版を見直して新たに気づいたのは「年下の男の子」のアレンジを戸田誠司(元SHI-SHONEN、元フェアチャイルド)が担当していたこと。私は不幸にして Chordettes というグループを聴いたことがないのですが、この綺麗なアレンジは誰の手に拠るのだろうと思っていたら、非常に意外な人物でした。多分、戸田誠司→矢口博康→サザンという繋がりなんでしょう。見事な人選だと思います。

で、この企画の87年版が「愛のさざ波」(オリジナルは島倉千代子)。86年の原坊がキョンキョンに入れ替わった訳ですが、もう小泉今日子のキャワイイこと! 観てるこっちの頬が緩んできます。涎もんですぜっ!

一体何テイク撮って編集したんだろうとため息をつきたくなる映像。そしてハーモニーも綺麗。何よりも意表をついていながら見事に嵌った選曲。私は2年間のこの番組を通じてこの企画が一番好きです。

そのほかにも「Jumpin Jack Flash」における Char のワンマン・バンド(独りでギター×2、ベース、キーボード、ドラムスを多重録音・録画合成)など企画性も溢れているし、意外に見直して凄いと思ったのがロッケストラ(このオールスター過剰人員セッションも迫力があります)など、みどころ満載です。

あの時代、バービーボーイズ(いまみちともたかのギターソロもっと聴きたかった)や爆風スランプ、米米クラブなど優れたバンドがたくさんありました。満喫です。

思えばおおらかな時代でした。

億単位の赤字を出しながらこんな番組が2回もできたんです。

超高級ピアノぶっ壊したり食べ物を粗末に扱ったり、ストリッパーが出てきたり(私は最初ユーミンかと思いました。似てません? あれよあれよと思う間にスッポンポンになっちゃったので、こりゃ違うと気づきましたが…。しかし2つの画面をダブらせて誤魔化してはいるけれど、TVで全裸になってるんですよね)、あと「Take Five」のエロい歌詞とか、いずれも今ならNGでしょう。

私が今の立場でどうするかを考えれば、放送開始時間が2時間遅ければGOを出すでしょうが、21時からとなるとやはりストップを掛けるでしょう。あの頃は今では考えられないほど遊びが罷り通った時代でした。

つまり、この手の企画にはもう2度とTVではお目にかかれないということです。貴重な財産の持ち主に巡り会えたことを非常に幸せに思います。今年はとても充実したイヴになりました。

Copyright©yama-a Dec.2005mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次作へ 前作へ