なんで「学生街の喫茶店」なのだ?

先日「なんで『木綿のハンカチーフ』なのだ?」という文章に付けた表を拡充しましたところ、思いもかけずメールを頂戴し、「これの男性版はないのか?」とのお尋ねをいただきました。

前の文章をお読みいただいていない方には何のことやら解らないでしょうが、そのタイトルの意味するところは、

ラジオやTVで昔の曲の特集をする時って、聴きたい曲は絶対入っていなくて、例えば太田裕美と言えば、なんでいつもいつも「木綿のハンカチーフ」なのか? 私の聴きたいのは他の曲なのに

ということでした。

で、以前に作った表は確かに女性に限定しており、男性版がないのは非常に不自然です。本来なら「女性編」「男性編」「グループ編」の3分類を設けるべきなのかもしれませんが、すでに「女性編」にグループが含まれてしまっているので、リード・ボーカルの性別で2つに割ることにして、新しい表を作ってみました。

こちらも年代は概ね60年代末から80年代一杯ということにしてみました。女性版と同じくまた思いつくたびに更新して行こうと思います。

さて、あなたの趣味とはどれくらいズレているでしょうか?

歌手(グループ)名ありがちな選曲私ならこの曲を選ぶ
私がこれを選んだ理由と解説
あがた森魚「赤色エレジー」「最后のダンス・ステップ」
あがた森魚と言えば「赤色エレジー」しか知らんのか?(多分そうでしょうね)良い歌いっぱいあるんですけどね。例えばこの大正浪漫 featuring 緑魔子。
安全地帯「ワインレッドの心」「じれったい」
玉置浩二という人は天才ですから1曲選ぶのは難しいのですが、例えばこの曲。松井五郎の詞が怒ってるのが良いし、メロディも焦れた感じがよく出ている。
泉谷しげる「春夏秋冬」「春のからっ風」
泉谷しげるも名曲の宝庫なんだけど、哀しいかな多少とも売れたのは「春夏秋冬」だけなんだよね。フォーク系の作品では例えばこの歌なんか捨てがたい。
稲垣潤一「ドラマティック・レイン」「夏のクラクション」
前者はベトッと湿った曲、後者はカラッと乾いた曲。でも、「夏のクラクション 鳴らしてくれ」なんて、恋の終わりに胸が痛い。
内山田洋とクールファイブ「長崎は今日も雨だった」「愛の旅路を」
彩木雅夫や猪俣公章によるヒット曲にポツンと混じる藤本卓也作曲。山口あかりの詞も良くて何度もカラオケで歌っちゃってます。
尾崎紀世彦「また逢う日まで」「さよならをもう一度」
売上枚数では筒美京平作曲の「また逢う日まで」の約半分なのですが、曲の出来は劣りません。こちらは川口真作曲。このコード進行はなかなかのもんですよ。
オフコース「さよなら」「こころは気紛れ」
セールス的には失敗作なのだけれど、女性から離れて行く自分の心情を歌ったという点で画期的な詞だと思う。強烈な印象を受けた。曲も大好き。
甲斐バンド「HERO」「安奈」「かりそめのスウィング」
甲斐バンド結構好きだったんですよ。名曲ゾロゾロ。3rd シングルのこの曲は今で言うアンプラグド・ナンバー。フィドルが美しく、泣けてくるクリスマス・ソング。
ガロ「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「一枚の楽譜」
すぎやまこういちが2曲書いた後の村井邦彦作品。前2曲と違って1位にはならなかったけど、ライン・クリシェを織り込んだ名曲。
米米クラブ「浪漫飛行」「君がいるだけで」「FUNK FUJIYAMA」
米米は何と言ってもこの曲っしょ! 日本のファンクの歴史に燦然と輝く名曲中の名曲だと思いますよ。ジェームス小野田がちゃんと活きてます。
近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」「情熱・熱風・せれなーで」
筒美京平が近藤真彦に提供した曲の中でもピカイチのセンスだと思う。リズムが良いよね。ちなみにそれまでの4曲は馬飼野康二編曲。これは大谷和夫編曲。
郷ひろみ「男の子女の子」「小さな体験」
「よろしく哀愁」という歴史に残る名曲がありながらインパクトの強さから「男の子女の子」が選ばれることが多いのだけれど、まあ初期の曲ならこれか「裸のビーナス」か。
ザ・ゴールデン・カップス「長い髪の少女」「いとしのジザベル」
どちらもベタな曲であることに変わりはないのだが、違いはルイズルイス加部の見せ場があるかどうか。詳しくはここを読まれたし。
西城秀樹「傷だらけのローラ」「ラストシーン」
初期の鈴木邦彦や馬飼野康二の作品から離れて、もう如何にも三木たかし!って感じの転調、堪りません。年上の女性との恋愛を歌ったあざとい詞は阿久悠。
沢田研二「危険なふたり」「勝手にしやがれ」「君をのせて」
ソロ・デビュー曲。セールス的にはパッとしなかったけど、僕は宮川泰の作品の中でも最高傑作ではないかと思っている。岩谷時子の詞も素晴らしい。
シブがき隊「NAI・NAI16」「恋するような友情を」
このデビュー曲ではなく、こっちの解散直前に出したナンバー。中森明菜の「SAND BEIGE」などで有名な都志見隆による名曲。阿久悠の詞も素敵。
田原俊彦「哀愁でいと」「ハッとして!Good」
この人の歌はもう2度と聞きたくはないけど、宮下智って作家は好きなんですよね。他にも「ブギ浮ぎI LOVE YOU」とか「NINJIN娘」とか「チャールストンにはまだ早い」とか。
チェッカーズ「涙のリクエスト」「素直にI'm Sorry」
デビュー以来10曲以上芹澤廣明の作品でヒットが続いたが、メンバーの藤井尚之によるこれなんかいかにもチェッカーズらしい佳作だと思うよ。
豊川誕「汚れなき悪戯」「愛しあうには若すぎて」
安井かずみ・筒美京平の「汚れなき悪戯」も中村泰士作詞作曲の「愛しあうには若すぎて」もいずれも名曲。そしていずれも絶望的に暗くて惨め。心に沁みる。
にしきのあきら「空に太陽がある限り」「熱い涙」
デビュー曲の「もう恋なのか」を含め3曲とも浜口庫之助作詞作曲で全部良いのだけれど、これが一番キャッチーかな。誰も憶えてないかもしれないけど、スターにしきのの踊りがまたナイスだった。
フォーリーブス「地球はひとつ」「ブルドッグ」「あなたの前に僕がいた」
都倉俊一です。いかにも都倉俊一らしいナンバー。そして時間と空間をうまく合わせた北公次の詞にも当時感心した記憶がある。
柳ジョージ&レイニーウッド「雨に泣いてる…」「微笑の法則」「青い瞳のステラ、1962年夏…」
オリコン最高位73位の作品だけど、これは昭和歌謡史に残る名曲ですよ。柳ジョージではなくキーボードの上綱克彦の作曲。

Copyright©yama-a May.2007 (last modified in Aug.2014)mark

 女性版はこちらです

目次へ 次作へ 前作へ