追悼2題3篇:加藤和彦さんと岩谷時子さんに

かつてブログのほうに書いた阿久悠さんと三木たかしさんに向けた記事をここに転載したことがあります。その続きとして、加藤和彦さんと岩谷時子さんが亡くなった時に書いた記事をまたここに転載することにします。

ブログでは新しい記事に押されて、古い記事はどんどん下に降り、やがては視界から消えてしまいます。そうなると見つけるのが大変になります。検索すればもちろん出てくるのですが、そういう記事があるのだというアピールができなくなります。

それを避けるために、この2つの記事をブログではなく一覧性のあるホームページのほうに転載することにしました。

今後もどんどんこういう記事が増えて来るのかもしれません。追悼の文章を書くことが多くなってきました。それは自分が年を取ったことの証であり、僕の青春時代に刺激と影響を与えてくれた偉大なアーティストたちもまた僕以上に年をとったことの証でもあります。

残したい詞であり、残したい音楽であり、残したい文化であり、残したい人たちです。逝ってしまった愛おしい人たちに対する供養の気持ちでもあります。そして、感謝の気持でもあります。

加藤和彦が逝ってしまった

【2009年10月18日特記】 加藤和彦が逝ってしまった。

今、手許に D.M.M. から借りてダビングした和幸の2つのアルバム、『ゴールデン・ヒッツ』(2007年)と『ひっぴいえんど』(2009年)があるのだが、ひょっとするとこの2枚が、アレンジャ/プロデューサとしてではなくパフォーマとして出版した最後の作品なのかもしれない(調べていないので確信はないが)。

和幸は加藤和彦と元アルフィーの坂崎幸之助が組んだユニットである。今前者のアルバムを聴きながら書いているのだが、本当に遊び心溢れるアルバムである。

耳に心地良い、どこかで聞いたことがあるようなメロディばかり意識的に並べてある。そして、明らかに「解る人にだけ解れば良い」という感じのコラージュ、コントリビューション、パロディが横溢している。

これはサイモンとガーファンクルか。いや、CSN&Yか? おっ、ここはビートルズだ。これは吉田拓郎じゃないか。おっとこれはベッツィ&クリス。ほんでこれは明らかにローリングストーンズ、だと思っていたらいつの間にかサンタナだ(笑)──聴いているとこういうことの繰り返し。枚挙に暇がない。

あんなこともできるし、こんなこともできる。あんなのもあったし、こんなのもあったよね。そんなことだってどんなことだって自由自在にできるさ──好事家と趣味人が死力を尽くして遊んでいるようなアルバムである。

今、『ゴールデン・ヒッツ』が終わって、『ひっぴいえんど』が流れ始めた。1曲目のタイトル・チューンは紛れもないボブ・ディランだ。

で、2曲目の『タイからパクチ』はタイ・カレーの歌と思わせておいて実ははっぴいえんどの『はいからはくち』のパロディである(ちなみに「はいからはくち」は「ハイカラ白痴」と「肺から吐く血」の掛け言葉である)。笑いながら心地良く聴ける。

考えてみたら、加藤和彦という人は日本のポップ・シーンにおける先駆的な、かつ卓越したアレンジャ/プロデューサではあったが、作曲家としてはびっくりするような名曲をそれほどたくさん残した人ではない。

サディスティック・ミカ・バンド(このグループ名自体がジョン・レノンのプラスティック・オノ・バンドのパロディである)の例を見てもそうなのだが、深く広い音楽的な才能と蓄積から生まれる豊かなアイデアの提供者という面が強かったのではないだろうか。

「音楽的にもうやることがなくなった」みたいなことを書き残していたという記事を読んだが、そんなこと言わずに、ただ坂崎とのこんな悪ふざけを続けてくれるだけでも僕らは小躍りして喜んだのになあ、と残念で仕方がない。

『悲しくてやりきれない』とか『あの素晴らしい愛をもう一度』とか『だいじょうぶマイ・フレンド』とか『愛・おぼえていますか』とか『おかえりなさい 秋のテーマ』とか『戻っておいで私の時間』とか、彼の代表曲を並べるとどれもこれも自殺した加藤和彦に掛けてやりたい言葉のような気がしてくるのがとても哀しい。

僕らはきっといつまでも彼の遊び心と豊かな才能を憶えていると思う。

再聴:和幸

【2010年2月27日特記】 何度か書いているように、古い Walkman がぶっ壊れかけたので新しい Walkman を買ってきて今新たに曲を収集して収録している。

その曲選びの作業の中で手持ちのアルバムを聞き直すうちに、とある2枚のアルバムの凄さを再認識した。

それは和幸の『和幸 ゴールデン・ヒッツ』と『ひっぴいえんど』である。加藤和彦が亡くなったのは何月だったか。あの時にこのアルバムに触れた記事はどれほどあったのだろうか。

このアルバムを聴くと改めて加藤和彦の偉大さと洒脱さに脱帽することになるし、改めて坂崎幸之助の豊かな才能と加藤和彦との相性の良さに舌を巻くのである。

ここに収められているのは、ヒットソングを踏まえた新曲、あるいは特定のジャンルやある時代の流行を押さえて作った新曲、そしてカバーバージョンである。60〜70年代を意識させて、なつかしくありながら見事に斬新で、音が立っている気がする。

これは遊びである。こんな遊びに興じる人がどうして死んでしまう必要があったのか今もって理解できない。もっと彼の遊びを聴きたかった気がする。

そして、加藤を立て裏方に回った坂崎のなんと伸び伸びとした弾けぶり! この人はアルフィー時代にはそんなに凄い人だとは思わなかったのだが…。

それで改めて手持ちの曲からまた THE ALFEE のナンバーを聞いてみると、当時は気付かなかったのだが、非常にバラエティに富んだアレンジがしてあるのにびっくりした。

この2枚が加藤和彦の最後の作品なのかどうかは知らない。しかし、とても立派な作品だ。この2作をやりきったことで、彼はやることがなくなってしまったのかもしれないなどと余計なことまで考えてしまった。

ほかのアルバムから Walkman に収録するのは大体1〜数曲なのだが、結局この2枚は全曲を機器に転送してしまった。

最初に入手したときは「まあ取りあえず」という感じだったのだが、ひょっとしたらこの2枚は僕にとって永遠の宝ものになるかもしれない。

岩谷時子さんを偲ぶ

【2013年10月28日特記】 作詞家の岩谷時子さんが亡くなった。天才的な作詞家だったと思う。

凝った比喩を持ち出す人ではなかった。どこにでもある、何気ない表現で、人をドキッとさせる人だった。それは多分、静かで確かな観察眼に裏打ちされていたのではないかと思う。

ザ・ピーナッツの『ふりむかないで』。女の子が靴下の乱れを直している──ただそれだけで歌になるのだ、ということを教えてくれたのが岩谷さんだった。この歌を聴いていると本当に屈んで靴下に手をやっている少女の姿を彷彿するのである。

そうかと思うと、加山雄三の一連のヒット曲では、ちょっと鼻につく気取った表現を並べ立てて、歌っている加山自身を照れさせたりもする。かと思うと、岸洋子の『夜明けのうた』のようなミュージカル的な大作もある。

今日まで知らなかったのだが、この人のキャリアのスタートは宝塚歌劇団だったとか。いや、タカラジェンヌではない。機関誌の編集者である。

そう言われると、その感じはよく解る。とても女性的な柔らかさと、ダイナミックな演劇的展開力を持っている。

そして、越路吹雪と出会い、意気投合し、ともに宝塚を辞めたと言う。

越路吹雪とのコンビで言うと、『愛の讃歌』や『サン・トワ・マミー』などの外国曲の訳詞の数々をまず挙げるべきなのだろうけど、僕が凄いと思うのは『誰もいない海』である。

一見、秋の静かな海の風景を歌った歌のようでいて、最後まで聴くと不意に、恋に敗れた主人公はさっきまで自殺を考えていたのだということが判る。そんな風に僕らをギクッとさせる作詞家だった。切ない思いを知っている人だった。

それが例えば佐良直美の『いいじゃないの幸せならば』に繋がった。一方でピンキーとキラーズの『恋の季節』のような燃え上がる情熱も歌った。

郷ひろみにもたくさん良い曲を書いている。とりわけ僕が好きなのが『小さな体験』。「どうしてそんなにきれいになるの ぼくだけの君でいてほしいのに」という出だしも却々のものだが、しかし、僕がこれは書けないなと思うのは、

初めて二人が会ったコーヒーショップにカナリアがいたね
どうして君は一人でストロー噛んでたの

というサビである。こういう絵になる歌詞が書ける人だった。そして、それは恐らく彼女の観察眼と感受性のなせる技だと思う。

最後に挙げたいのは、この歌を作曲した宮川泰さんが亡くなった時にも僕が取り上げた歌──『君をのせて』(沢田研二)である。

君の心ふさぐときには粋な粋な歌をうたい
ああ、君をのせて夜の海を渡る舟になろう

僕もそういう人でありたいと思う。そして、こういうたおやかな表現ができる人でありたいと思う。ありがとう岩谷さん。

Copyright©yama-a Nov.2013mark

目次へ 次作へ 前作へ