捨てたもんじゃない2曲目

私が書くわけですから、はい、今回も古い歌の話です。

東京にいたときに知り合いが「'70年代歌謡曲の夕べ」というライブをシリーズでやっていてよく聴きに行きました(ここここに関連記事。あとここにもちょっとだけ)。

そうやって古い歌に接していて(いや、別にそのライブに行かなくても普段から古い歌には接しているのですが)、ちょっと気づいたことがあります。

90年代以降も同じ傾向があるかどうか判りませんが、70年代・80年代に於いては「ヒットした曲の次は同工異曲」というのが定番でした。つまり、デビュー曲(デビューしてすぐに売れなかった場合は最初のヒット曲)が出た後、直後にリリースされるのはどうしてもそのヒット曲と同じ趣きの曲になりがちだったのです。

そうすると、まあ前曲の勢いもあって、聴くほうも受け入れやすく歌うほうも歌いやすいので、そこそこの売上げは稼げたのです。しかし、一方でその2曲目には1曲目にあったようなインパクトがなく、結局安全牌のやや平凡な作品であることが多かったのも確かです。

私としては、2曲目に最初のヒット曲を真似て作ったような(そして結果的に前作を超えられなかったような)歌が選ばれるたびに、「なんでこんな曲歌わせるのかなあ」とひとり不満に思ってました。

いくつか例を挙げれば、

(*印はデビュー曲ではなく最初のヒット曲)

ところが、(ここからが「ちょっと気づいたこと」の内容です)よくよく聴いてみると、「2曲目」にも名曲はあるのです。前曲と同じパタンかどうかは別として、最初のヒット曲を凌ぐような出来のものもあるということに気づいたのです。

もちろん、デビュー曲もヒットしたけど2曲目が最大のヒット曲になったというケースもあります。例えば、

中には1曲目<2曲目<3曲目のパタンもあり、例えば、

ま、そんな風に全部大ヒットというのは別にどうでも良いのです。

私がここで取り上げたいのはそういうケースではなく、「2曲目は1曲目と比べるとセールス的にもパッとしなくて、みんなもう忘れかけているけれど、改めて聴くとこっちのほうがずっと名曲だよね」というケースです。結構あるんですよ、これが。

それで下の表にまとめてみました。2曲目のほうが絶対良いと思うけどな。
皆さんは如何でしょう?

歌手デビューまたは最初の大ヒット曲次の曲発売年
尾崎紀世彦また逢う日までさよならをもう一度1971年
詞:阿久悠、曲:筒美京平詞:阿久悠、曲:川口真
南沙織17才潮風のメロディ1971年
詞:有馬三恵子、曲:筒美京平詞:有馬三恵子、曲:筒美京平
小柳ルミ子わたしの城下町お祭りの夜1971年
詞:安井かずみ、曲:平尾昌晃詞:安井かずみ、曲:平尾昌晃
天地真理水色の恋ちいさな恋1971-72年
詞:田上えり、曲:田上みどり詞:安井かずみ、曲:浜口庫之助
チェリッシュなのにあなたは京都へゆくのだからわたしは北国へ1971-72年
詞:脇田なほみ、曲:藤田哲朗詞:林春生、曲:筒美京平
郷ひろみ男の子女の子小さな体験1972年
詞:岩谷時子、曲:筒美京平詞:岩谷時子、曲:筒美京平
小坂明子あなたもう一度1973-74年
詞・曲:小坂明子詞・曲:小坂明子
原田真二てぃーんずぶるーすキャンディ1977年
詞:松本隆、曲:原田真二詞:松本隆、曲:原田真二
サザンオールスターズ勝手にシンドバッド気分しだいで責めないで1978年
詞・曲:桑田佳祐詞・曲:桑田佳祐
柳ジョージ&レイニーウッド微笑の法則 *青い瞳のステラ、1962年夏…1979-80年
詞・曲:柳ジョージ詞:水甫杜司、曲:上綱克彦
田原俊彦哀愁でいとハッとして!Good1980年
詞:小林和子、曲:A・リタウント、G・ヘンリック詞・曲:宮下智
早見優夏色のナンシー *渚のライオン1983年
詞:三浦徳子、曲:筒美京平詞:三浦徳子、曲:筒美京平
森高千里17歳 *だいて(ラスベガス・ヴァージョン)1989年
詞:有馬三恵子、曲:筒美京平詞:森高千里、曲:高橋諭一

Copyright©yama-a Sep.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ