医は仁術か|逆輸入エッセイ02

医は仁術か

先日病院に行く機会があり、少し嫌な思いをしてしまった。

胸に「粉瘤」というデキモノのようなものができたのであるが、まず、紹介状を持って行ったにも拘らず3時間半も待たされた――まあ、それは仕方がないとしよう。ただ、この3時間半の間に私の病状が一気に悪化したのも事実ではある。

診察室に入ると、担当医はろくに説明もしてくれない。そのくせ「こんなに膿んでいると感染症を起こす可能性がありますからね!」と脅すような口調で言う。
アンダーシャツを持ち上げているように言われ、お許しが出ないのでいつまでもそのままの姿勢でいると、横目で見ながら、「あ、もう、いいよ」と怒ったように言う。

何故病人がこのような扱いを受けなければならないのだろうか?
一体医者たちは自分がサービス業に従事しているということが解っているのだろうか?

今では随分様変わりしたと聞くが、私が通っていた頃の自動車教習所の教官もひどかった。
教えているのではなく罵倒しているとしか思えなかった。私の友人はギアを入れ損ねた時にその左手を殴られたと言っていた。

医者や教師は、自分たちはサービス業などではない、と言うのかもしれない。
しかし、顧客から金をもらってサービスを提供していると言う点から考えれば、ホテルマンも飲食店も医者も教師も同じである。そういう意味では公務員も同じで、金を直接もらっていようが間接的にもらっていようが、そこにはさしたる違いはない。

私の母は「昔の医者や教師は偉かった」と言う。それがどの程度真実なのかは私には判らない。昔の医者には立派な人が多かったのかもしれない。しかし、中には考え違いをしている医者もやはりいたのではないだろうか。

全般的に言うと、確かに医者や教師は昔ほど尊敬されていないという面はある。時代が変わってしまったのである。

かつて医者や教師は雲の上のありがたい存在で、患者や生徒は言うなれば「畏れ多い領主様に治められた無学な領民」という立場であった。その縛られた存在が経済的に解放された結果、「同じ金を払うなら、あの先生よりこの先生のほうが良い」という発想を持つに至った訳である。

昔から「医は仁術なり」などと言う。
これには私も異論がない、と言うか、そうあってほしいと思う。いや、もっと広げて言えば、医者や教師ばかりではなく、他の職業の人も、あるいは自分の友人や家族も含めて、全ての人が「仁」に満ち溢れた人であってほしいと思うのである。

しかし、忘れてならないのは、「医は仁術なり」というのは倫理的なテーマであって、経済学的に規定すれば「医はサービス業なり」ということになるのである(この2つは別に矛盾しない)。

そして、倫理的な観点というのは最終的に個々人の心の持ち方の問題になってしまうので、それを社会全体として改善して行くのはかなり難しい。まずは経済学的な観点から、「あなた方はサービス業者なのだから、サービスが悪いと客が逃げて行くんだよ」と諭して行くほうが早いような気がする。

医を仁術にまで高められるかどうかは、そこから先の高次のテーマであって、かつ極めて属人的な問題ではないだろうか。

そんなことを考えながら、連日病院通いを続けている。
病はまだ癒えない。

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.18 2002年9月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ