A Comment on "KAYO MUSIC"

今『歌謡曲だよ、人生は』というオムニバス映画が公開されてまして、私はこの映画を見る気はないんですが、これに関連して KAYO MUSIC All Time Best 100 というページが公開されてます。

これが凄いんです! 何はともあれ上のリンクを突いて選ばれた100曲を吟味してみてください。

昭和21年(1946年)〜昭和53年(1978年)までに発売された数あるレコードの中から、映画『歌謡曲だよ、人生は』を製作するにあたってアルタミラピクチャーズが100曲を厳選。その珠玉の100曲をここに一挙公開!この曲を知らずして歌謡曲は語れない!

とあります。この中途半端な年代の切り方が何なのか説明がほしいところではあります。

歌謡曲だよ、人生は

でも、すごい選曲です。読めば読むほど感心します。このページ、映画の公開が終わっても永久に置いておいてほしいなあ。

なんと1曲目から橋幸夫『あの娘と僕(スイム・スイム・スイム)』ですよ。なんじゃ、そりゃ? 知りませんよ、そんな曲。橋幸夫なら、まあ、通常は『潮来笠』とか『いつでも夢を』とか、どれだけ捻っても『恋のメキシカン・ロック』あたりが選ばれてくるはずなんですが・・・。その「スイム・スイム・スイム」っつうのは何なんでしょう?

で、ネット上で見つけてちょっと試聴してみたら、タイトル通りの脳天気というか、まあ、何とも言えない曲ですね、こりゃ。

それで、このページを最後まで読むうちに、私も何か書かずにいられなくなってしまいました。非常にセンスの良い選曲なんです。一体誰が選んだんでしょう。このセンスにはちょっと感心してしまいます。

100曲のうち27〜28曲は私の携帯音楽プレイヤにすでに収録されていたのですが、今後の曲収集に随分参考になりそうな気がします。

で、このサイトには選ばれた曲が並んでいるだけで、何故、どういう観点でこれが選ばれたか等の解説が一切ありません。で、私なりにちょっとグループ分けしてまとめなおしてみました。

★なんじゃ、その曲!?という度肝を抜く選曲

★そう、その歌手ならその曲なんですよ!という納得の選曲

★これは文句なし!昭和の名曲ですね!という堂々の選曲

★うむ、歌謡曲らしい良いところを押えてますね!という感心の選曲

★よくぞその曲を忘れずに選んでくれた!という感謝感激の選曲

ほかにも語るべき点は多いのですが、ともかく抜群のセンスです。

ところで『夜霧よ今夜も有難う』はどうして石原裕次郎ではなく吉田拓郎バージョンなのでしょう?
それだけがちょっと疑問。

Copyright©yama-a May.2007mark

目次へ 次作へ 前作へ