見つめていたい

2月にポリスの大阪公演を聴きに行って、Every Breath You Take って本当に名作だなあと改めて思いました。

曲も良いけど、まずは歌詞なんですよね。そして、この歌の邦題『見つめていたい』も驚くべき名訳だと思います。単語レベルでは原題との共通部分はありませんが、その雰囲気を見事に伝えています。

現代を直訳すると「あなたのひと呼吸ごとに」となって、まるで医師の診断みたいになってしまいます。でも、この breath という単語のニュアンスは伝えたい。そう、息づかいが伝わってくる感じ。

原題では恋する相手の女性の息づかいですが、邦題では見ている男性が「息を呑む」感じにすり替わっています。

──などと書くと、「そんなことはない。タイトルは訳しにくかったので、サビの部分の歌詞I'll be watching you を訳して邦題にしただけ」という反論があるでしょう。確かに現象的にはそうです。でも、そのことによって英日両方のタイトル(歌詞)に共通性が再構築されたような気がしませんか?

私はそういう翻訳(邦題のつけ方)こそが名訳だと思うのです。

この『見つめていたい』というタイトルによって、彼女の一挙手一投足に、1回ごとの息づかいに、息を呑んで見つめている感じがよく出ていると思います。

take, make, break, fake などで脚韻を踏んでいるところはボブ・ディランの Just Like A Woman を思い出させます。これも大好きな歌詞です。

breath 繋がりで言うと Take My Breath Away っつうのもありましたね。映画『トップガン』のテーマ、ベルリンによる86年のナンバーワンヒットなんですが、これは邦題が『愛は吐息のように』という今イチな訳。

歌全体の雰囲気やニュアンスを伝えようとするのではなく、原題に breath という単語があったから邦題でも「吐息」という単語を使ってみました、という表層的な技巧。

REO スピードワゴンの Can't Fight This Feeling を『涙のフィーリング』としたのと同じような感じ。この『愛は』とか『涙の』とかいう常套句、なんとかなりませんかね。

映画の邦題についても同じようなことを憤って何度か書きました(その1その2)が、歌の邦題も同じなんですよね。昔は日本のレコード会社はアメリカン・ポップスの邦題の付け方に心血を注いて来ました。

そして、その成果が『見つめていたい』のような名訳でした。Karma Chameleon を『カーマは気まぐれ』とする工夫でした。

それが80年代になってくると、ほとんど原題をそのままカタカナに置き換えたものが急増します。そして、意訳された見事な邦題とカタカナにそのまま置き換えた邦題の中間に位置するのが、『愛は』『恋する』『涙の』『悲しき』等々をあしらった中途半端な邦題。これならカタカナそのままのほうがまだマシなような気もします。

Total Eclipse of the Heart が『愛のかげり』って、つまんねーの。一気に情緒喪失。まだ『心の皆既月食』っつう直訳のほうがよっぽど良くないですか?

さて、話をもう一度『見つめていたい』に戻して、今度は every 繋がりで言うと Everytime You Go Away (ポール・ヤング)っつうのもありました。これも名作ですね。作ったのはダリル・ホールです。

で、Everytime you go away, you take a piece of me with you という、この歌詞が訳せない! でも、解りますよね、恋の初めのこんな喪失感!

でも、訳せないから全部カタカナでそのまんまの邦題になってしまいました。

そして今、歌の世界もカタカナそのまんまの邦題ばかりになってしまいました。私はこれが不思議で仕方がありません。日本語と英語の特性に違いに思いを馳せながら「らしい」邦題をつける作業って輸入音楽産業のある種の醍醐味だと思うんですけどね。

歌詞はどんどんないがしろにされる傾向があります。並行して鑑賞する能力も退化しつつあるのではないでしょうか。ポップスの世界はこの肝どころを捨てて一体どこへ行こうとしているのか、少し注意して見つめていたい思いです。

Copyright©yama-a Mar.2008mark

目次へ 次作へ 前作へ