年代判定ソング

面白い話を聞きました。

「『君だけに』を歌ってください」と言われると、♪き・み・だけーに、あ・あ、き・み・だけーに、と少年隊を歌い始める人と、♪君だけーにー、君だけーにー、とザ・タイガースを歌いだす人に別れるのだそうで、しかもこれが何年生まれかによって結構きれいに2分されるのだそうです。

ちなみに少年隊のほうは1987年の大ヒット、ザ・タイガースは1968年の大ヒットです。

なるほどなあ、と思って聞いていたのですが、この話の惜しいところは、ザ・タイガースのほうのタイトルは『君だけに』ではなく『君だけに愛を』だということです。

この手の話は昔からたくさんありました。

『プリーズ・ミスター・ポストマン』(註1)と聞いて、マーヴェレッツのオリジナルを思い出すか、ビートルズのカバー(1963年)を思い出すか、はたまたカーペンターズのカバー(1975年)を思い出すか? え? 古すぎてどれも知らんて? まあ、そうかもね。

ちなみに私にしてもマーヴェレッツは知りません(何年発売かも判らない)。初めて聴いたのはビートルズのバージョンでした(ただし、ビートルズ解散後)。

こういうカバーもので言えば『17才』(南沙織・1971年/森高千里・1989年)、『亜麻色の髪の乙女』(ヴィレッジ・シンガーズ・1968年/島谷ひとみ・2002年)、『学園天国』(フィンガー5・1974年/小泉今日子・1989年)(註2)などなど…。

フィンガー5と言えば、最近では misono が『個人授業』をカバーしてます。1973年のヒット曲のイメージはそのままに、新しい解釈も入れ込んだアレンジはなかなか良い仕上がりだと思います。

あるいは海外で言えば『ウィザウト・ユー』と聞いてニルソンによる大ヒット(1972年)(註3)を思い出すかマライア・キャリーのカバー(1994年)を思い出すか、『アメリカン・パイ』(註4)と聞いてドン・マクリーンのオリジナル(1972年全米ナンバー1ヒット)を思い出すかマドンナのカバー(2004年)を思い出すかなど、どのバージョンが耳にこびりついているかで年齢が判ります。

同名異曲で言えば、『長い夜』と聞いてシカゴ(1970年の大ヒット、まだ甘ったるい恋歌を歌う前の、ひたすら政治的メッセージをブラス・ロックに乗せていた時代)(註4)を思い出すか松山千春(1981年の大ヒット)を思い出すか?
私は1も2もなくシカゴですが、でも、これは年代のせいではなく歌に対する志向の違いです。

さて、最後に極め付きをひとつ。ネタが音楽だけにちょっと文章で書くのは難しいのですが、とりあえず書いてみます。できればこのテストは12月ごろに実施してみてください。

私が歌うのに続けて歌ってください。
♪チャンチャンチャン、チャンチャンチャン、…
※ この「チャン」は6回とも同じ高さの音です

これに続けて、♪チャンチャンチャーンチャチャーン、と長調で『ジングルベル』を歌い始めたらその人は若者、♪チャカチャカチャッチャッチャーン、と短調で『青い山脈』のイントロになってしまったら年寄り。

おいおい、それ、何年前のネタや、って? すんません、古すぎていつごろのネタか判りません。
ええ加減にしなさい! チャンチャン!


【註記】 雑学&与太話をいくつか。

(註1)この「プリーズ・ミスター・ポストマン」を和訳したのが『郵便屋さん、ちょっと』。言わずと知れたつかこうへいの初期の代表的戯曲です。

(註2)歌詞は違いましたが、慎吾ママ(香取慎吾)のバージョンもありました。2000年。

(註3)実はこの曲はニルソンのオリジナルではなく、元々はビートルズの弟分バンドと言われたバッドフィンガー(アップル・レコード所属)の曲だったんですって。私も最近まで知りませんでした。

(註4)この壮大で切ない歌詞はバディ・ホリーの死を悼んだものだそうです。時代の息吹を感じさせます。

(註5)あくまで個人的な感想ですが、シカゴがブラスを捨てて甘ったるい愛の歌を歌い始めた時、ビージーズがディスコ・サウンドに乗せて高い声を出し始めた時、どっちもなんか暗澹たるものを感じた記憶があります。

Copyright©yama-a Jul.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ