愛がすべて

先週見に行った『吉本百年物語』の劇伴で Charlene の I've Never Been To Me が使われていました。勿論知っている曲で、とても綺麗な曲なのですが、誰の何という曲だったか思い出せなかったので、気になって iPhone に入れてある SoundHound で調べてみました。

このアプリは iPhone に鼻歌を歌いかけたら曲名を教えてくれるものです。勿論店内で流れている BGM を聴かせて曲名を探り当てたりすることもできます。その場合は歌と同時進行で歌詞まで出たりします。

ただ、自分で歌う場合は必ずしも精度が高くない(これは検索の精度と言うより歌唱の精度と言うべきかもしれませんがw)のでちょっと心配したのですが、今回は一発で判明しました。

しかし、シャーリーンという名前に記憶はありません。『愛はかげろうのように』という表題にはおぼろげながら記憶があります。

さらに気になってネットでいろいろ調べてみると、日本でのカバーで一番流行ったのは椎名恵で、『LOVE IS ALL 〜愛を聴かせて〜』というタイトルでした。そっちのバージョンは確かに聞き覚えがあります。

ところで、タイトルの I've Never Been To Me とはどういう意味だろう、と俄に気になってきました。これは一体何を歌った歌なのでしょう?

流行った当時から I've been to Georgia and California という一節が耳に残っていて、なんだろうと思っていました。残念ながらその他のパートはあまりまとまった形で聴き取れていなくて、その疑問を今日まで放置してきたわけです。

で、歌詞を調べてみて改めて驚きました(和訳もあるサイトとしてはここら辺りが一番優れているでしょうか)。

これは悔恨の歌なのです。のっけから cursing at your life だの a discontented mother and a regimented wife だのと、いささか穏やかではありません。

そして、その後の歌詞からエッセンスを抜き取るとこんな感じになります:

若い頃は自由に憧れ、届かない夢を見てジョージアにもカリフォルニアにも行ったし、派手に遊び激しい恋もした。でも、フランスのニースに行ってもギリシャの島に行っても、結局本当の自分にはたどり着かなかった(I've Never Been To Me)

──これはそういう歌だったのです!(ものすごく荒っぽくてごめんなさいw)。妻となり母となった自分が、若かった頃の自分に「本当の幸せが何か、あなたは解っていなかったのよ」と語りかける、結構シビアな歌なのです。

一番の歌詞で Georgia と California という少し不完全な脚韻を踏み、二番ではNiece と Greece という、今度は完全な脚韻を踏んでいます。全米中、世界中を放浪したということを表すためにこの地名が選ばれたのは韻を踏むためだったのです。

その後 I've been to crying for unborn children なんてフレーズもあります。そして、I've been to paradise, But I've never been to me なのです(しんみり)。

しかし、この歌がなんで『愛はかげろうのように』、あるいは『LOVE IS ALL 〜愛を聴かせて〜』になるんでしょう?

日本語の詞をつける時だけに限らず、日本の流行歌は1970年を過ぎた辺りから、どうも恋愛の歌一辺倒になってきた気がします。それまでは日本の歌謡曲もカバーバージョンも、題材は非常に多彩であったと思います(その辺りのことについては「演歌、これでええんか!?」で少し触れました)。この曲の場合も、単に綺麗な曲だから綺麗な恋愛の歌にしたというだけのことなのでしょう。

しかし、それにしても邦題に Love is all とは、これはあまりにもひどくありませんか?

そう言えば、Whitney Houston の最初の大ヒット曲 Saving All My Love for You (1985年)の邦題は『すべてをあなたに』でした。これを単純な愛の歌だと思った私の友人は自分の結婚披露宴の BGM にこの曲を使いました。しかし、1行目の歌詞から既に明らかなように、これは妻子のある男性との不倫の歌です。

そう言えば私の会社のかつての部下は、自分の結婚披露宴で、新郎新婦入場の BGM に、(恐らく彼が大好きであったのであろう) Black Eyed Peas の Where Is Love? (2003年)を使いました。これも Love の単語から恋愛の歌だろうと思ったのでしょう。しかし、歌詞を読むとこれは反テロリズムの歌です。

なんか、急にそんなことを思い出しました。愛がすべて、ではないのです。

(元々ブログ trivialities & realities に書いた文章ですが、内容がここにフィットしていたので、少し加筆修正して転載しました)


すっかり忘れていたのですが、上の Saving All My Love for You と Where Is Love? については以前このコーナーで書いていました。しかも、それだけで1章を独立させて。ほぼ同じことが書いてあるので改めてお読みいただく必要はないですが、確かめたい方はここをご覧ください(笑)

Copyright©yama-a Jan.2013mark

目次へ 次作へ 前作へ