楽譜を譲る

ギターを売ったときの話はここに書きました。で、ギターを手放したらもう持っていても仕方がないのにまだ持っているものがありました。何でしょう? ──ピックとかストラップとか音叉とかではありません(音叉はそのままウクレレのチューニングに使ってます)。

それは楽譜、とりわけギター譜、TAB付きのものです。自分ではもう弾かない、と言うか、ギターがないので弾きようがないのですが、捨てるのも惜しくて手許に置いたままになっていました。

先日それを会社の後輩に譲りました。全部ではありません。主に中川イサトのギター譜です。どうせなら喜んでくれる人にさしあげたいと思っていたところ、ウチのまだ若いアナウンサーがギター弾きで、どうやら押尾コータローとも親交があるようなのを twitter を通じて知ったので、彼に譲ることにしたのです。

いや、誰にあげようか探していたところ彼に思い当たったのではなく、彼がそういう人間であると知ったときに、不意に本棚に放ってあった楽譜を譲る気になったのです。

ご存じの方はご存知のとおり、中川イサトは押尾コータローの師匠に当たるギタリストですので、きっと喜んでくれると思ったからです。

guitarscores

右の写真が彼に譲ったギター譜です。古くは1970年代の発売、かなりレアで価値のあるものも含まれていると思います。

1冊を除いて、全部中川イサト本人の採譜による本人のレパートリーです。中川イサト作曲だけではなく有名な曲のアレンジもあります。ほとんどがレコード化(と言っても多くは「自主制作」、今で言うインディーズですが)されていたと思いますが、そうでないものもあります。

で、1冊だけ、いろんな人の演奏を採譜した本があります。もちろんそこには中川イサトも含まれているのですが、村上律や細野晴臣のものが含まれているのが非常に貴重だと思います。

同じ会社であるとは言え、番組作りに直接関与したことがない私は、このアナウンサーとも面識はありません(もちろん、こっちはテレビで見て知っているのですが)。で、twitter の DM で「唐突ですが、中川イサトって知ってる? 好き?」と訊いたのが最初です。

果たして彼は随分喜んでくれました。ああ、良かった。どうせ私もこの楽譜を持って棺桶に入る訳にも行きませんから(笑)

いや、棺桶に入るのはもう少し先のつもりではあるんですが、やっぱり少しずつ年をとってきて、いろんなものを若い人たちに譲るということを考え始めるようになりました。

そう言えば、多分もう20年くらい前かと思うのですが、独りでピンポン録音して遊んでたときに使ってたリズムマシーンを、これまた会社でバンド組んでた若い人たちに譲ったことがあります。突然記憶が甦って来ました。

その時も随分喜んでもらいました。特にそのバンドのドラマーのサタケくんが練習を欠席したり遅刻したりすることが多かったらしく、私が譲ったリズムマシーンにはサタケイラズというニックネームがつけられたと聞きました。

そんな風に役に立ちたい、いや、そんな風でなくてもどんな風にでも良いから役に立ちたい──そんなことを考えながら、最近ではウクレレを弾く中年男、いや、遠からず爺なのかもしれません。

Copyright©yama-a May.2011mark

目次へ 次作へ 前作へ