「秘めごと」としての性

私は性表現に関して決して古い倫理観を持っている訳ではない。自分で言うのもなんだが、むしろ自由で進歩的なほうではないかと思っている。しかし、それでも他人の猥談にうんざりすることがある。

若い時に他の仲間より性体験が「進んで」いたりすると、自分の性について赤裸々に語りたがる奴がいた。もちろんそういう人たちの中には抱腹絶倒の経験談を語れる奴もいたので、そういう場合は私も笑い転げながら無邪気に聞いていたものだ。

しかし、中には別に面白くもない話を頼んでもいないのに延々語る奴がいる。正直言って聞きたくないのである。

そして、話が進むにつれ「で、お前はどうなんだ?」という方向に転がってくるケースもある。自分に語るほどのものがあるかどうかは別にして、私自身にそういうことを開示しようという気はないので大いに迷惑したものだ。

話が面白ければついつい聞いてしまうということはあるが、基本的に言えば、個人的な性体験談など別に聞きたくもなければ語りたくもないのである。

「隠すなよ」などと言う友人もいたが、何も隠す気はない。ただ、彼らが理解できないでいることがひとつあって、それは性は「隠しごと」ではなく「秘めごと」だということだ。秘めごとという言葉の持つ隠微さを楽しむのが性の営みの本質である、と私は思っている。

「秘めごと」とは closed circuit での、つまり「閉じられた空間」での愉しみを意味する。 閉じられた空間の中は男女2人きりの世界かもしれないし、同性の2人であっても構わないし、男女10人が入り乱れていても、あるいは閉じられた中で少数の「演じる側」と多数の「観る側」に分裂していて、その間にお金のやり取りがあっても良いと思う。

そこまで書くと保守的性道徳の信奉者から激烈な反発を受けたりもするのだが、実際「性の嗜好」というものは本当に千差万別で、世の中には様々な形の行為や意識が現に存在してしまっている。それらに蓋をしてしまったり、あるいは「異常者」と決めつけて排斥したりするのは、結局のところ性というものを「隠しごと」と捉えている証拠ではないかと思う。

彼らが自らの周りに囲いを作ってその中で彼ら独特の「異常な」行為を繰り広げている限りにおいては、私は一向に構わない。それが彼らにとっての秘めごとになるのであれば、むしろ喜ばしいことではないかとさえ考えている。

隠そうとすることは危険な思想であり、秘めようとするのは平和な営みだと思うのだが、違っているだろうか?

性の欲望や衝動は誰でも持っているはずのものであり、性行為はほとんどの人が経験するものである。そして、基本的に(特に男性の場合は)性の嗜好は時としてより非日常的なものを求める傾向にあるので、その個性の差について、どこまでが正常でどこからが異常であるのかを規定するのはほとんど不可能だし無意味だと思う。

私は何も強姦や死体姦まで認めようというのではない。それが「秘めごと」という範疇に収まるためには社会の秩序を破壊しない、すなわち少なくとも法律に違反しないことは前提条件になる。

しかし、その最低条件を守っている限りにおいては、世間がノーマルと言おうがアブノーマルと言おうが、なんであれ「秘めごと」として成立するのではないか。

そして、ノーマル/アブノーマルに関わらず、それを覆っているベールを無理やりはがそうとするのは、その行為自体を抹殺しようとする保守主義者とは逆の意味で、間違った態度である。

「隠しごと」にしてしまうと、一方で「隠しごと」自体を撲滅しようとする輩が現れ、他方で意地になって暴露しようとする連中も登場する。

「性」はもっとおおらかで妖しい「秘めごと」ではないだろうか。

Copyright©yama-amark【essayistnet掲載】

目次へ 次作へ 前作へ