ハワイアンへの道

私がウクレレを買う引き鉄となったのは、前にも書きましたとおりジェイク・シマブクロの演奏に触れたから(っつってもTVですけどね)です。

で、それとはまた別の遠因となっていたのが、これもまた以前書いたことなんですけど、自分は指が短くてギターでは無理だという発見であり、小さな楽器であれば指が短くても上手くなるかなという一縷の望みでした。

で、ウクレレ買って、教則本も何冊か買いましたが、当たり前ですが教則本には基本的にハワイアンの曲が載ってるんですね。

私はジェイク・シマブクロに憧れてウクレレを始めた訳で、つまりロックやジャズなどいろんな曲を彼みたいにカッコ良く弾きたかった訳で、別にもっちゃりとハワイアンを弾きたかった訳ではないのです(もちろんジェイクもハワイアンの曲たくさん演奏してますけどね)。

でも、まあ、いきなりジェイクの超絶テクにたどり着くはずがないので、とりあえずハワイアンからと思って始めてみたら、これもまたどこかに一度書いたことなんですけど、意外や意外、楽しーっ!んですよ、ハワイアンが。

で、今の私はすっかりハワイアンのおじさんです。まあ、まだまともに弾ける曲はないんですけど(って進歩遅すぎ!)、ほとんどハワイアンばっかり練習してて、これが実に楽Cんですよ。

まあ、私が歳を取ったということもあるでしょう。ジェイクというヒーローはいるにせよ、一般の若い人にとってはウクレレというのは決して格好良い楽器ではないでしょう。「高木ブーかよ」なんて揶揄されると、練習を始めたばかりの若い人は挫折してしまうかもしれません。

私は高木ブーで結構。楽しいもん。いや、早く高木ブーに追いつきたいです。

で、なんでこんなにハワイアンに嵌ってしまったのかと考えてみると、これはやっぱり昨日今日始まったことではなくて、背景というか素養というか、そういう何かがあったのだということに気づきました。

自分のCDラックを眺めていて気づいたんです。私のリスニング・キャリアの中にくっきりと見てとれるハワイアンへの道があったのだということに。

それはまず2枚のアルバムから始まります。

はっぴいえんどを解散した2人が期せずしてほぼ同じタイミングでエスニックなものに手を出しました。それまで日本と欧米のポップス一辺倒だった私に新しい展開を見せてくれたのがこの2人でした。その後も、この2人のアルバムは何枚か買ってます。

でも、ここで見えるのは、まだエスニックへの道。ハワイアンの影はありません。

その後、私は細野さんの人脈をたどって、久保田真琴にたどり着きました。そう、夕焼け楽団。後のサンセッツ。この楽団には私の小中学校の同級生である国府輝幸くんが参加していたということもあります。

で、久保田真琴から繋がって喜納昌吉。

つまり、海外エスニックから沖縄に回帰してきた訳です。

また、「花」繋がりで、おおたか静流。

と、日本の名曲のリバイバル、カバーに目が向いて、

なども買うに至りました。

また、逆に海外にも振れていて、

とか、

と、このまま行ったら東南アジアから帰って来られない可能性もあったのですが、一方で(話は戻りますが)サンセッツと言えばサンディで、その線からまた日本に帰って来たと言うかポリネシアに漕ぎ出したと言うか…。

サンディのアルバムは4枚持ってます。

この辺りから本格的にハワイアンが混じって来てるんですね、私のミュージック・シーンに。

そして羅針盤をハワイ方面に合せる決定的な働きをしたのが次の2枚のアルバムでした。

何かに釣られて(何に釣られたのか既にもう覚えていません)この2枚を買ったこと、そして、この2枚が名作であったこと。

多分市場ではもう却々手に入らないでしょう。こういうものが私のCDラックに並んでいて、しかも割合頻繁に聴いていたということを考えると、私がハワイアンに取り込まれて行くのももう時間の問題だったのでしょう。

ところが、私自身は、こういうアルバムを聴いていたということとウクレレを買ったという行為が全く頭の中で結び付いていなかったのです。

でも、私は早晩ウクレレに見出され、ハワイアンに嵌って行く運命にあったのでしょう(音楽によって聴衆が見出され、音楽に聴衆が共有されるというのが、ここ最近の私の境地です。興味があればこれも読んでみてください)。

そして、突然思い出したことがもうひとつ。

商店街の抽選に当たって私が生まれて初めての海外旅行でハワイに行ったとき、シダの洞窟で不意に流れてきた『ここに幸あり』。

私はそれが日本の古い流行歌であることは辛うじて知っていました。なぜその歌を、こんなとこで、現地人のおっさんがウクレレの伴奏で朗々と歌っているのかは判りませんでした(後に調べるとハワイでもヒットしたんですね)が、それにしても如何にもハワイアンという感じにマッチしてて、非常に心地良かったんです。

あの頃から既に、私の心は1)ハワイアン、2)日本の古い歌の発掘という2つの方向に流れ始めていたのではないかと思うのです。

流れに乗るというのは非常に気持ちの良いことであると思う今日この頃です。
それは音楽の話でもあり、人生の話でもあります。

指が勝手に音楽の流れに乗って動くようになって来たら、きっと本物だと言えるんでしょうね。

Copyright©yama-a Sep.2007mark

目次へ 次作へ 前作へ