私は変態だったのだろうか?

社会人になってまだ数年という頃の話だが、その頃になると中学や高校時代の同級生の女の子が結婚したという噂がちょくちょく聞こえてきたりしたものだ。

その中には自分がつきあっていた女の子もいれば、片思いだった女の子やちょっと気になっていた女の子もいる訳だ。

で、彼女たちが結婚したと聞いてショックかと言えば全然そんなことはなかった。「誰かとつきあっている」と聞かされても「結婚した」と聞かされても今さら別に何の感慨もない。ただ「子供が生まれた」という消息に接すると、私は必ず思ってしまうことがあった。

それは、「ああ、あの娘がセックスしたんだ」という感慨である。

私がこんなことを考えたのは下衆だからだろうか? そうかもしれない。

しかし、子供ができたというのはセックスしたということの動かしがたい証拠である。誰かとつきあっていようが結婚しようが、それは直接セックスをしているということにはならない。まだしていないかもしれないし、ひょっとしたら何らかの事情があって今後もしないかもしれない。

男性の場合は「妻に子供ができた」からといってそれが本当に自分の子供であるという保証はないし、そういう意味で言えば、子供のいる男性であってもセックスをしたことがない可能性は残るのである。しかし、女性の場合はそうは行かない。子供ができたということは彼女本人がセックスをしたということの動かしがたい証しなのである。

私は別に処女崇拝主義者ではない。ただ、彼女たちが「子供ができた」と公言する時、それは取りも直さず「私はセックスしました」と宣言しているようなもので、そういう場合若干の気恥ずかしさを感じたりしないのだろうかという余計なおせっかいである。

それは全くの余計なおせっかいであって、彼女たちの胸中にあっては、子供ができたという歓びのために恥ずかしさなんて消し飛んでしまうのかもしれない。あるいは結婚した時点でもうそういう前提は乗り越えてしまっているのかもしれないし、そもそも「セックスして何が気恥ずかしいんですか?」と言われると言い返す言葉もない。

しかし、「子供ができた」と聞くと、「彼女がセックスしている様が目に浮かぶ」とまでは言わないけれど、ただ淡々と「ああ、彼女がセックスしたんだ」と思ってしまうのである。それはまるで気象庁の梅雨明け宣言を聞くような気分なのであった。

「スケベ道」の卓越した求道者である漫画家のひさうちみちお氏がこんなことを書いていた。

トイレに入るとトイレット・ペーパーの端が三角に折ってあることがある。女性に多い行為のようだが、何故そんなことをするかといえば、それは折っている姿を想像させるためである。折っているところを想像すると、逆に紙で拭いているところを想像するには至らない。拭いているところを想像させず、折っているところを想像させるために、端を三角に折るのである、と。

私にとって「彼女に子供ができた」という報告はまさに端を折っていないトイレット・ペーパーなのであった。それは直截に彼女のセックスを連想させたのである。

この連想はひさうち氏が言うのと全く同じ原理ではないだろうか?

それとも単に私が下衆野郎であるというだけのことだったのだろうか?
そういえば、ひさうちみちお氏は「変態漫画家」と言われている人である。やっぱり私が変態だったということなのだろうか?

いつのまにか年をとって、同級生が子供を生んだという噂を聞くこと自体がなくなってしまったので、最近はそういうことで悩むことも全くないのだけれど…。

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.31 2003年10月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ