コードブックのコード(和音本の規律)

今ウクレレ用のコードブックを自作しています。

「そんなもんわざわざ作らなくたって楽器店で売ってるじゃないか」と言われるかもしれません。しかし、ギター用のものもそうですが、市販のコードブックというものはこれがなかなか使いにくいのです。

特に私の場合ウクレレは今年になってから始めたので、ギターのように簡単なコードはコードブックを見なくても判るという状態ではなく、しょっちゅうコードブックのお世話にならなければなりません。そういう初心者にとって却々使いやすいコードブックがないというのが現状ではないでしょうか?

市販のコードブックはコード名のアルファベット順に並んでいるのが普通です。例えば冒頭の何ページかには「C」で始まるコードが並び、それに続く何ページかには「D」で始まるコードが並ぶといった具合に。

ところが、何かの曲を伴奏しようとして、コードブックがそういう構成になっているととても不便なのです。1つの曲を最後まで伴奏するためにはコードブックのあちこちのページを行ったり来たりしなければならないからです。

私としては、コードの名前にアルファベットのどの文字が使われているかでひとまとめにするのではなく、キーごとに分類してほしいのです。

例えば、市販のコードブックにはC、C6、C7、C7sus4、C7-5、C7-9、C7+9、C9、Cmaj7、Cmaj9、…、Cm、Cm6、Cm7、Cm7-5、…みたいな順で和音名とその押え方が図解されていますが、キーがCであるならC7sus4なんてまず使うことのないコードです。Cの近くに載っていてほしいのはCm7-5ではなくBm7-5なのです。

だから、私としては、キーごとに使われる可能性の高いコードを網羅しておいてほしいのです。

もちろん、コード・パタンは無限にあると言っても過言ではないので、文字通り網羅することは無理でしょう。でも、せめて使われる可能性の高いコードがキーごとにまとめてある本がほしいのです。

そういう訳で、私は今 MS Excel でウクレレのコードブックを作っています。各キーについてA4用紙1枚です。1つの和音に対して3ポジションでの押え方を表示しています。そして、それをクリアファイルに綴じています。

それぞれのキーごとにまずは3声のダイアトニック・コードが並び、その後に4声のダイアトニック・コード。そして、様々なサブスティテュート・コードと、よく使われるクロマティック・コードや装飾音・経過音をあしらった諸々のコード──そういう構成で自分用のウクレレ・コードブックを作っているのです。

そしてキーの並び方はC、C#、D、D#、E、F、…ではなく、D♭、A♭、E♭、B♭、F、C、G、D、A、E、B、F#という5度進行に沿っています。それはこういう形で関係調を隣に配することで、最初の1ページで見つからなかったコードを次のページで見つける可能性を高くしようという魂胆なのです。

でも、コピペを繰り返してこのコードブックを作るのはとても骨が折れます。もちろんコードブックなんかなくてもじっくり考えれば押え方は判るのですが、じっくり考えなくてもすんなり判るようになるにはまだ時間がかかるのです。

ああ、どっかにそういうコードブック売ってませんかねえ?

Copyright©yama-a May.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ