音楽──屈託と発見

古い話で恐縮ですが、1967年から1968年ごろをピークにグループサウンズ(GS)という名のバンドブームが隆盛を極めました。たくさんのバンドが出て、たくさんの歌手やプレイヤーが注目されました。

しかし、ブームというものはいずれ終わるものであり、あれほどファンを熱狂させたにも関わらず、GSブームは短命に終わってしまいました。

人気だったメンバーたちも多くは消えてしまったりしたのですが、しかし、いろいろと形を変えながら芸能界に残った人たちもいます。

たとえば、『チューボーですよ!』(2016年で終了するようですが)でおなじみの堺正章(元スパイダース)がそうです。

コメディアンの息子であった彼は、GSブーム終了後は『時間ですよ』や『カックラキン大放送!!』などのドラマやバラエティで活躍しながら、ドラマの挿入歌を中心に何曲か大ヒットも飛ばしました。

あるいはショーケンこと萩原健一(元テンプターズ)は個性的な俳優として数多くのテレビドラマや映画で主演を張りました。

俳優に転身して最も成功したのは元タイガースのベーシスト岸部修三(現・岸部一徳)でしょう。同じタイガースの沢田研二も、ソロ歌手として大ヒットを連発しながら、俳優としても多くのドラマや映画に出て賞賛を浴びました。

寺尾聰(元ザ・サベージ)も、後にソロ歌手としての大ヒットはありますが、GSブーム後は概ね俳優として生きてきた人です。

また、途中からタイガースに参加した岸部修三の弟、岸部シローもワイドショーの司会などで活躍しました。スパイダースの井上順も長らくヒット番組の司会を務めたり、テレビドラマに出演していたりしました。

他にも鈴木ヒロミツ(元モップス)など、俳優やタレントに転じた人は数多くいます。そして、歌手 → 俳優というルートは、GS だけではなく、その後ブームになったフォークやロックの世界にもたくさんの例があります。

たとえば、武田鉄矢などは、その最たるものでしょう。

さて、中学生時代の私は、作曲家に転じた井上忠夫(現・井上大輔、元ブルーコメッツ)や加瀬邦彦(元ワイルド・ワンズ)などは別として、音楽以外の「職場」に転じた人たちが許せなくて、結構敵意を抱いていました。

少年らしい融通の効かない潔癖さとでも言うのでしょうか。

私は思っていました。「お前らの音楽に対する情熱は何だったのか」「そんないい加減な気持ちで音楽に接していたのか」等々。

特に腹が立ったのは、音楽を棄てたわけでも何でもないのですが、失神バンドのオックスでカリスマ的なボーカリストを務めていた野口ヒデトが演歌歌手として再デビューしたときのことでした。

ある種、大人たちに眉を顰められる、反体制の側にいて歌っていた人間が、演歌に転ずるというのは重大な裏切り行為であると受け取ったのでした。

当時の私には、「彼らも、しかし、食って行かなければならない」ということが解っていませんでした。いや、食わなければならないということは抽象的に理解してはいたのですが、彼らがタレントや俳優に転じたことを、短絡的に「金に身売りをした」というイメージで捉えていたのでした。

今では、必ずしもそうではないということが解ります。

もちろん歌では食えなくて役者の仕事しかなかったからという面はあるのかもしれませんが、彼らは彼らで演技者となってみて、その面白さに目覚めたというようなところも確かにあったのではないか、と想像できるくらい、私も大人になったということかもしれません。

それは音楽に対する裏切りなどではなく、広くエンタテインメント(当時はそんな言葉は日本にはありませんでしたが)に共通する要素としての、演技やコントや MC の面白さと奥深さに自覚的に取り組み始めたということであり、だからこそその道を極められたのだと、今では思っています。

そういうことが解るまでに随分時間がかかってしまいました。

同じような話ですが、あの頃私は、親の会社を継いだり親と同じ職業に就いたりするのは理解不能なファザコンだと断罪して軽蔑していました。それも多分、全てを自分の(しかも未成熟な)価値基準に置き換えて考えた悪弊だったのだと思います。

でも、今考えてみると、歌手から転じた名優も確かにいますし、親子2代でともに素晴らしい歌手や俳優であったりする人たちもいるのです。そういうことに、この年になってやっと気づきました。

そして、長い時間かかってそういうことを理解するスタート地点が音楽であったことはとても良かったように思います。

Copyright©yama-a Dec.2016mark

目次へindex 次作へnext 前作へprevious