演歌、これでええんか!?

私が若い頃は、年寄りというものは時代劇と演歌が好きというのが相場でした。自分も年取ったらそんな風になるのかな、と考えてみて、いや、自分は絶対そうはならないだろうなとは思いましたが、しかし、だんだん自分が年取ってきたのに、こんなに演歌を聴かなくなるとは思ってもみませんでした。

私たちは昭和歌謡曲世代ですから、たとえ自ら好んで演歌を聴くことはなくても、逆に演歌に対する抵抗感はありません。

どこからか流れてきた演歌を欝陶しいと思って遮断することもないし、また演歌の中にも好きな曲はいくつかあります(現に私の携帯音楽プレイヤにも、全体の1割にも達しませんが、何曲か入っています)。

何故こんなに聴かなくなったんだろう、と考えてみると、端的に言ってそれは演歌が面白くなくなってきたからだと思います。

良い曲、個性的な曲がなくなったという気がします。

いや、確かにいまだに演歌のヒット曲もあるみたいです(あんまり聴いてないからよく知らないのですが)。

しかし、例えば、氷川きよしのヒット曲で印象に残っているものってありますか? まあ、氷川きよしの熱心なファンの方はもちろん「たくさんある」とおっしゃるんでしょうけど、逆に言うとコアなファン以外を振り返らせ、唸らせるようなインパクトの強い曲がないように思うのです。

ひとつには曲調や詞のテーマが固定化してきたから。

流行歌全盛の時代にはいろんなタイプの演歌、いろんな演歌のバリエーションがありました。

船村徹や遠藤実という大御所がいて、その一方で他の分野から作家が流入するという、非常に刺激的な状況があり、またポップスと演歌の中間的な場所に位置する作家も大勢いました。

小林亜星が書いた『北の宿』の、ロッカバラード演歌という新しさ。三木たかしの『津軽海峡冬景色』のダイナミズム。吉田拓郎がキャロル・キングを念頭に置いて書いたのに、森進一が歌うと何でも演歌になってしまうという『襟裳岬』の不思議。

中村泰士や円広志もたくさんの演歌を書いていた時代です。大瀧詠一が小林旭に曲を提供していたんですよ(笑)

そこには創意工夫が耐えませんでした。松村和子は津軽三味線を持って現れ、金沢明子は演歌に民謡を持ち込みました。

そして、そういう工夫は実は大昔からあったものなのです。だから昔の演歌には豊かなバリエーションがありました。演歌とか艶歌とか怨歌とか、書き方も様々でした。

小唄や浪曲など伝統的な日本の芸能に由来するもの、ムード歌謡、股旅物、マドロスもの、ご当地ソング、人生応援歌、恨み節…。

チャンチャカチャンからワワワワーまで、和旋律(『祇園小唄』など)もあればペンタトニック演歌もありました。ハワイアンの系譜を引くものさえありました。古賀演歌と中南米が融合したアントニオ古賀とか、『芸者ワルツ』などというネーミングだけでも見事なミクスチャーがありました。

演奏という面ではあまり見せ場のなかった演歌にレキント・ギターの名手鶴岡雅義のソロをフィーチャーした東京ロマンチカ、ソフトに歌うムード艶歌でがなりたてた前川清の新しさ、等々。

そして、そこに古賀政男以来脈々と続く、言わば「演歌本流」の大作曲家がいました。そんな大物がいなくなってもう何年でしょう? 最後の大物って浜圭介と猪俣公章くらいでしょうか?

以降曲調のマンネリは目を覆うばかりではないでしょうか?

アメリカにはブルースというものがあります。私は日本の演歌みたいなもんだと思っているのですが、これは基本的には12小節で、ブルース・コード進行という決まったパタンがあり、旋律はブルー・ノートという非常に制約の多いものです。

もちろん、そこからはみだしたブルースもたくさんありますが、一方で大いなるマンネリを愉しむのもブルースの魅力だと思います。

ただ、ブルースでさえ日本の演歌ほどマンネリ化していないように思えるのです。演歌はもはや楽しめないところまで非個性的になってしまっているように思うのです。

昨今の演歌に、上で例示したようなバリエーションが果たしてあるでしょうか?

歌詞だってそうです。

今や作詞力の低下は全ジャンルに渡るものであり、必ずしも演歌低迷の理由ではありません。ただ、演歌に於いても詞がとみにつまらなくなったのも事実です。それはテーマが恋愛一本、それも男と女の情念みたいな世界に囚われすぎているのが大きな原因だと思います。

昔の演歌って、山の吊橋は誰が渡るんだろうとか、りんご畑のお月様に挨拶してみたりとか、帰るか帰らないか躊躇してみたりとか、実に自由なテーマ展開をして、実に豊かな表現力を発揮していたと思います。

そう思うと大変残念です。と言うか、逆に言えば演歌が豊かな時代に育ってきて良かったという気もします。

演歌の名曲はたくさんありました。そんな中でも特に、ヒット曲連発の大スターではなく、所謂一発屋のヒット曲に忘れられないものがたくさんあります。

この年になって初めて演歌全般に思いを馳せてみました。やっぱり年寄りは演歌ということなのでしょうか?

Copyright©yama-a Feb.2011mark

Copyright©yama-a Jan.2013

目次へ 次作へ 前作へ