またウクレレを買う

もう1本ウクレレを買ってしまいました。

ギターをやってた頃には、プロじゃあるまいし2本も3本も買ってどうする?という思いがあったのですが、ウクレレの場合は少し違う事情があってのことです── Low G チューニングがやりたかったんです。

ウクレレのチューニングは4弦から順に G, C, E, A です。で、このチューニングのミソは4弦の G が一番低いのではなく一番高い1弦の2度下の音であって、つまり4弦が1弦に次いで高いということなんです。この基本チューニングのことを High G チューニングと言います。

これがウクレレの響きが独特である所以であり、ギターなんかに比べてはるかにトリッキーな弾き方ができる面白さがあります。

ところがこのチューニングには弱点があって、音域が極めて狭くなるということです。

そもそも弦が4本しかなくて、また小さい楽器なのでネックも短いため、あまり広い音域はカバーできません。それなのに4弦をオクターブ上げてしまっているので、ますます音域が限られてしまうのです。

それを解消するのが Low G チューニングです。つまり、4弦をオクターブ下げて一番低い音を出す弦にするのです。こうするとギターの1〜4弦と(高さは違うけど弦同士の関係は)同じ並びになります。音域が広がるのでソロ演奏にはもってこいになります。

ウクレレの名手ハーブ・オータ(オータサン)みたいに専らこのチューニングで弾いている人もいます。市販されているウクレレの教則本も High G 用と Low G 用に別れています。

ギタリストからはこう言われるかもしれません。

だからと言って別にもう1本ウクレレを買わなくたって良いじゃないか。ギターにだって変則チューニングはあるけど、その都度チューニングしなおせば良いだけのことであって、変則チューニング用にもう1本なんて贅沢する奴はいないよ。

はい、ギターにも確かにオープンGとかドロップDとかの変則チューニングはあります。しかし、それと違うのは、ギターのオープンGやドロップDは何本かの弦を緩めれば良いだけなのに対して、ウクレレの場合は弦ごと交換する必要があるのです。

日本人の名ウクレリアンのIWAOみたいに5弦からなる特製ウクレレを購入して、4弦は High G、5弦は Low G になんてウルトラCもありますけど、これは一般人が使う手ではありません。

ukuleles

それにウクレレはギターと違って弾き終わってもチューニングを緩める必要がない(むしろ張りっぱなしのほうが良い)楽器なので、1本は High G に、もう1本は Low G に合わせて置いておくと非常に重宝する訳です。

という訳で、会社帰りに梅田の阪急三番街のナカイ楽器で見ていたら、店員さんが来て「音鳴らしてみても良いですよ」というのでお言葉に甘えて弾いてみたら、値段の割には思いのほか良い音が鳴るのがあって、即買っちゃいました。

右の写真の左側が新しく買った¥29,800、右側が2006年の正月に買った¥68,000。

今持っているものと音色が違うところも、これを選んだポイントです。この新しいウクレレは、カラコロとした軽い乾いた響きで、如何にもウクレレらしい、と言うか、最初に買った奴は多分典型的なウクレレの音色からは少し外れていたのだと思います。

古いほうはコンサートで、今度買ったのはソプラノですが、12フレット・ジョイントではなく14フレット・ジョイントです。ここもポイントでした。

で、「Low G 弦を1本下さい」と言ったら店員さんが選んでくれたのですが、家に帰って見てみたら、これどう見てもギターのD弦(4弦)じゃないですか? えー、こんなことすんの?

と訝りながら張ってみたら、なるほど、ベースだけ少し響きが違うので強調されて面白い音になります。ふーん、こういうやり方があるんだ。

後から気づいたのですが、『ウクレレ上達100の裏ワザ』という本にも「クラシック・ギターの4弦を買ってきて張り替え」という記述がありました(読んだはずなのに憶えてませんでした)。ただし、この弦だけ巻き弦なので寿命は短くなるのだとか。

で、Low G 用の曲を弾いてみると、我ながらびっくり、4弦がオクターブ下がっただけで、これ、全く違う楽器になりますよね。ああ、楽しい!

実は持っている教則本の中に1冊だけ間違って買った Low G 用のものがあって、ここに載っている80曲余りの楽譜がずっと無駄になっていたのですが、漸く弾ける日が来ました。何曲か弾いてみると、本当に High G とは違う響きです。

なんと楽しいことでしょう。

ウクレレの道はまだまだ先まで続きそうです。

さて、最後にウクレレ同志のために、特にこれからウクレレを始める、あるいはウクレレを買ったばかりという人のために、私が持っている数多くの教則本・楽譜集のうちからお勧めをいくつか紹介しておきます。


全く楽器に触ったことがない人でしたら、いきなりこれらの本は難しいと思います。少し練習してからトライしてみてください。

ギターをやっていた人なら、最初に読む教則本としても適当だと思います。
ではまた、互いに精進しようではありませんか。

なお、私の Amazon Store ではもっとたくさんの教則本を紹介しています。ご参考までに。

Copyright©yama-a Dec.2008mark

目次へ 次作へ 前作へ