かつてブルースは演歌であった

皆さん、ブルースと言えば誰を思い出しますか? 先日亡くなった B.B.キングですか? それともマディ・ウォーターズ? ライトニン・ホプキンスとか、あるいはエリック・クラプトンの名前を出す人もいるかもしれません。日本だと誰でしょう。文字通り Blues Band を和訳した憂歌団でしょうか?

今の若い人には想像もつかないでしょうが、日本では昔、ブルースは演歌だったのです。

何じゃそりゃ、と思うでしょ?

正しいブルースの定義、と言うか、構成要素は次の2点でしょう:

  1. ブルーノート・スケールを使っていること
  2. 12小節のブルース・コード進行に則っていること

もちろん例外はあります。4小節×4=16小節のブルースだってあります。1コードで延々続くブルースもあります

それに、ブルーノート・スケールだって微妙に違う何種類かがあるわけで、杓子定規に定義はできません。

同じブルースでもギター1本で血ヘド吐きながら歌うブルースと、ビッグバンドが軽やかにシャッフルしながら奏でるブルースではかなり印象が違います。

でも、概ね上のルールの中心を外れないところで展開するのがブルースなのです。

ところが、私が小学校に上がるか上がらないかの頃(その頃はもちろん洋楽なんて聴いたことがありません)、1960年代の日本ではブルースと言えば例えば三沢あけみの『島のブルース』(1963年)や西田佐知子の『東京ブルース』(1964年)、美川憲一の『柳ヶ瀬ブルース』(1966年)、青江三奈の『恍惚のブルース』(1966年)だったのです。

それ以降も青江三奈の『伊勢佐木町ブルース』(1968年)、矢吹健の『あなたのブルース』(1968年)、森進一の『港町ブルース』(1969年)など「ブルース」と付くヒット曲は多く、まさにブルース全盛でしたが、歌っているのはみんな演歌歌手でした。

いや、日本ではもっと前からブルースは演歌なのでした。

私が物心ついた時にはすでに「ブルースの女王」と呼ばれていた淡谷のり子が君臨していて、『別れのブルース』(1937年!)、『雨のブルース』(1943年)、『君忘れじのブルース』(1948年)などの代表曲があったのです。

淡谷のり子だけではなく、ディック・ミネの『上海ブルース』(1939年)や『夜霧のブルース』(1947年)などもありました。

だから、私が生まれる前から、日本人にとってはブルースというのはある種ムーディな演歌みたいなものだったはずです。

そういうわけで、私が初めて本物のブルースに出会ったのは吉田拓郎でした。1970年代の初頭です。

でも、1970年代に入ってからも、藤圭子の『女のブルース』(1970年)、平和勝次とダークホースの『宗右衛門町ブルース』(1972年)、内山田洋とクールファイブの『中の島ブルース』(1975年)など、枚挙に暇がありません。

それどころか、もっともっと後になってからも東京JAPの『摩天楼ブルース』(1984年)など、演歌系のブルース(とでも呼ぶしかないですねw)は決して死なないのです。

ただ、淡谷のり子のヒット曲の多くを手がけた服部良一は、私が上で書いたようなブルースの構成要素については間違いなく認識していたと思います。彼はむしろ米国のブルースの持つムードを輸入しようとしたのだと思います。

そして、それを体現できた歌手が淡谷のり子だったのでしょう。この時代のブルースはひょっとするとダンス音楽として入ってきたのかもしれません。そう考えると、淡谷のり子のブルースはダンスっぽい4ビートではないですか。

服部良一は解っていたと私が断言するのは、彼が笠置シヅ子や市丸に提供したブギに於いては、完全にブギ形式を押えているからです。ブギはシャッフル系の8ビートに乗ったブルースです。ここでは服部良一はしっかりとブルーノートを取り入れ、ブルース・コード進行を走らせています。

服部良一は今聴けば演歌っぽいかもしれませんが、あの時代においては西洋音楽の伝導師でした。そんな彼が、あの時代の日本人に受け入れられるように、彼なりに翻案したのが淡谷のり子のブルースであったのではないかと思います。

ところが、その後がいけなかった。船村徹とか猪俣公章とか、「筋金入りの」演歌の作曲家が、服部良一の苦心惨憺の跡を理解せずに、安易にブルースと名のついた演歌を作り始めたからです。

関西フォークから出てきた豊田勇造は「ブルース」と言わず「ブルーズ」と言います。彼の作品のタイトルでは必ず「ブルース」ではなく「ブルーズ」になっています。

確かに英語の発音では blues は [blu:s] ではなく[blu:z] です。でも、豊田勇造がブルーズと言う時、それは必ずしも正しい発音を目指しているからではなく、『港町ブルース』や『中の島ブルース』とは違うぞという意識の現れなのではないかと、私は思っています。

淡谷のり子が晩年テレビで語っていた話にこんなのがありました。

「ブルースじゃなくてブルーズだって言う人がいたんですよ。あたしはそれはズーズー弁でしょって笑っちゃったわよ」

これはきっと日本のブルースを象徴する話ではないかと、私は思い出すたびにそう感じます。

Copyright©yama-a May.2015mark

目次へindex 次作へnext 前作へprevious