アルバム魂

考えてみればこの頃アルバムを買う習慣がありません。いや、あるにはあるのですが、古いものと企画ものばかりです。

携帯音楽プレーヤー(私のは iPod ではなく SONY の HD Walkman です)を買って以来、良い曲だなあと思ったらウェブ上からか借りてきてかして、すぐに携帯プレーヤーにリッピングしてしまいます。

昔は良い曲だなあと思ったらその曲が収められているアルバムを買いに行ったものでした。たとえ借りてきたとしてもその1曲だけダビングするという発想はなくて、アルバム全体を(カセット・テープに)録音したものです。どうしてこうなっちゃったのでしょう。

私の経験から言えば、アルバムの中には大抵あまり好きになれない、どうでも良い曲が1つや2つはあるからなのかもしれません。全曲素晴らしいアルバムにはそうそう出遭うものではありません。

そうなるとアルバム全体にお金を払うよりも、良い曲だけ抜き出して自作のコンピレーションを編んだほうが効率的というものです。

ま、面倒臭いのが嫌であれば頭からケツまで通して聴くしかなかったのが当時のアルバム(つまりはLP)でしたからね。今はどの曲でも簡単に選択したり並べ替えたり飛ばしたりできるので、そういう意味で制作者側の束縛からは自由になりました。当然曲順などの制作者の意図は無視される事態になったということです。

しかし、そうなるとトータル・コンセプトを備えた、つまり全体を通して統一した作品性のあるアルバムの存在が陽の目を浴びないことになってしまいます。単に曲のストックが揃えば録音しているというのではなく、常にそういうことに心血を注いでいるアーティストが報われないことになります。それはとても哀しいことです。

「勝手に飛ばしたり抜かしたりしないでくれ。どんな曲を作るか、どの曲を入れるか、どういう並びにするかまで考えて作ってるんだから」という悲痛な叫びが聞こえて来るような気もします。

でも逆に、最近そういうアルバムってあるのでしょうか? 「これは名作アルバムだ」というような話をこの2〜3年聞かない気がします。ひょっとしてバカ売れしたアルバムのほとんどはベスト盤では? あるいは単にヒット曲をたくさん収めたアルバムでは?

かつて、アルバム(LP)が10万枚売れれば大ヒットだった時代、アルバムは総合的な芸術性や表現力の発露でした。歌謡曲しかなかった時代にはアルバムは全然売れず、フォークやロック、ニュー・ミュージックの登場によって初めて注目され、売れるようになったのがアルバムでした。

今のJポップはそのフォークやロック、ニュー・ミュージックの系譜を引いているはずです。あのアルバム魂はどこへ行ってしまったのでしょう? いや、作るほうはその魂を保っているのに、聴くほうがそれを評価する志を失ってしまったのかもしれません。

「違うよ。それは単に君が知らないだけで、このアルバムだってあのアルバムだってすごいよ」とおっしゃる方もたくさんおられるのでしょうか。問題は私の耳にそういう話があまり入って来ないようになったことかもしれません。そういうことを教えてくれる、センスの良い若い友人をたくさん確保しておきたいものです。

私の場合、最近買ったアルバムでは畠山美由紀の『リフレクション』。声質も詞も曲調もそれほど私の好みではない(UAから個性を奪って大人しくさせたみたいな感じ)のですが、本人を含む多くの作曲家の合作であるにもかかわらず、全体の統一感が見事に取れていることには好感を持ちました。

もしもあなたが「センスの良い若い友人」なら、他にそういうのがあったら是非教えてください。教えていただけるととても嬉しいです(もちろん趣味が合わないこともあるでしょうけどね)。

Copyright©yama-a Apr.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ