カバー・アルバム

カバーバージョンが盛んです。最近で言えば徳永英明の『VOCALIST』のシリーズや中森明菜の『フォーク・ソング 〜歌姫抒情歌』とか、あるいはもう少し前なら井上陽水の『UNITED COVER』とか…。

上で挙げたものは実はどれも持っていないのですが、私もカバー・バージョン、カバー・アルバムは大変好きで結構たくさん所有しています。それで今回は手持ちの(かつてアナログ盤で持っていたものも含む)カバー・アルバムについて書いてみました。

ただし、今回は日本の歌のカバー・アルバムのみに限定して、全曲が外国曲のアルバムは除外しています。

それから、トリビュート・アルバムも(これももちろんカバー・アルバムの一種ですが)少し趣きの違うものと考えて外しました。トリビュート・アルバムについては別の機会にまた書いてみたいと思っています。

今回採りあげたアルバムについては私の Amazon Store にも上げておきましたので、ジャケ写をご覧になりたい方はそちらをどうぞ。ただし、マイナー志向なせいか、Amazon が写真を用意してくれていないアルバムも多いです(笑)。ご容赦ください。

さて、私が生涯最初に手に入れたカバー・アルバムって何だったろう、と考えてみて、最初に思い当たったのは甲斐バンドのリーダー・甲斐よしひろが1978年にソロで出した『翼あるもの』でした。

シンガー・ソングライター全盛の時代です。自分で作った曲を歌うのでなければ下手すると馬鹿にされたりするような時代にこういうアルバムを出すなんて、甲斐よしひろって偉いなあ、といたく感心したのをよく憶えています。過去の名曲をリスペクトしようとする彼の試みに対して、私も心からのリスペクトを捧げたのでした。

ところが、よくよく考えてみると、私はこれよりも前にもカバー・アルバムを持っていたのです。今回は時系列で書いて行くので、こっちを先に書きます。

それは吉田拓郎の『ぷらいべえと』でした。ジャケットの絵は確か拓郎自身の筆によるものだったはずです。

『ぷらいべえと』吉田拓郎(1977年)
  1. 夜霧よ今夜もありがとう
  2. 恋の歌
  3. 春になれば
  4. ルームライト
  5. いつか街で会ったなら
  6. 歌ってよ夕陽の歌を
  7. やさしい悪魔
  8. くちなしの花
  9. 赤い燈台
  10. 悲しくてやりきれない
  11. よろしく哀愁
  12. メランコリー
  13. あゝ青春

不思議なことに、私はこのアルバムに対しては『翼あるもの』に対するような熱い思いを感じませんでした。そんな風に肩に力が入ることもなく、なんかすんなりと受け入れてしまったのでした。その辺りが逆に拓郎の偉大さであるような気もします。

彼もまたシンガー・ソングライター時代の申し子であり、その時代を代表するシンガー・ソングライターだったことは間違いないのですが、しかし、彼は昔から他人の曲も演ってました。

日本のフォーク運動の歴史の中で「替え歌をしてみよう」というというのは結構大きなテーマでした。そういう流れの中で、ザ・ディランUがボブ・ディランの"I Shall Be Released"から『男らしいってわかるかい』を作り、豊田勇造はなんとボブ・マーリーの"No Woman No Cry"を『走れアルマジロ』にしてしまいました。

同じように吉田拓郎はレイ・チャールズの"What'd I Say"を『わっちゃいせい』と歌い、ボブ・ディランの『ハッティ・キャロルの寂しい死』を『準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響』に作り替えました。そしてまた、斉藤哲夫の『されど私の人生』を、これはそのまま歌ってました。

自由そうに見えて、でも、その自由は今の自由のような脳天気なものではなく必ず思想的な裏打ちを必要としていたので、結構窮屈な時代でした。岡林信康も、吉田拓郎も、豊田勇造も、他にも多くの歌手がステージ中に「帰れ!」という罵声を浴びせられました。

フォークのくせに歌謡曲と同じように恋愛を歌った『結婚しようよ』も一部の人たちから強い批判と拒絶に遭いました。

そんなときに吉田拓郎は「フォークって自由の歌じゃなかったのかい。フォークがそんなに窮屈なものなのなら、僕はこれから演歌歌手と呼ばれても構わない」と言い放ちました。

彼は多くのものを壊しました。彼がブルドーザに喩えられる所以です。

前置きが長くなりました。『ぷらいべえと』のようなカバー・アルバムを出すというのも、あの時代(のフォークと言われた歌手たち)にあっては画期的なことだったということが言いたかったのです。

ただ、多くのものを叩き壊しながら走ってきた吉田拓郎の一連の動きの中で、このアルバムは既に初期のころのような闘争心剥き出しのものではなく、もっと力の抜けたものでした。だから私も何も考えずすんなりと受け入れたのだと思うのです。

このアルバムはカバーと言いながら、由紀さおり(4)、中村雅俊(5)、森山良子(6)、キャンディーズ(7)、梓みちよ(12)、トランザム(13)らに提供した楽曲のセルフカバーであったり、自分自身による再録(2)であったりが多いのですが、全く他人の曲である(1)(8)(10)(11)辺りが大変素晴らしい出来です。

尊敬する加藤和彦の作品である(10)は別として、当時既に拓郎は歌謡曲の歌手に曲を提供していたとはいえ、縁もゆかりもない歌謡曲歌手のレパートリーから(1)(8)(11)を採ったところに私は驚きました。そして非常に肩の力が抜けた名演になっているのです。

吉田拓郎は「あてがわれた曲を歌う」歌謡曲の歌手という古いテーゼに対するアンチテーゼとして、「自分で作って歌う」フォークの旗手として登場し、そしてついに「自分で選んだ曲を歌う」というジンテーゼに止揚したと言えるのではないでしょうか。

セルフカバー作品の中では、かなりアレンジを変えた(7)が良いです。

さて、その後が甲斐よしひろの『翼あるもの』です。

『翼あるもの』甲斐よしひろ(1978年)
  1. グッド・ナイト・ベイビー
  2. えんじ
  3. 10$の恋
  4. サルビアの花
  5. 喫茶店で聞いた会話
  6. ユエの流れ
  7. あばずれセヴンティーン
  8. 恋のバカンス
  9. マドモアゼル・ブルース
  10. 薔薇色の人生

選曲がシブいですよね。「幻の名曲発掘」的なものからアマチュア時代の友だちの作品まで入っています。

甲斐バンドと憂歌団なんて全く繋がりが見えないのに(3)が入っているのが不思議な感じです。

ザ・ピーナッツの(8)は別として、ザ・キングトーンズの(1)は誰もが忘れかけていた珠玉の名曲を思い出させてくれました。私は大瀧詠一が自分のアルバム『Niagara Moon』(1975年)にキングトーンズを起用したのと、このアルバムで甲斐よしひろがこの曲を取り上げたことが、キングトーンズの再評価に大きく寄与したと思っています。

他にも早川義夫/もとまろの(4)、かまやつひろしのB面の曲だった(5)、GS(しかもジャガーズ!)の(9)など非常にこだわりの感じられる選曲です。(9)では"Baby Be My Free"という原曲の無茶苦茶英語を"Baby, Be My Freedom"に変えて歌っていたのが妙に印象に残っています。

甲斐よしひろは2003年にこのアルバムの続編『翼あるもの(2)』を出しています。私はこちらは持っていないのですが、『八月の濡れた砂』とか『沖縄ベイ・ブルース』とか『そして僕は途方にくれる』など、なかなか良さそうな感じです。

さて、その次に買ったのが桑名晴子の『MOONLIGHT ISLAND』です。

『MOONLIGHT ISLAND』桑名晴子(1982年)
  1. ほうろう
  2. CHOO CHOOガタゴト
  3. ウララカ
  4. DOWN TOWN
  5. あの頃のまま〈MOONLIGHT SIDE〉
  6. I LOVE YOU
  7. ムーンライト・サーファー
  8. 夢で逢えたら
  9. 夜の海
  10. YORU NO UMI(PART2)

名盤です。選曲の良さを言う前に歌の巧さを挙げるべきでしょう。桑名晴子と岩崎良美は、ともに兄/姉の陰に隠れてしまって過小評価されているけれど、抜群に良い声だしテクニックもある歌手だと思います。

細野さん、達郎、ユーミン、PANTA、大瀧詠一、下田逸郎などさまざまな(でも割合統一性のある)作家の作品を取り上げている中で、一番の注目は(1)でしょう(これも細野晴臣作曲ですが)。小坂忠の伝説的な名盤のリメイクです。

続いて、同じ年にはこんなものも買っています。

『民族の祭典』巻上公一(1982年)
  1. 森の小人
  2. 国境の町
  3. 桑港のチャイナ街
  4. アルタネイティヴ・サン
  5. 私の青空
  6. イヨマンテ(熊祭)の夜
  7. おおブレネリ
  8. マヴォの歌
  9. 赤い靴
  10. 不滅のスタイル

曲名を見れば一目瞭然ですが、これすごいでしょ。東海林太郎(2)とか渡辺はま子(3)とかエノケン(5)とか伊藤久男(6)とか・・・。かと思えば(1)(7)(9)みたいな作品も入ってて。

知らない人もいるかもしれないので書いておくと、巻上公一はヒカシューのボーカリストです。村上春樹の『風の歌を聴け』が大森一樹監督で映画化された時には「鼠」役で出演していました(このアルバムが出る前年です。ちなみにその時の「僕」役は小林薫でした)。

ヒカシューというバンドはかなり奇を衒ったサウンドを売り物にしていたバンドですが、このアルバムではこんな風な正統/正調とも言える作品を並べていること、そして何よりも巻上の圧倒的な声の伸び! 怒涛の声量!──この2点が驚きであり成功です。

(6)なんか、あの原曲よりも迫力があるし、(9)が怖い!

彼はこの続編も出していて、私はそれも買いました。

『殺しのブルース』巻上公一(1992年)
  1. さいざんすマンボ
  2. 女を忘れろ
  3. 待ちぼうけの喫茶店
  4. 悪人志願〜雨と風の詩
  5. すきやきエトフェー
  6. 夜空の笛
  7. 東京の屋根の下
  8. 帰ってきたヨッパライ(ニューヨーク・ヴァージョン)
  9. うつろ
  10. マリアンヌ
  11. 殺しのブルース

こっちはちょっとマイナー志向になりすぎた感があります。ただ、トニー谷(1)とか守屋浩の『僕は泣いちっち』ではなくて(6)とか、ジャックスの(10)とか、よくぞ選んでくれた!という曲が並んでいます。

それから(5)はこんなタイトルになっていますが原曲は"SUKIYAKI"、つまり坂本九の『上を向いて歩こう』です。

さて続いては私が持っている数少ない歌謡曲のアルバムです。

『星影の小径』ちあきなおみ(1985年)
  1. 星影の小径
  2. 雨に咲く花
  3. 港が見える丘
  4. 上海帰りのリル
  5. 青春のパラダイス
  6. ハワイの夜
  7. 水色のワルツ
  8. 雨のブルース
  9. 夜霧のブルース

歌謡曲においてはカバーなんてのは日常茶飯事なんでしょうが、なんせ歌の巧い歌手ですし、選曲が良いので。アレンジは武川雅寛と倉田信雄が手掛けていて、選曲自体は定番ナツメロですが、結構歌謡曲離れしたテイストになっています。

発売当初は『港が見える丘』というアルバム・タイトルでしたが1993年にこのタイトルで再発されました。

これはもうちあきなおみの歌唱力が全てと言って良いアルバムです。

続いてはこんなアルバム。これも歴史的名盤と言って良いのではないかな。

『CHARMING』スターダスト・レビュー(1986年)
  1. Charming
  2. 踊りあかそう(I Could Have Danced All Night)
  3. 星に願いを(When You Wish Upon A Star)
  4. 上を向いて歩こう
  5. Lazy Afternoon
  6. Sweet Memories
  7. 雨に歌えば(Singin' In The Rain)
  8. Goodnight

独りアカペラ・コーラスとなると山下達郎ですが、アカペラ・グループの走りと言えばこの人たちでしょう(しかも歌うだけでなく、楽器もやるし、作詞作曲もする)。

私はひとえに(4)がほしくて買ったのですが、意外に良かったのが(2)でした。

この人たちはこの手の試みをかなりたくさんやっていて、私はこのアルバムしか持っていないのですが、その後もトータル・カバー・アルバムとして『DEVOTION』(1999年)、『ALWAYS』(2008年)などを発表しています。

特筆すべき選曲としては、『DEVOTION』では『大きな古時計』を、『ALWAYS』ではムーンライダーズの『あの娘のラブレター』を採り上げているところかと思います。

ちなみに上記ちあきなおみまでがLP、このスタレビからがCDでした。

さて、Jポップ満開の80年代後半にも次々とカバー・アルバムは発売されています。私が次に買ったのはこれです。

『POP TRACKS』EPO(1987年)
  1. 三番目の幸せ
  2. いつか
  3. セクシー・バス・ストップ
  4. さよならは2Bの鉛筆
  5. 夢見ちゃいなタウン
  6. TRY TO CALL
  7. 12月の雨
  8. いとしのエリー
  9. LOVIN' YOU

残念ながらこのCDは廃盤になってしまったようです。Amazon で検索しても出てきません。

曲名を聞いてもピンとこない作品も多いですが、私が聴きたかったのは(3)。歌手・浅野ゆう子の大ヒット曲が甦りました。

それから(8)。サザンの名曲中の名曲。この曲もたくさんの人がカバーしていますが、私はレイ・チャールズが歌ったシングル盤も持っています。

続いて80年代の最後はこれ。

『ナツメロ』小泉今日子(1988年)
  1. 学園天国
  2. S・O・S
  3. お出かけコンセプト
  4. 赤頭巾ちゃん御用心
  5. レディセヴンティーン
  6. 尻取りロックンロール
  7. 恋はベンチシート
  8. やさしい悪魔
  9. Soppo
  10. 赤ずきんちゃん御用心
  11. 夢見る16才
  12. バンプ天国
  13. アクビ娘
  14. みかん色の恋

これはキョンキョン全盛期ということもあり、ビッグ・セールスになりました。

ピンクレディ(2)やキャンディーズ(8)はともかくとして、レイジー(4)、ジューシー・フルーツ(7)、ずうとるび(14)を選ぶあたり、抜群のセンスです。(13)も良いところに目をつけました。

いやあ、このアルバムは楽しいです。

90年代に入るとこんなのもありました。

『うたの引力実験室』チャカと昆虫採集(1991年)
  1. ひまわり娘
  2. バスストップ
  3. ハッピー・トーク
  4. アイスクリームの唄
  5. 地球はメリーゴーランド
  6. グッド・ナイト,スリープ・タイト・メドレー
  7. 春の唄
  8. 赤いサラファン
  9. ベンのテーマ
  10. スウィート・メモリーズ
  11. 明日があるさ
  12. 街の灯
  13. 大きな古時計

ともかく(1)と(2)が光ってるでしょ? 伊藤咲子と平浩二の名曲!

チャカと言っても馴染みのない人もいるだろうから書いておくと、松浦雅也と2人でPSY・S(サイズ)というユニットを組んでいた女性で、彼女が楠瀬誠志郎らと実験的に組んでいたのがこの"昆虫採集"でした。

「おとぎばなしの王子でも昔はとても食べられない…」の(4)とか「ラララ紅い花束車に積んで…」の(7)とか、ものすごく懐かしい曲があります。松田聖子(10)や堺正章(12)もあります。

で、最後に入っているのが『大きな古時計』。これは上に書いたようにスタレビの1999年発売の『DEVOTION』にも収められています。平井堅が2001年にヒットさせたのは決して唐突ではなく、今までも広く愛され何度もカバーされてきた曲だということが分かります。

1991年発売のアルバムをあといくつか。

『COME AGAIN』SANDII(1991年)
  1. 蘇州夜曲
  2. SURIRAM
  3. TE CHÉAIA À JAMAIS
  4. IKAN KÉKEK
  5. SUKIYAKI
  6. SURIRAM
  7. TE CHÉAIA A JAMAIS
  8. IKAN KÉKEK
  9. U DON'T CARE

このアルバムも廃盤のようです。

サンディーはカバーアルバムを数多く出しています。最近ではハワイアン/ポリネシアンが中心ですが、この当時は東南アジアから沖縄あたりにかけての曲をよく採っていました。

夫君・久保田麻琴を通じて(だろうと思うのですが)ディック・リーとの親交もあり、お互いに似た曲を演ってました。

(5)もそうです。この曲はこの後のブレイヴ・コンボのアルバムにも収められていますが、私は一時『上を向いて歩こう』のカバーを集めるのが楽しみでした。さすがに日本を代表するポップスだけあっていろんな人がカバーしています。

しかし、私がサンディーのこのアルバムをほしかったのは何と言っても(1)のせいです。私はこれは日本の歌謡史に残る名曲だと思っています。このアルバムにおけるアレンジも素晴らしいと思います。

この曲はサンディーのお母さんが亡くなる間際にサンディーにリクエストしたという、彼女にとっての思い出の曲らしくて、アルバム『Pacific Lounge Classics』にも収められています(タイトルは『Soshu Yakyoku』になってますが)。こちらもルネ・パウロのピアノと、ザ・ナショナル・オペラ&バレエ・オブ・チャイナのストリングスが素晴らしく、まさに絶品の仕上がりです。

それから(6)に喜納照吉とチャンプルーズの『花』が入っていますが、これは後述するおおたか静流のほうが先です。

さて、次にブレイヴ・コンボです。

『ええじやないか』ブレイヴ・コンボ(1991年)
  1. 青い山脈(Blue Mountain)
  2. アキラのええじゃないか
  3. カスタネット・タンゴ
  4. スキヤキ・トゥイスト
  5. ダイナ
  6. スキヤキ・トゥイスト(カラオケ)

このアルバムは笑えるよ、もう最高傑作! 音楽のジャンルとしては"ポルカ"です。んで、メンバーは日本人じゃないです。外国のバンド。何人だかよく分からない(笑)

その外国人が意味不明の日本語の書かれたはっぴや鉢巻きを着用して、カタコトの日本語で、ポルカのリズムに乗って、日本のナツメロを歌うんです!

なんせ服部良一先生の『青い山脈』ですから。んで(2)の"アキラ"は小林旭です。それからトゥイスト・バージョンの『上を向いて歩こう』があって、酔っぱらいが歌う『ダイナ』があります。もう、解説読んでるだけで笑えてくるでしょ?

さて、1991年と言えばおおたか静流(しずる)の『リピートパフォーマンス』が出た年です。このカバー・アルバムのシリーズは現在 vol.5 まで出ています。私が持っているのは初めの3枚です。

『リピート・パフォーマンスI』おおたか静流(1992年)
  1. マンジュシャゲ
  2. ブンガワンソロ
  3. 林檎の木の下で
  4. アカシアの雨がやむとき
  5. 夜来香
  6. 悲しくてやりきれない
  7. じんじろげ
  8. ゴンドラの唄
  9. ウスクダラ
  10. 花(すべての人の心に花を)
  11. 流れのままに

おおたか静流と言えば何と言っても(10)の『花』でしょう。喜納照吉のオリジナルはもちろん知ってましたし、買って持ってました。富士フィルムのCMで女性の声でこの曲が流れて来た時に強い衝撃を受け、「これは一体誰なんだ?」と調べ回ったらおおたか静でした。

今でこそ元ちとせをはじめ何人かいますが、当時は琉球唱法を身に付けた歌手はほとんどいなかったのではないでしょうか。

『蘇州夜曲』『桑港のチャイナ街』と並ぶチャイニーズ歌謡名曲の(5)とか、拓郎もカバーした(6)とか、日本最初の流行歌と言われる(8)とか、ムーンライダーズもカバーした(9)とか、非常に多彩な選曲ですが、このアルバムは『花』に尽きます。

91年1月に発売になった時、飛びつくようにして買いました。そして、その後も私はこのシリーズを買い続けたのでした。

『リピート・パフォーマンスII』おおたか静流(1993年)
  1. 水源(みなもと)〜ホエア・トゥ・ビギン
  2. みんな夢の中
  3. 月がとっても青いから
  4. 夏の日の想い出
  5. 蘇州夜曲
  6. 安里屋ユンタ
  7. 戦争は知らない
  8. あんまりあなたがすきなので
  9. 何日君再来
  10. 風に抱かれて〜レインボウズ・ハイ

ここでも『蘇州夜曲』が出てきました。それ以外でも高田恭子の(2)とか、日野てる子の(4)とか、とっても素敵な選曲です。

『リピートパフォーマンスIII』おおたか静流(1995年)
  1. 鎮魂詠歌
  2. 上を向いて歩こう
  3. 真赤な太陽
  4. 野ばら
  5. 花・太陽・雨
  6. 星屑の町
  7. 天国と地獄
  8. ちいさい秋みつけた
  9. いとしのエリー
  10. 愛は降る

ここでは"SUKIYAKI"(2)です。そして美空ひばりの(3)、ポストGS時代の幻の名グループ PYG のデビュー曲(5)、そして童謡の(8)があって、サザンの(9)へと続きます。

その後『リピート・パフォーマンスIV』が1998年に、『REPEAT PERFORMANCE V』が2005年に出ましたが、外国曲が増えて来たので私は買うのをやめた次第です。

大物シンガー・ソングライターのカバーアルバムではこんなのを持っています。

『SUPER FOLK SONG』矢野顕子(1992年)
  1. スーパー・フォーク・ソング
  2. 大寒町
  3. サムデイ
  4. 横顔
  5. 夏が終る
  6. ハウ・キャン・アイ・ビー・シュア
  7. モア・アンド・モア・アモール
  8. スプリンクラー
  9. おおパリ
  10. それだけでうれしい
  11. 塀の上で
  12. 中央線
  13. プレイヤー

これも良いですよね。ピアノの弾き語りが心に沁みてきます。デビュー・アルバムにも変拍子の『丘を越えて』が収められていたように、良いものは屈託なく採り込んで行くのが彼女の魅力の一つです。

このアルバムにおける白眉ははちみつぱいの(11)と宮沢和史(THE BOOM)の(12)。あと矢野顕子が佐野元春(3)を歌うなんてとても意外でした。

それから、これはどうじゃ。

『イミテーション・ゴールド』あがた森魚(1993年)
  1. 星のフラメンコ
  2. 恋のバカンス
  3. さらばシベリア鉄道
  4. 禁区
  5. りんご園のロボットさん(THE ROBOTS)(りんご追分入り)
  6. 天使の誘惑
  7. 君のひたいに光る汗
  8. 白銀はまねくよ
  9. サイレント・イヴ
  10. 夜明けのうた
  11. 丘を越えて

大好きなんですよ、あがた森魚。この良さは筆舌に尽くしがたい。真の意味での"抒情派"だと思います。

選曲の多彩さ(時代もジャンルも)。音の多国籍ぶり。アレンジャーは細野晴臣、白井良明、高浪敬太郎ほか。この名前を見ただけでも垂涎ものでしょ?

そして、21世紀に入ってすぐに次の名盤が出ました。

『唄ひ手冥利〜其の壱〜』椎名林檎(2002年)
ディスク:1
  1. 灰色の瞳 / ウニャ・ラモス (with 草野マサムネ)
  2. more / アンディ・ウイリアムス
  3. 小さな木の実
  4. I WANNA BE LOVED BY YOU / マリリン・モンロー
  5. 白い小鳩 / 朱里エイコ
  6. LOVE IS BLIND / ジャニス・イアン
  7. 木綿のハンカチーフ / 太田裕美 (with 松崎ナオ)
  8. YER BLUES / ビートルズ
  9. 野薔薇
ディスク:2
  1. 君を愛す / カルメン・ドラゴン
  2. jazz a go go / フランス・ギャル
  3. 枯葉 / エディット・ピアフ
  4. I won't last a day without you / カーペンターズ (with 宇多田ヒカル)
  5. 黒いオルフェ / アントニオ・カルロス・ジョビン
  6. Mr.Wonderful / ペギー・リー
  7. 玉葱のハッピーソング / マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル (with 椎名純平)
  8. starting over / ジョン・レノン
  9. 子守唄

CDショップでディスク2の(8)を耳にして即買いしました。ディスク1の(5)なんて、どこからこんな忘れられた名曲を掘り起こしてきたのかと思います。しかもこれが素晴らしい! 聴いていて震えが来るぐらい。この1曲だけでも買う値打ちがあると思います。

さて、かなり疲れてきましたが、あと2枚だけ紹介しておきます。

『ミスゴブリンのおとみさん』ミスゴブリン(2004年)
  1. ミスゴブリン・ジングルNO.5 〜美しき天然
  2. おとみさん / TOMMY
  3. ミスゴブリン・エンターテイメント・レビュー オープニング
  4. 恋は気分
  5. 哀愁駅員 〜恋のアナウンス〜
  6. 哀愁列車
  7. 月影のランデヴー
  8. ソープシアター「ラストオーダーをあなたに」
  9. さよならはダンスの後に
  10. ミスゴブリン・プチレビュー 〜嘆きのボンジュール〜
  11. 憧れのハワイ航路

これもかなり面白いです。なんと言うかディスコ/ハウスっぽいお笑い昭和歌謡。ラジオから(2)が聞こえてきて、探して即買いでした。なんせ春日八郎とか三橋美智也とか岡晴夫とかいう大ナツメロで一生懸命遊んでいるところが良いです。

んで、なんだか分からんけど、聴いてると乗ってくるんです。いや、ホントに。プロデュースが高浪敬太郎だと言えば、その感じがお解りいただけるでしょうか。

続いてこれ。

『ワンスモア』the Indigo(2006年)
  1. そして僕は途方に暮れる
  2. 赤い風船
  3. 情熱の薔薇
  4. 眠れぬ夜
  5. HELLO, MY FRIEND
  6. 不思議なピーチパイ
  7. MY GIRL
  8. やつらの足音のバラード
  9. 天使のウィンク

the Indigo も良いですよねえ。

彼らは2002年にまず洋楽カバーの『My Fair Melodies』を出します。"FEEL LIKE MAKIN' LOVE"とか"PERFECT"とか"LOVIN' YOU"とか、いかにも the Indigo らしいと言うか、逆に彼らのルーツは奈辺にあるかが窺えるような選曲でした。

そして、2004年には続編『My Fair Melodies 2』を発売します。今度は"Satisfaction"とか『名前のない馬』とか凡そ彼らのイメージからは遠い曲を、逆にいかにも彼ららしいアレンジで聴かせてくれました。

そして、その2年後に出たのがこのアルバムです。

多くの歌手がカバーしている(1)、もう一度聞きたいけどできれば浅田美代子では聞きたくない(2)、The Blue Hearts の名曲(3)、オフコース初期の傑作(4)、そして一番凄いのがかまやつひろしの(8)。こんな地味な、でも良い曲、どこから見つけて来たのか不思議。

それから、これ全然知らない曲だったんですが(7)がなんか素晴らしく良いです。調べてみたら E-ZEE BAND というグループの作品らしいんですが、ポップで、コーラスの絡み方も心地良くて、良い仕上がりです。

田岡美樹の声がとても魅力的で、市川裕一のアレンジも原曲の魅力を消してしまわずに、かといってただなぞるだけには終始せず、よく頑張っています。好感のもてるアルバムと言えるでしょう。

そして最後にこれ。

『東京ハワイ』Alani Ohana Band(2007年)
  1. Opening
  2. 銀座カンカン娘
  3. 天使の誘惑
  4. 木綿のハンカチーフ
  5. 喝采
  6. お嫁においで
  7. 瀬戸の花嫁
  8. 黄色いさくらんぼ
  9. ジョニイへの伝言
  10. 東京ブギウギ
  11. Vacation
  12. 17才
  13. 憧れのハワイ航路
  14. 見上げてごらん夜の星を
  15. 「ダイスケの悩み」メイン・テーマ(Long Version)
  16. WAIKIKI 〈BONUS TRACK〉

山内雄喜率いる Alani Ohana Band による昭和歌謡×ハワイアン。ボーカリストMEGの透き通った伸びのある声に山内雄喜のスチール・ギターとキヨシ小林のウクレレが絡んできます。

いいでしょう? このゆったりしたカバー。スロー・ロッカバラードになった6)とかジャズ・ビートでの7)なんてその最たるもの。なんと言っても選曲のセンスが抜群ですね。

さて、以上が私が生涯かけて集めた日本のカバー・バージョン・アルバムです。今ではもう持っていないものも含まれています。

冒頭にも書きましたが Amazon Store にリンクを貼ってありますので、ジャケットを見たい人、買いたい人はそこに飛んでみてください。

Copyright©yama-a Jan-Jul.2009mark

目次へ 次作へ 前作へ