ウクレレの謎

このタイトルに興味を惹かれて読み始めてくれているとすれば、あなたはきっとウクレレを弾く方なのでしょう。しかし、もしそうだとしたらあなたはこのページを読む必要はありません。以下に書いてあることは既にあなたが知っていることです。

楽器はまるで演奏しない──あなたがもしもそういう人なら、ごめんなさい、あなたもこの文章に用はありません。

ギターは弾くけどウクレレのことは全く知らない──あなたがもしもそういう人なら、この文章はまさにあなたに読んでほしい文章です。

それって、めちゃくちゃナロー・ターゲットじゃないですか?と言われそうですが、はい、すみません。このサイトは元からナロー・ターゲットなんです。

ま、前置きはそれくらいにして本題に入りますが、もちろんターゲットを外れた方がどうしても読むとおっしゃるのならそれを止める気はありません(むしろ歓迎します)。

さて、年明けにウクレレを買いました。その時の顛末は前の号(及びブログの記事)に書きました。そして、初めてウクレレという楽器を手にしてみて不思議に思ったこともいくつかそこに書いておいたのですが、練習を重ねているうちにそれらの謎が次第に解けてきたのです。

私はある意味ウクレレを馬鹿にしてきました。私のような元フォーク・ギター少年にとっては当たり前と言えば当たり前の現象です。

ギターは弦が6本、ウクレレは弦が4本──どちらが高度な響きを奏でられるかと言えば、そりゃ弦が2本多いギターに決まってるじゃないですか。弦が6本あれば6声の和音まで弾けます。弦が4本なら4声の和音までしか弾けません。そう言う訳で私はウクレレをギターより一段劣る楽器、言わばおもちゃみたいな存在として捉えてきました。そんなものを弾こうとする奴の気が知れませんでした。

しかし、です。私はかつてギターで6声の和音を演奏していたでしょうか? まあ、ジャズをやっていたなら話は別ですが、フォークやロックで使われる和音って、せいぜい4声まででしょ?

6th、7th、7sus4、maj7、m7、m7-5、add9、dim などはいずれも4声の和音です。これだけあればかなりの表現ができたはず、と言うよりも、この程度の和音でさえ駆使できていたかどうか疑問です。

タブ譜

では5声の和音。例えばC9。これはC、E、G、B♭、Dの5音です。このコードをギターのロー・ポジションで弾いた時には1〜5弦を使って辛うじて5つの音が鳴っています(図1)。ただし、Gは展開してオクターブ上(1弦)になっています。

では、例えば Cmaj9。C、E、G、B、Dの5音が並ぶ綺麗な響きです。これはC9コードにおけるB♭を半音上げる、つまり3弦を1フレットずらせば良いのですが、その途端に押えるのが非常に難しいコードになってしまいます(図3)。使うポジションは3フレット分だけですが、私には押えられません。

それでどうしているかと言えば、結局C9、Cmaj9は図2と図4のように押えていませんか? 1弦と6弦を弾かないこの形なら押えるのが楽ですし、このままポジションをずらせばD9やEmaj9も簡単に弾けます。

その結果どうなっているか? 図2と図4では第5音(G)をオミットしているのです。つまり偉そうに5声の和音などと言いながら、実は4声しか鳴っていなかったのです。

必ずという訳ではありませんが、ギターではこういうことが頻繁に起こります。弦が6本あるのだから理論上は6声の和音が弾けるはずですが、左手の指は4本しかないし(まあ、上から親指を使えば5本になりますが)、その指も無限に伸びたり交差したり都合よく曲がってくれたりしないので、せいぜいこのくらいが限度なのです。

随分長くなりましたが、そういう訳で弦が4本しかないことでウクレレを馬鹿にしていた私は馬鹿でした。4弦しかないことは謎でも何でもなかったのです。

さて、前にも書きましたが、ウクレレのチューニングはギターの1〜4弦と同じ構成です。ということはギター・コードの1〜4弦と同じ押え方をするととりあえず和音が鳴るということです。ただし、全体にキーが4度上がった形になっています。これが曲者なんです。

ギターのDの形で押えるとウクレレではGの和音がなる訳ですが、なまじこのことを知っていると非常に混乱するのです。

「えーっと、これはギターで言えばDの押え方だから、D、E、F♯、Gっと、ウクレレではGが鳴ってんのか」

などと考えてしまいます。

「えーっと、Gに続いてCを弾きたいんだけどギターで言えば」

と逆に考え始めるとついつい、

「えーっと、C、D、E、F♯っと、なるほどF♯の形か」

などとあらぬ方に行ってしまいます。本当は

「えーっと、C、B、A、Gっと、なるほどGの形か」(あるいは「C、D、E、F♯、Gっと」)

と4度下がらなければ(あるいは5度上がらなければ)なりません。アホかと言われそうですが、実際時々こういう風になっちゃうのです。これ、本当に引っ掛け問題みたいです。

そしてウクレレの場合、4弦しかないことで却って押え方のバリエーションが非常に多くなっているのです。これも謎でした。

もちろんギターの1〜4弦でも同じ押え方で和音が鳴ったはずです。ただし、その場合5弦と6弦を捨てる、つまり弾かない、音が鳴らないようにする工夫が必要であり、それはそれで左右の手に何らかの負担を強いることになるのでギターでは使われなかった組み合わせなのです。

従ってウクレレでは憶えなければならないコード形が山ほどあります。ギターの場合限られたロー・ポジション・コードを憶えたあと、バレー・コードをいくつか憶えてそれをずらせば終わりでした。ウクレレの場合は開放弦を使ったロー・ポジションのコードのバリエーションがめちゃくちゃ豊富なんです。

しかもネックが細くフレット間隔が近いので、4フレットは楽に指が届きますし5フレット使ったコードでも押えられます。その分バリエーションが増えてきます。憶えるものが多くて却々上達しません(って、明確な言い訳ですね)。

そして最大の悩みのタネは4弦がオクターブ高いこと。1〜4弦の順に音が低くなるのではなく、4弦は1弦の次に高いということ。なんでこんなチューニングにしたのでしょう? 元ギタリストにとっては全くの謎でした。と言うより、気持ち悪くて仕方がありませんでした。

ギターで言えばメロディは1〜3弦(たまに4弦)で奏で、5弦と6弦(たまに4弦)でベース音を弾くというのが基本的なスタイルです。ウクレレならメロディは1・2弦で、ベースは3・4弦でと行きたいところですが、4弦が高いのでこれができないのです。

だいいち4弦を上げているために楽器としての音域がかなり狭くなってしまって極めて不自由です。

そういうこともあって私もご多分に漏れず、はやりの Low-Gチューニングに移行しようかと考えていたのですが、レギュラー・チューニングで練習しているうちに弾き方が解ってきました。

アルペジオの場合、ギターと同じようにはできませんが、ウクレレならではの3弦→2弦→4弦→1弦という弾き方があります。

また、4弦は1弦より2度低いので、コードを押えていると1弦と4弦がユニゾンになっていることも少なくなく、これはアルペジオには適していないのですが、でも2度違いということはメロディを弾く上では4弦を1弦に対する経過音・装飾音として非常に効果的に入れることができるということなのです。

きっとこの特性を巧く活かすことがウクレレ名人への道なのでしょう。

巧くはなっていませんが、真面目に練習したおかげで以上のようなウクレレの謎が少しずつ解けてきました。如何なる楽器にも特性があります。これだから楽器に病みつきになってしまうのです。

さあて、つまらん文章書くのもこの辺にして、そろそろ練習しようかなっと。

Copyright©yama-a Mar.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ