ウクレレを買う

ブログの記事では「この歳から始めるのはどうも…」と書いたのですが、実はウクレレを買っちゃいました。しかも、あのブログの記事を書いた翌々日に。

買いに行った楽器屋の店員さんが「ウクレレっていうとオモチャみたいに思われがちなんですけど」という言葉を皮切りにいろいろ説明したくれたんですが、そう、まさに私がウクレレを購入するに至ったのは決してオモチャではないということを知ったから、そして楽器としての素晴らしさに魅せられたからです。

ジェイク・シマブクロのインパクトはそれほど大きなものでした。

「初めて買うので選び方が判らない」と言ったら、「あまり安いものをお買いになると、ピッチが狂ってたりしますから」と店員さん。おいおい、そんな楽器売ってんのかよ!(予想はしてたけどそこまではっきり言うか)

で、店内のいろいろなウクレレを見せてもらったのですが、安いものは1万円未満、高いものは10万円以上と価格にそこそこ幅があります。店員さんは12万円のウクレレを指して「もっとも、これはプロが使うようなもんなんですけど」と言いました(お前なんかが買うもんじゃねえ、っつう意味か?)。

私としては4〜5万円くらいのイメージでいたのですが、不思議に店内にはその辺の価格帯のウクレレがありません。聞けば、最近ウクレレがよく売れて、「売れ筋」の価格帯のものが品薄になっているとか。

さて、そうなると、よその店を探すか、はたまた今日はやめるか──いや、どうしても今すぐほしい。となると、2万円そこそこのやつを買うか6〜7万円のやつにするか。

「弾き比べてみます?」
「いや、これから始めるんだから弾けないんだってば」
「それでも、ちょっと触ってみると分かりますよ」

で、順番に2本渡されてポロ〜ンとやってみると、明らかに音が違うんだな、これが!
なんでも使ってる木材が違うんだとか。安いほうがマホガニー、高いほうは…、忘れました。

店員さんもずるいなあ。これ買うしかないっしょ。2002年の2月にヤフオクでギター売った時の落札価格が \68,000──それとほとんど同じ値段なのも何か因縁めいてます。で、ケースやら弦やら音叉やら合わせて8万円弱の出費。

ukulele

コンサート・タイプのネックが長いやつ。ペグは普通のウクレレのように直接弦を巻くのではなくフォーク・ギターみたいに歯車が噛んでいて、しかも両側に2個ずつではなくてエレキ・ギターみたいに横に4個並んでいます。

ウクレレに見えないっしょ?

家に持って帰って早速弾いてみると、何と言ってもまず指が痛い! ナイロン弦だと思って舐めていたけれど、やっぱり最後にギターを弾いてからのブランクが長すぎたようです。

しかも、指が短いのでフレット間隔が短いウクレレのほうが弾きやすいだろうと思ったら、間隔が短すぎて簡単なコードさえまともに押さえられません。うーん、これは前途多難です。

さて、「チューニングがギターと全く違う」とブログに書いたのですが、この表現は正確ではありませんでした。

ギターは6弦から順にEADGBEですが、ウクレレは4弦から順にGCEAです。これだけ見ると確かに全く違うのですが、GCEAをそれぞれ5度上げるとDGBEとなって、ギターの4〜1弦と同じになります。

つまり、キーは違うけれど配列は同じなのです。ということは、コードであれメロディであれ弾く時の左手の指使いはギターと同じになるということだったんです。実はこのことを知ったのが買うと決意した直接の要因でした。

ところが、ややこしいのは、4弦のGは1弦のAより9度低いGではなくて、2度だけ低いGなんです。つまり、開放弦では4弦は一番低いのではなく1弦の次に高い音なんです。これはギターやってた人には勘狂いますよね。なんか、オープン・チューニングみたい。

ギターのフィンガー・ピッキングだと、5弦と6弦を右親指で弾いてベースを刻み1〜4弦でメロディというのが常識ですが、その常識が無残に崩れ去るのがウクレレなんです。

でも、最近は音域を広げるために Low-G チューニング(つまり4弦をオクターブ低いGにする)というのがはやりのようです。なるほど…、ということで翌日新たに Low-G 用の4弦を買い求めたのですが、Low-G チューニング用の教則本がどこにも置いてありません。

とりあえずはレギュラー・チューニングで、どんなに指が痛くても痛くなくなるまで触り続けることからのスタートです。はてさて、まともに弾けるようになるのはいつのことやら。それを考えると指よりも頭のほうが痛くなります。

Copyright©yama-a Jan.2006mark

arrow 2本目のウクレレはこちらです

目次へindex 次作へnext 前作へprevious