フォーク(?)は死なず

久しぶりに TSUTAYA のレンタルCDコーナーに行ってきました。転勤で関西に戻ってからは初めてです(DVDレンタルの階には時々足を踏み入れてたんですが)。

で、いろんなジャンルを漁ったのですが、「フォーク」のコーナーがやけに混んでます。しかも、若い人で。 「ん?」という感じでした。

「フォーク」と言っても実はフォークばかりではなく、かなりロックっぽいものもゴッチャに置いてました。察するに「歌謡曲を除く概ね70年代の日本のポップス」という意味のようです。私が行ったのは会社から程近い堂山店なのですが、東京時代によく行っていた新宿店だと確か「J-POPクラシックス」とか「Jクラシックス」とか書いてあったはず。棚の分類・陳列に関しては各店の自由なんですね。

で、そのフォークの棚の前を賑わしている何人かの若者の中に大学生らしきカップルがいました。どうやら女の子のほうはこの辺の音楽には詳しくないらしく、この時代のミュージック・シーンの"大家"である男の子に、何を借りれば良いかのアドバイスをもらっているみたいでした。

「しかし、そんなに借りてどうするの」と言いたくなるくらいのCDを籠に入れてます。これをネタに卒論でも書くでしょうか? でも、もしそうだとしたら、借りる本人の女の子がここまで無知なはずがありません。

ほんで聞くとはなしに聞いていると、私はこの男の発言に妙に引っかかってしまいました。もちろん人それぞれの感性というものがあって、それはそれで大事にすべきだと解っているのでさすがに口に出しては言いませんでしたが、横で聞いていると「あのねえ、それは違うでしょ」と何度も言いたくなってしまいました。

まず、男の態度が偉そうなんですね。この時代の「ニュー・ミュージック」だったら全てを知っているみたいな感じ。「ああ、あれも持ってる。これも聴いたことある。あれも、これもみんな知ってる」──ってホントか? 君の年代でそれは無理だろ?

しかし、その割にはいい加減なんですよね。「YMOやったらやっぱりこれや。これには『ライディーン』も入ってるし」などと言いながら、別のアルバムを手に取って「あ、これや。これに『ライディーン』が入ってるから」。
「間違ってた」とも「ごめん」とも言いません。

いちいち解説するのだけれど、どうも的を外しているような気がしてなりません。それと「聴くんだったらまずファースト・アルバム」というのが彼の信念らしく、「やっぱりファーストやろな」「うん、まずファーストを聴こう」を連発。でも、私が知る限りそのうちの3分の1くらいはファースト・アルバムじゃないんですよね。

いや、それはセカンド・アルバムですよ。いやいや、君を責めてるんじゃないです。君の年でそれは無理ですよ。なにせこちとら全部リアルタイムで聴いてきたんですから──と言ってやりたい気がしたけど辛抱。

すると、女の子が『Niagara Triangle』を手に取りました。彼女にしてみれば大瀧詠一と山下達郎が一緒にアルバムを作っていることが不思議だったようなんですが、男がひと言「山下達郎は大瀧詠一の弟子やで」──おいおい、そのまとめ方は乱暴すぎやしないか?

おまけに『Niagara Triangle 2』に参加してる杉真理のことはスギ・マリなんて言ってるし(正解はスギ・マサミチ、男性です)、佐野元春をサノ・トシハルと言い間違えるし。

極め付きは、女の子が別のアルバムを選んでいるのに、「いや、こっちを聴いてほしい」とゴリ押し。こういう男とつきあうと疲れるでしょうね。

でも、ま、いっか。彼らをはじめとして「フォーク」の棚をこれだけ多くの若い人たちが物色してるのを見て、私はちょっと嬉しくなったのでした。まずはCDの出現、そしてレンタル・ショップやネット・ショップのおかげで、廃れて消えるはずだった音楽がこの世に残っているのです。アーティストたちにとってはこれほど嬉しいことはないでしょう。

で、私のほうはと言えば、新しいもの、古いもの取り混ぜて何枚かのCDを手にしながら、結局何も借りずに家路に着いたのでした。

Copyright©yama-a Jan.2007mark

目次へ 次作へ 前作へ