虹とスニーカーの価値観

大昔の古い歌の話で恐縮なんですが、たまたま聴く機会があったので、この歌が大ヒットしたときに考えていたことを思い出して、ここに書きたくなりました。

それはチューリップの『虹とスニーカーの頃』(財津和夫作詞作曲、1979年発売)です。

私はこの歌が大好きでした。楽曲の素晴らしさもあります。大サビの「わがままは おとこのつみ」の5音+6音は全部同じ高さです。それをコード進行で変化をつけているところが素晴らしいと思いました。

しかも、コードを見ると Am と E7 という当たり前のコード(トニックとドミナント)を2つ使っているだけです。この辺りが財津和夫の巧いところだなあと随分感心しました。

でも、今日書きたいのは曲の話ではなく詞の話です。同じく冒頭、大サビの部分の歌詞です。

我がままは男の罪
それを許さないのは女の罪

私はこの歌詞をこんな風に解釈しました。

「男というものは我がままに走って女を苦しめてしまうことがある。それは紛れもなく男の罪である。しかし、男に我がままを許してやらないのは女の罪である」──というそのロジック自体が男の我がままなのである。

だからこれは男の我がままを痛烈に描いている歌詞なのです。女という表現は出てくるけれど、作者はここで女がどうだこうだと言う気はなくて、ただ男の痛々しいまでの身勝手さを描いているのです。女を描いているようで、ぐるっと回って男に返って来る歌詞なのです。

その証拠に、その後、男はこう逃げます。

若かった 何もかもが
あのスニーカーはもう捨てたかい

つまり、我がままも身勝手もみんな若かったせいだと言うのです。女に謝る気もありません。そして、僕が捨ててしまったように、君もまた若かったころの自分を捨てたんだろうなあ、という比喩でスニーカーが出てきます。

自分が女に負わせた苦痛の全てを若さゆえの思い出話に転嫁しようとしているのです。

私はこの歌詞を聴いて、なんと痛々しい歌詞なんだろう、男の我がままと、それに対する痛恨の思いをこの身勝手な表現に見事に込めている!と驚愕したのでした。

こういう我がままを描くことによって、それは逆説的に旧い男女の倫理観を打ち壊すことに繋がるのではないか──それが私が一番惹かれた点でした。

でも、どうやらそれは聴いている人たち一般が感じていたことではなさそうだと言うことに気づきました。

いや、それどころか、ひょっとすると財津和夫自身もそんなこと考えてなくて、本気で「それを許さないのは女の罪」だと思っていたのかもしれない、という気さえしてきました(この辺は確かめようもありませんが・・・)。

でも、いずれにしても私は、こういう解釈もアリだと思っています。

そういうことで思い出すのは井上陽水の『傘がない』(井上陽水作詞作曲、1972年)です。輪をかけて古い例ですみません。

この曲が発売された時に、とある社会学者だったか評論家だったかが、「若者の自殺が増えていることや我が国の将来の問題よりも、今彼女に会いに行こうとして雨が降っているのに傘がないことのほうが問題だなんて、けしからん歌詞だ」「それを堂々と歌詞にしてしまう感覚も理解できない」などと真剣に書いていたのを憶えています。

私は「アホか、この評論家は」と唾棄しました。

歌詞は演説ではありません。そこに書いてあることが良いことだ、みんなでそれをしましょうというのではないのです。

逆に、陽水はそういう若者の心情を描くことによって若者の社会に対する無関心を批判している──という解釈も可能ではありますが、私はそこまでは思いません。それは穿ち過ぎている以前に単純すぎる解釈であると思います。

それよりも、ここで描かれているのは、若者の自殺や我が国の将来の問題が大切だということもちゃんと解っているのに、それでもそんなことは放っておいて彼女に会いたいと思っている自分。そして、それほどまでに彼女に会いたいのに傘がなくて会いに行けないもどかしさ。

「自分のことではなくて社会に目を向けろ」というプレッシャーがあり、そういう「お利口さん」な生き方に対する生理的な反発があり、燃えるような恋をしていて、それを阻む外的条件もある、という2重3重に縛られた、如何ともしがたい閉塞感を描いているのがこの歌詞なのです。

大人の前では正面切って言えない、こんな閉塞感を描いたからこそ若者たちの共感を得たのだと、私は思っています。

だから、これもある種、旧い時代の価値観から見た若者像に対する反攻であると私は理解しました。

フォークは、少なくともその成立の過程にあっては運動体でした。旧い価値観、倫理観、男女感、職業観などの全てを打ち壊す方向に、彼らの歌詞は働いていました。

そういう流れの中で西岡恭蔵は『プカプカ』(1971年)を書きました。女だてらに煙草を吸い、セックスが好きだと公言し、「俺」に自分が寝た男たちと朝まで酒が飲めるかと問うてくる。

それはまさに新しい時代の新しい男女の倫理観の建議でした。

吉田拓郎は『結婚しようよ』(1972年)で「僕の髪が肩まで伸びて君と同じになったら 約束通り街の教会で結婚しようよ」と歌いました。

そこにはまず男性の長髪という、当時の新しいスタイルが織り込まれていますが、それだけではありません。「君と同じになったら」、そして「結婚しろ」でも「してくれ」でも「してやる」でもなく、「しようよ」という、まさに新しい時代にふさわしい平等の男女観がそこには込められていたのです。

70年以降、そんな風にして、歌詞の力によって新しい価値観を後押ししようという機運があったのは確かです。その後、それを阻む動きも確かに出てきました。私が谷村新司やさだまさしや松山千春が好きになれないのは彼らが旧い価値観の体現者だからです。

そして、こういう一連の男女観の流れの延長上で、私は財津和夫の『虹とスニーカーの頃』を読み取ったのでした。それはやはり旧い男女観に対する何か(単純に反発ではなく、むしろ旧い男女観に溺れてしまう情けなさ)だと私は理解したのでした。少なくとも批判的に読み取ることが可能な何かであると理解したのでした。

元に戻りますが、私はこういう風にそれぞれの人間が、言わば勝手に解釈することってアリだなあと感じています。むしろ、どのように解釈できるかを聴き手は試されているのだという意識もあります。

本当はここでサザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』(1978年)に対する、当時の私の解釈も披露しようと思っていたのですが、あまりに長くなってきたので別の機会に譲ります。

解釈が歌を育てることって、可能性としてはあると思うんです。そして、それよりも高い可能性で、解釈が他ならぬ解釈している聴き手自身を育てて行くのだと思います。

音楽的にも人間的にも。

Copyright©yama-a Oct.2009mark

Copyright©yama-a Jan.2013

目次へ 次作へ 前作へ