TV報道の罠──続・メディア・リテラシーのために

あるニュース番組がある案件について1000人を対象に世論調査をしたら510人が反対の立場でした。さて、テレビ局はこのことをどう報道するでしょう?

考えられるのは次の4つくらいでしょうか。

  1. 51.0%が反対
  2. 過半数が反対
  3. 賛否がほぼ半々
  4. 半数近くが賛成

1)は淡々と事実を語っています。それに対して2)には「僅かではあるが反対している人のほうが多いぞ」、4)には「(ほとんどが反対かと思ったら)賛成も結構多いぞ」というニュアンスがくっついてしまっています。いくらマスコミは公正中立だと言っても、記事を書くのも人間なのでこれくらいの色合いは出てしまうものなのです。

中には「変な色は付けまい」と思いながらうっかり付けてしまうケースもあるでしょうし、自分の信条から意図的にこういう表現をしているケースもあるでしょう。しかし、いずれにしてもこの程度のニュアンスの追加なら、私は許されると思っています。

ただし、それとはまったく別の観点から言うと、1)から4)の中で2)だけは絶対にしてはならない表現なのです。

どんな調査結果にも誤差というものが含まれます。そして、誤差を数学的に割り出す公式があるのです。この式の解説をし始めると大変なので省きますが、誤差は「何人に調査したか」と「その結果何%だったか」の2つの要素で決まります。

この場合サンプル数1000人で51%だったので、計算すると誤差は±3.1%ということになります(ただし信頼限界95%脚注参照)。つまり、誤差を考えれば、賛成の人は47.9〜54.1%だということです。だから、誤差まで考慮すると、この調査結果は「過半数が反対」とは言い切れないのです。

誤差を考慮すると一番正しいのは、実は一番ぼけた表現である3)なのです。もちろん、もし700人が反対だった場合は、誤差は±2.8%なので堂々と「過半数」という言葉を使って構いません。

テレビ局は何かというと世論調査をしていますが、残念ながらこういう統計学の基礎を知らないままにやっているケースが非常に多いのです。

でも、ニュース番組の世論調査などの場合はちゃんと標本抽出をして調査しているケースが多いので、そんなに大きな問題はありません。

問題なのは「街の声を聞いてみました」などと称して街頭インタビューの結果を集計しているケースです。街で無作為に訊いた結果をパーセントで表わしてはいけません。

集計せずに順番にインタビュー映像が流れる場合でも問題があります。

例えば、同じ案件でも「渋谷で女子高生100人に聞いた」場合と「とげ抜き地蔵通りでおばあさん100人に聞いた」場合とでは自ずと結果は異なってくるでしょう(この辺のギャップの面白さを逆手に取って番組にしたのが「クイズ100人に聞きました」でした)。たとえ相手を限定しなくても、聞く場所によって聞かれる人の層には偏りが出てしまうものです。

冬の屋外を歩いている人に「あなたは風邪を引いていますか?」と尋ねて得られる結果は、実際に風邪を引いている人の割合より低いはずです(家で寝込んでいる人はインタビューされる可能性がゼロですから)。

我々はテレビで伝えられたことはついつい世間の実像であると感じてしまいがちです。でも、今度からはそのインタビューがどこで行われているのか、答えている人はどんな人が一番多いかなどに注意して見て下さい。

東京局は基本的に東京でしか取材しないでしょうが、東京で調べた結果は東京の意見でしかなく、決して日本の意見ではありません。あるいは同じ東京でも、都心部ではなく八王子市や昭島市では別の意見が多いかもしれません。男性が多ければ女性の意見は反映されていないし、朝早い時間帯に聞いている場合は夜の商売の人は除外されてしまうでしょう。そして、何よりも街頭インタビューでは、あまり外に出ない人たちの意見は反映される可能性が少なくなります。

さらに、それだけではなくて、今度はインタビューの映像がどういう順番で出てくるかに注意して下さい。

テレビは決して撮ってきた映像を全て見せる訳ではありませんし、撮ってきた順番に繋いである訳でもありません。そこには編集した人物の趣味や思想が反映されます。

残念ながら「何が省かれたか」を知ることはできませんが、「どういう順番で繋がれているか」は判ります。そこには時々非常に作為的なものが見えます。賛成と反対を交互に繋いでいるのか、同じ意見をまとめてあるのか、賛成が先か反対が先か──そういうことによって、見る側の印象は随分違ってきます。最後に置かれた映像は、多分見る人に一番強い印象を残すでしょう(単に可愛い女の子だったというケースもあるのですが…)。

そんなことに注意してテレビを見ると、皆さんはきっとテレビの罠にはまりにくい人間になれるでしょうし、テレビの奥を楽しめる人間になれるはずだと思います。

(脚注)「信頼限界95%」とは「100回のうち95回はこの誤差の範囲に収まるだろう」という意味。では、残りの5回はどうかというと「数学的には判らない」。通常、信頼限界95%か99%で検証する。

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.14 2002年5月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ