ウクレレを修理に出す

以下はいずれもブログのほうに書いた記事なのですが、ウクレレを買った時の記事をこちらのページに載せているので、2つまとめてこちらにも掲載することにします。

【2016年4月3日】

ウクレレがぶっ壊れました。2006年に買ったので、ちょうど10年です。

私の1台目のウクレレはロング・ネックのコンサート・タイプなのですが、弦を留めるところがちょっと変わっています。

ブリッジに弦を巻きつけるタイプでも、結び目を作って溝に挟むタイプでも、結び目やナットつきの弦をエンド・ピンで上から押えるタイプでもありません。

穴に弦を通してそれをサウンド・ホール側から引き出し、結び目を作って逆に引っ張り戻すタイプ(って、言葉で説明して分かりますかね?)

構造としては、ブリッジに穴が開いてそこに貝殻製の留め具が入っており(それは固定されていて抜けない)、その留め具に弦の直径より少し広い穴が開いています。そこに弦を通し、結び目を作ることで弦を留めているのですが、その貝殻が割れてしまったのです。

実は4弦の穴の貝殻は前から少し欠けていたのですが、弦を交換しようとしたら、1弦の穴がえらいことになっていました。貝殻がバキバキに割れた上にナイロン弦の結び目が嵌り込んで一体化し、にっちもさっちも行かないではないですか。

で、どこに持って行ったら良いのか、ネットでしばし検索。三宮の大きな楽器店に電話したら、修理は承るが預かって専門の業者に外注するとのこと。外注というのがちょっと気乗りしなかったのでさらに検索。できればウクレレに造詣の深い業者に託したいと思いました。

そうするとお店で自らの手で修理してくれる楽器店が見つかりました。ウクレレも修理してくれると言うので、すぐに持って行くことにしました。

生憎修理ができるご主人は出張中で、期間や予算について明確な答えは得られませんでしたが、恐らくご主人の奥さんと思われる方から、多分大体こんなもん、という線を聞きました。

自分で修理する人ではないにしても、私のウクレレのネックのロゴを見ただけで、「あら、良いウクレレですね」と言ってくれた奥さんです。こういう人に会うと嬉しくなります。

その嬉しい気持ちのまま、ケースごとウクレレを預けて帰って来ました。修理が終わったら、また結末について書きたいと思います。

【2016年4月12日】

ウクレレの修理が終わりました。

下手すると修理した店の悪口を書くことになるかもしれないので、前の記事では固有名詞を伏せたのですが、私がウクレレを持って行ったのは三宮のトアロード沿いのビルの7Fにあるアップルギターズという楽器店です。

で、こうやって店名を書いているということはきれいに直してもらえたということです。

ただし、4/3(日)に持ち込んだ時は修理担当の社長が出張中ということだったので、見積もりや期間について後日電話をもらえると思っていたのですが、一向にかかってこないので、4/10(日)にこちらから電話をしたのでした。

この時は実はこの店大丈夫かなという気も半分くらいしていて、電話に出てきた社長がクソ偉そうなおっさんだったらどうしようなどとも思っていました。

しかし、電話に出てきたのはやや声の高い、気の良さそうな御仁です。どうも忙しくてまだ私のウクレレ修理にはほとんど着手できていない感じでした。

電話で話すうちに、「これ1弦を通す穴に接着剤か何か流し込みました?」と訊かれました。まさか、そんな、どう考えても楽器にとって良くなさそうなことを素人考えでやるはずがありません。私がそう答えると、少し意外そうな感じでした。

続いて「弦はいつごろから張ってました?」との問い。「はっきりは覚えてませんが、1年は経ってません」と答えたら、これまた意外そうな声。

つまり、それほどひどい状態だということです。1弦の端を結んで作ったお団子が潰れた穴に癒着してにっちもさっちも行かないと言います。

まあ、でも、「大丈夫です。丁寧に直します」と言うので、「どのくらいかかりますか?」と訊いたら、1弦と4弦で 2,000円ずつ+消費税、時間は一番長くかかったとして4月いっぱい」とのこと。

それで安心して「お願いします」と託して電話を切りました。

そしたら何と、翌日の4/11(月)に早速電話がかかってきて、「やってみたら案外簡単で、もう修理が終わりました。きれいに仕上がってます」だって(笑)

Ukulele_bridge

で、今日取りに行ってきました。写真の通りの綺麗な仕上がりです。店主は想像した通りの気の良さそうなおっちゃんでした。「これ、ネックの形とか、かっこいいウクレレですね」などと褒めてくれます。

伝票には「ブリッジ上の弦止め飾りアバロン交換」とあって、確かに合計 4,320円。

おお、このキラキラした貝殻素材のことはアバロンと言うのか、と思って調べてみたら、アバロンとは元々アワビの意味とか。「パールじゃなくてアバロンなので」との説明だったので、白無地の貝殻素材はパールと呼ぶらしいことも知りました。

で、結構話好きな店主で、「ウクレレの他に何か楽器はやりますか?」とか、「ウクレレでは主にどんなものを弾いています?」とか訊かれて、そこから自然に音楽談義になりました。

こちらも前から気になっていたウクレレの構造や手入れについての疑問をぶつけてみたのですが、この人は楽器の構造についても音楽についてもしっかりとした知識を持った人です。随分と会話が弾んでしまい、帰るのがすっかり遅くなってしまいました。

ちなみに、「このアバロンはこんな風に割れても仕方がないものなんですか?」と訊くと、「力がかかる部分なので割れます。消耗品だと思ってください」とのこと。

で、帰ろうかと思ったら、「近々いくつかインストア・ライブをやるんで、良かったら聴きに来て下さい」と言われました。「あ、ここでそんなこともやってるんですか! で、誰が演るんですか?」と訊いたら、なんと山口岩男さんだったり、ハーブ・オオタ・ジュニアだったり!

これはタダモノではないですね。もっと早くにこの店とこの店主を知っていれば良かったと思いながら、ウキウキした気持ちで帰って来たのでありました。

Copyright©yama-a Apr.2016mark

目次へindex 次作へnext 前作へprevious