「私の音楽論」2編

今回はかなり古い原稿を2編掲載します。1978年から79年にかけて、私が大学生のころに書いたものです。

昔『新譜ジャーナル』というフォーク系の音楽雑誌があって(今もあるのかな?)、その中の「私の音楽論」という読者投稿コーナーに掲載されたものです。

今読み返すと何のことだかよく解らない点も多く、そして何よりも文章が下手糞で読みにくいことこの上ないのですが、それでも当時ちゃんと掲載してもらって謝礼まで頂いたということは、それなりに説得力があったのでしょう。

あえて原文に筆を入れずに掲載します。「ニュー・ミュージック」興隆の際の雰囲気もよく解ると思います。


レコード大賞に想う

(『新譜ジャーナル』1979年6月号 No.131)

去る11月22目、レコード大賞新人賞5名と金賞10曲その他の発表の模様がTV中継されたが、何と言ってもファンをがっかりさせたのはアリスの金賞落選であろう。

4度続げて決戦投票に敗れ、「ジョニーの子守歌」が金賞次点に終わる光景を目の当たりにして、所謂 「歌謡界」の「ニュー・ミュージック界」に対する拒否反応というものを感じずにはいられなかった。

新人賞の部門に於いても、早くから受賞拒否を表明していたツイストの選出が難航したのは仕方がないとしても果たして渋谷哲平がサザン・オールスターズをさしおいて受賞する価値があるかと思うと同様の感想を禁じ得ない。(サーカスに1票も入っていなかった訳も判らない)

僅かに評価されたと言えぱ新入賞の渡辺真知子・さとう宗幸、西条八十賞の中島みゆき、金賞の大橋純子ぐらいであり、後者2名は所謂「歌謡界」との結合として評価されたのであり、結合以前は目もくれ られなかった。更に No.1 ヒットを放った庄野真代も殆んど得票はなかった次第である。

このような状況が「歌謡界」のいかなる体質に起因するのかはいざ知らず、それをそのまま許しておく ことはもはや矛盾の様相を呈し始めている。

「冬の穏妻」はヒットを狙って作った曲だという谷村新司の発言に当初は抵抗を覚えた者も多かろうが、今後はそういった試みに対して「商業主義」のレッテルを貼って安心している訳には行かない。70年代前半の拓郎・陽水型の態度からアリス型へと進路変更して、「ニュー・ミュージック」の側から「歌謡界」の(ひいては日本の音楽状況全体の)変容を求めることも必要であろう。

そういった観点からすれば、今回の世良・原田両氏の拒否(又は辞退)は全く奇妙奇天烈である。彼等 はメジャーになり得た数少ないミュージシャンの2人であり、彼等のような人々が「歌謡界」に堂々と 殴り込みをかけなけれぱ誰に出来るだろう。矢沢永吉の徹底的な挑戦的姿勢と比べると、彼等の今回の 拒否の動機は全く希薄である。(なにせ紅白には出るのだから)彼らが辞退しなければ「歌謡界」もその存在を認め賞を与えざるを得なかったはずだと思う。

それが所謂「ニュー・ミュージック」の地位を向上させ新たな人々に目を向けさせることにはならないだろうか。「ニュー・ミュージック」という訳のわからないジャンルにこだわって訳のわからない拒否を続けていれば訳のわからない衰退を呼ぶだけである。

どちらかといえぱマイナー志向である私だが、先だっての授賞式でこのように感じた。


四畳半から放射するもの

(『新譜ジャーナル』1980年1月号 No.138)

長渕剛という男はそろそろ相当のファン層を獲得しつつあるのだろうか。そのような動きがあるのであ れぱ、自分も今にその層の中に吸収されてしまいそうな気がする。

彼の曲はデビュー・アルバムで数曲とシングルの2曲を聞いたのみだが、その何曲かがいつまでも心の中から消えない。「巡恋歌」と「祈り」をとってみれぱ、乱暴に言って、いずれも失恋の歌である。く どくどしい繰リ言の歌である。そして、そのくどくどしさが決していやらしくなく、弱々しくもないとさえ言えるのである。この不思議は何だろう。人目を構わぬくどくどしさがわざとらしさを消しているとは言えまいか。

アリスの「チャンピオン」はわざとらしかった。こそぱゆくって恥ずかしくって聞いちゃいられなかっ た。そこには歌のテーマを「男の後姿」なる「大問題」にしようとするあざとさが露呈し、「おお神よ 」なるフレーズが飛び出すに至っては聴衆は腰を抜かしたものだ。

長渕の詞はあくまで私小説的で、「青春とはこんなに辛い」とか「愛の終わりはいつも何とか」などと言う大演説は控え、どこまでも自分の個人的な場合を述べたてる。あたかも自分の姿が醜くかろうが清々しかろうがそんなものを省みる余裕などないと言うが如く。その単刀直入が、その精一杯が却って青春像・恋愛像を浮き彫りにしているのではないだろうか。

我々は岸田智史の「モーニング」を何度も聞いているうちに、最後のフレーズが「僕たちの朝」ではな く「きみの朝」、「僕」を排除した「きみ」だけの朝であることに気づき驚く。

長渕の詞にはそのような巧さはない。ただ彼の下手糞な繰リ言があのメロディーに乗って、ある時はス ケールの上を転がリ、突如として飛躍し、時としてギクシャクと踊るあのメロディーに乗って、ゆるやかにうねリながら随所に言葉を集約してはリズムを狂わせ、またゆるやかにうねってゆくあのメロディーに乗って迫って来る時、我々は真実の啓示に遭うのである。

これはあの悪名高かった「四畳半フォーク」の復活であろうか。確かに彼の作品の中には「体験は普遍 化するよリもそのままの方が人の心に浸透する」という技術的法則が看取される。しかし、それは所詮 「歌謡曲」の作家が用いるのと同じテクニックではなく寧ろそのテクニックを取り払ったところに明滅する若い光ではないだろうか。

僕はプロが「アマチュアっぽさ」を売り物にすることを嫌う。しかし、これはある意味では、プ口の中にも保存しておきたいアマチュアのエネルギーかも知れない。

Copyright©yama-amark

目次へ 次作へ 前作へ