トリビュート・アルバム

カバー・アルバムについて書いたときに「トリビュート・アルバムについては別の機会にまた書いてみたいと思っています」と書きました。それが今回の文章です。

すでに私の Amazon Store に上げてありますので、ジャケ写をご覧になりたい方はそちらをどうぞ。

で、Amazon Store のほうには私が持っていないものも含まれています。例えばダウン・タウン・ブギウギ・バンドの『G.S』(1976年)やチューリップの『ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさ』(1976年)。

この2つについては一応試聴はしてみたのですが、ひとことで言ってつまらないです。原曲に対するリスペクトが強すぎると、こんな風に原曲に非常に近いイメージで再録されて、その結果つまらない感じがすることは良くあります。

ただ、これは私がGSやビートルズの原曲に深く親しんでいるからであって、そういうものに親しみのない世代が聴くと却々良いのかもしれません。

ここのリストの中で私が持っている一番古いトリビュート・アルバムは高中正義らによる『抱きしめたい』(1988年)です。意外に最近です。日本でトリビュート・アルバムというものが定着してからまだそんなに時間が経っていないことがよく分かります。

いや、どっちにしろ若い人にとっては大昔か(笑)。

『抱きしめたい』(1988年)
  1. ノルウェーの森/高中正義・松任谷由実
  2. ユー・キャント・ドゥ・ザット/NOBODY
  3. テル・ミー・ホワイ/阿部恭弘
  4. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス/THE WILLARD
  5. ハニー・パイ/加藤和彦
  6. オブ・ラ・ディ、オフ・ラ・ダ/アースシェイカー
  7. ア・ハード・デイズ・ナイト/ちわきまゆみ
  8. ロック・アンド・ロール・ミュージック/佐藤隆
  9. ドント・レット・ミー・ダウン/忌野清志郎&仲井戸麗市
  10. ヘルター・スケルター/VOW WOW
  11. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ/伊藤銀次
  12. ミッシェル/鈴木康博
  13. ブラックバード/SHOW-YA
  14. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア/チューリップ

曲名を見れば分かるようにビートルズへのトリビュートです。ただし、オリジナル録音ではなくコンピレーションであり、(14)は前述の『ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさ』に収められていたものです。

メンバーが超豪華でしょ? 確かにそのメンバーなりに素晴らしい出来です。初っ端の(1)からして松任谷正隆のアレンジと高中のギターで、原曲の良さは活かしながら新しい解釈の素晴らしい作品になっています。

(2)とか(7)とか(9)とか(13)とか、いかにもこの人たちが演ったビートルズという感じでとても楽しめます。やっぱり一番つまらんのは(14)かな(笑)。いや、悪くないんだけど、「まんま」すぎるんですよね。

その次に古いのがこれ。

『HAPPY END PARADE〜tribute to はっぴいえんど〜』(2002年)
ディスク:1
  1. はいからはくち/小西康陽
  2. 12月の雨の日/スピッツ
  3. 空いろのくれよん/曽我部恵一
  4. あやか市の動物園/くるり
  5. 抱きしめたい/Jim O'Rourke featuring Original Love
  6. 風来坊/デイジー
  7. 無風状態/浜崎貴司 + 高野寛 + Tokie
  8. いらいら/空気公団
  9. 暗闇坂むささび変化/つじあやの
  10. 氷雨月のスケッチ/Hiroko & Mother Ship Jam
ディスク:2
  1. 春らんまん/永積タカシ from Super Butter Dog
  2. 風をあつめて/My Little Lover
  3. 花いちもんめ/青山陽一 featuring 鈴木茂
  4. 相合傘/Kumiko Yamashita & Soul Lovers meets 佐藤博
  5. はいからくち/Leyona
  6. 夏なんです/キリンジ
  7. 氷雨月のスケッチ/Sons Of (片寄明人 from Great 3 + John McEntire from Tortoise)
  8. しんしんしん/キセル meets Harry (細野晴臣)
  9. さよならアメリカ さよならニッポン/World Standard (鈴木惣一朗) meets Kana Aina (青柳拓次)
  10. 春よこい/航空電子

ディスク1の(1)からもう度肝を抜かれます。原曲のイメージは全くなく、16ビートのブラス・ロック、と言うかR&Bの味付け。さすが小西康陽です。

いや、ディスク1の(3)や(6)みたいに原曲に非常に近いものもあります。でも、そこには確実に演ってる人なりの良さが出ています。それでなければカバーをする意味はないと思います。

クロスオーバー風味満点のディスク2の(2)も良いなあ、かつて Leyona が(まだ漢字表記で玲葉奈だった時代に)出したバージョンよりも良いかも、と思っていたら、その Leyona が演っているディスク2の(5)は、これはもう完全な別曲になっていて、これはこれで味わい深いです。

いずれにしても、Original Love とか浜崎貴司とか永積タカシとか山下久美子とか、力のあるボーカリストが揃ってるから聴き応えのある作品も多く、満足の行くアルバムだと思います。

続いて、これ。

『YOSUI TRIBUTE』(2004年)
  1. 夢の中へ/TRICERATOPS
  2. 東へ西へ/布袋寅泰
  3. 心もよう/平原綾香
  4. リバーサイド ホテル/奥田民生
  5. いっそ セレナーデ/小野リサ
  6. 限りない欲望/Bank Band
  7. カナリア/ジェーン・バーキン
  8. 傘がない/UA
  9. いつのまにか少女は/持田香織
  10. とまどうペリカン/松任谷由実
  11. 白い一日/玉置浩二
  12. ワインレッドの心/DOUBLE
  13. ジェラシー/一青窈
  14. 少年時代/忌野清志郎

ダウンロードで手に入れたんですが、ま、まあまあかな(笑)

(2)のような大胆なアレンジ(ミニマル・ミュージック的)もあるんですが、全般に原曲のイメージを大きく崩さないものが多いです。

それでも原曲自体が素晴らしいし、演ってる人たちの個性もよく出ているので聴き心地の良いアルバムであることは間違いありません。ウクレレをバックにした(14)は佳作だと思います。

ただ、不思議なもので普段からあまり好きでない人が歌うと、こういう企画であってもやっぱりあまり良いとは思いません。私の場合はその例が(3)です。

それから、またビートルズものですが、これ。こちらは解散後のソロ作品も含んでいます。

『HAPPY BIRTHDAY, JOHN』(2005年)
  1. Oh My Love/100s(Hyaku-Shiki)
  2. yer blues/椎名林檎
  3. BEAUTIFUL BOY(Daring Boy)/Dreams Come True
  4. Happy Christmas(War Is Over)/槇原敬之
  5. Hey Bulldog/奥田民生
  6. God/宮沢和史
  7. Lucy In The Sky With Diamond/Puffy
  8. Tommorow Never Knows/ナカコウ
  9. Love/フジファブリック
  10. Revolution/BONNIE PINK
  11. Woman/SAKURA
  12. Don't let me down/忌野清志郎
  13. Mother/ACID TEST
  14. IN MY LIFE/高野寛

ジョン・レノンの誕生65年目を記念したオノ・ヨーコ監修による公式トリビュート・アルバムです。と言っても、これもオリジナルではなくてコンピレーションなので、例えば(12)は前掲の『抱きしめたい』に収められていたものだし、(2)は『唄ひ手冥利〜其の壱〜』の中の1曲です。

このアルバムのミソは選曲ですね。有名曲だけを抜いてきたりしていない。それだけに演ってる人たちの思い入れが感じられます。(1)なんか原曲に割合近いと思うのですが、捨てがたいテイストです。

斬新なアレンジの曲は残念ながらないけれど、アコーディオンやマンドリンをあしらった(14)みたいに好感の持てるものが多いです。これもオリジナルの素晴らしさによるのかな?

それからブログにも書いた、これ。

『歌鬼(Ga-Ki)〜阿久悠トリビュート〜』(2008年)
  1. ジョニイへの伝言/鈴木雅之
  2. 白い蝶のサンバ/一青窈
  3. 思秋期/森山直太朗
  4. たそがれマイ・ラブ/中西圭三
  5. 熱き心に/元ちとせ
  6. ペッパー警部/Mizrock
  7. 恋のダイヤル6700/音速ライン
  8. 時の過ぎゆくままに/工藤静香 feat. 押尾コータロー
  9. 朝まで待てない/甲斐よしひろ
  10. ざんげの値打ちもない/山崎ハコ
  11. ひまわり娘/杏里

これについてはブログの記事を参照してください。それからこの続編も出ましたが、私はこちらはどうも感心しませんでした。それについても(興味のある方は)ブログの記事をご覧ください。

一応ディスク1の曲目だけ紹介しておくと、

『歌鬼2〜阿久悠vs.フォーク』(2009年)
  1. 北の宿から/イルカ
  2. 津軽海峡・冬景色/あがた森魚
  3. 昨日、今日、明日/ベッツィ&エマ
  4. 白いサンゴ礁/トワ・エ・モワ
  5. 京都から博多まで/因幡晃
  6. 舟唄/りりィ&洋士
  7. 雨の慕情/永井龍雲
  8. 嫁に来ないか/木村充揮
  9. きりきり舞い/尾崎亜美
  10. みずいろの手紙/BUZZ
  11. 五番街のマリーへ/杉田二郎
  12. もしもピアノが弾けたなら/渡辺真知子
  13. 友達よ泣くんじゃない/太田裕美

そして、最後にこれ。

『We Love Cyndi-Tribute to Cyndi Lauper-』(2008年)
  1. Girls Just Want To Have Fun/PUFFY
  2. Time After Time/Sowelu
  3. I Drove All Night/Becca
  4. True Colors/Double
  5. Time After Time/Chara × ハナレグミ
  6. Product Of Misery/BENNIE K with Yukie
  7. The Goonies 'R' Good Enough/土岐麻子
  8. All Through The Night/Tommy February6
  9. She Bop/北出菜奈
  10. TRUE COLORS/元ちとせ

大好きなシンディ・ローパーです。これが却々良い。

PUFFY とシンディは確かどこかで共演してたと思いますが、(1)なんか原曲そのままなんだけど組合せが良いから良いんですよね。

Time After Time と True Colors が2曲ずつという、ある意味「掟破り」の編成なんですが(2)がラップもあしらったヒップホップ的なアレンジなのに対して、(5)は伴奏はピアノのみで Chara と永積タカシが交互にリードを取ってコーラスで絡むシックな作りで、非常に対照的です。

また(4)も(10)もともにしっとりと聴かせる素朴なアレンジなんですが、Double は Double らしく元ちとせは元ちとせらしく、いずれも捨てがたい仕上がりになっています。

ともかく全員がシンディ本人に負けない迫力の歌いっぷりです。特に(3)が絶唱です。このアルバムには「捨て」がないわな。それがある意味すごい。

Amazon Store のほうにはこれ以外にもいくつか上げていますが、とりあえず以上が私が保有しているトリビュート・アルバムです。単純なカバー・アルバムよりはかなり数が少ないですが、これはまあ考えてみれば当たり前です。

「カバーの名盤」もそうですが、記事を書いた後からも Amazon Shop のほうはどんどん更新して行きますので、また気が向いたらご覧になってください。

Copyright©yama-a May.2009mark

目次へ 次作へ 前作へ