ウクレレ工房(笑)

大したことではないのですが、ま、一応書いておきます(笑)

何かと言うと、ウクレレのペグを変えたのです。ここにも書いた、2008年に買った2本目のウクレレです。私はこのウクレレを Low-G にチューニングして、1本目のウクレレを High-G にして弾いています。

で、1本目のはそこそこ良い値段だったのですが、こちらは少し安い奴だったということもあってか、ペグがギア式ではなくストレートだったのです。

new pegs

ペグって分かります? 弦楽器の糸巻きの部分。左の写真が元々付いていたペグを取り外したもの(ウクレレなので4個です)。

で、当初付いていたのはストレート、つまり、このペグの棒状の部分に直接弦を巻き付けるタイプだったのです。

そうすると何が起こるかといえば、まずチューニングの際に微調整が難しくなります。ちょっと巻くと一気に音程は上がってしまい、しまった、行き過ぎたと思ってちょっと緩めると、今度は一気に下がってしまいます。

で、もうちょっと高級な奴になると、そこにギアを1つ噛ませて、ペグを大きく巻いても弦はそんなに一気には巻けない構造になっているのです。そうなると調弦が楽になります。

それから、ストレート方式だと、弦が緩みやすいという欠陥があります。ギア式の場合は緩み方は小さくなります。

そういうわけで、できるものならギア式に変えたいと思っていたのですが、ある日楽器屋で売っているのを見つけて衝動的に買ってしまったのでした。

ところが、さて、家に持って帰って交換しようとすると、元ペグが入っていた穴に買ってきたペグの金具が入らないのです。

何、そんなことってあるのか! 穴の大きさなんて統一されているのかと思ってた、とがっかりです。

で、長らく放置していたのですが、先日何となく思いついて検索してみました。すると、「ウクレレ ペグ交換」まで打つと、予測変換で「穴広げる」まで出てくるではないですか(笑)

笑いながらいくつか読んでみると、結構同じ壁にぶち当たっているウクレリアンがたくさんいて、しかも、そのうちの大勢がその壁を難なく乗り越えてペグを交換していることを知りました。

あたりまえのことですが、穴を広げれば良いのです。そのためには、穴を広げるための、テーパーリーマーという工具があることを知りました。

それで、皆がやっているとなると自分にもできるだろう、と急に気楽になって、まずはテーパーリーマーを買い求め、ついでに交換用の弦も買って、本日ギア式ペグの交換に挑んだのでありました。

new pegs

ま、挑んだというほど大変なものではありませんでした(笑)

まず、テーパーリーマーで穴を広げます。もちろん、広げすぎてスカスカになってはいけないので、時々金具を嵌めてみながら少しずつ。ほどよきところで金具を無理やり押し込んでハンマーで叩いて下までピッタリ嵌め込みます。

new pegs

あとは、ペグの芯棒をその穴に入れて、ネジ穴を開けて留めるだけ。簡単なもんです。

かくして完成したのが新しいペグの付いたウクレレです(左上と右の写真参照)。言うまでもありませんが、元々のペグはネックに対して垂直に刺さっていましたが、新しいペグはネックの裏側で横たわっています(笑)

良い感じです。細かい音程の上げ下げができるようになって、チューニングは非常に楽になりました。弦の緩みのほうは、もちろんウクレレですので緩むのは緩むんですが、前より緩みが小さくなりました。

こんなに快適ならもっと早くやれば良かったです。皆さんも、もしお持ちのウクレレがストレート・ペグなら是非お試しになってみてはと思います。

Copyright©yama-a Jun.2014mark

目次へindex 次作へnext 前作へprevious