コンピュータをめぐる微小で柔軟な陰謀

私のPC歴は Windows3.1 の時代に始まった。Windows3.1 の登場によって、パソコンは一部のプロにしか使えない機械から大衆用の家庭用品に変わったと言って良いだろう。

それから Windows は何度も新しいバージョンに衣替えし、PCユーザも幾何級数的に増えた。今やPCは冷蔵庫や洗濯機のような家電製品感覚で使われていると言っても過言ではない。

しかし、それが間違いなのだ。

PCは家電製品ではない。
テレビや電子レンジみたいに単一の用途に供されるものではない。
冷蔵庫や洗濯機みたいに最初に用意された何パターンかの使い方で満足するべきものではないのだ。
それはユーザがカスタマイズして使う機器なのである。そして、使用目的も数限りなくあるのである。

Windows3.1 の頃、私たちはよく config.sys や autoexec.bat を自分で書き換えた。それらのファイルの全ての意味は解らないが、自分が解る範囲で、「ここは触っても大丈夫」という自信のあるところだけ、自分の好みにカスタマイズした。

Windows95 になって、レジストリというとっつきにくい代物が導入されて、我々は相当勉強してからでないと安易にカスタマイズできなくなってしまった。

それはある程度仕方がない。技術が進歩すればするほど難しくなってしまう面はあるだろう。

しかし、最近のマイクロソフトの動向を見ていると、どうも彼らは「お前たちはそんな難しいことは解らなくて良いんだ」と言っているように思えてならない。

例えば、デフォルト設定では「隠しファイルを表示しない」となっているのは何故だ?
「下手に触られて動かなくなったらたまらない」という意識の現われではないのか?
これはユーザによるカスタマイズを否定する態度である。

パソコン雑誌などで何かの設定について触れている記事では、必ず「まず、フォルダオプションで『隠しファイルを表示しない』のチェックを外しましょう」と書いてある。カスタマイズするためには、まず全てのファイルが「見える」状態である必要がある。

大体「隠しファイル」も多すぎる。私の記憶が正しければ、Windows3.1 の頃は「隠しファイル」は2つしかなかったはずだ。おまけに「隠しフォルダ」などという形で、丸ごとユーザの目から遮断しようという試みも見られる。

それから、同じくデフォルトでは「拡張子を表示しない」となっていることにも同じような悪意を感じる。拡張子の意味を理解しないとファイルの性質が解らないし、ダブルクリックした時に何故特定のプログラムが走るのかも理解できない。

プログラム本体だけインストールして、dll をインストールしないまま「動かない」と言ってくるユーザがいるとのこと。これも「非表示」による悪弊なのではないか?

マイクロソフトはきっと「そんなことは別に解らなくても良い」と言うのだろう。また、ユーザのほうにも「そんな難しいことわかんない。ただインターネットと Word ができれば良いの」などと言う人が増えてきているのも確かだ。

しかし、PCは電子レンジや洗濯機と違ってフリーズするのである。そして、それは自分で直すしかないのである。

電子レンジや洗濯機が動かなくなったら、それはそろそろ買い換えの時期が来たということだ。もし買ってからあまり時間が経っていないのであれば修理屋を呼ぶことになるだろう。

しかし、PCでエラーが出たり、フリーズしたり、特定のデバイスだけ認識しなくなったからといって修理屋を呼んでも仕方がない。何故ならそれはハードの故障ではない可能性が高いからだ。

ヘルプデスクの助けを借りるかどうかはともかくとして、自分でいろいろ触ってみて切り抜けるしかないのである。そのためにはある程度基礎的な知識が必要になるのは当たり前だ。

私たちは運転免許を取る時に、たとえ形だけとはいえ、点検の仕方を習うではないか。それと同じなのだ。

マイクロソフトがこういうやり方を続けていると、車の運転に例えるなら、車が止まってしまった時にそれがエンストなのか、ガス欠なのか、はたまたタイヤがパンクしたのかさえ区別のつかないドライバーみたいな存在を増やそうとするようなものである。

マイクロソフトはきっとこう言うだろう。
「あまりお詳しくないお客様が間違って削除されたりしないように非表示にしております。知識をお持ちのお客様は、設定を変えていただいた上でどんどんカスタマイズしていただいて結構です」と。

何故なら、そうしておいたほうがPCは良く売れるからだ。
「難しくありませんよ。誰でも使えますよ」と謳ったほうが売れるに決まっている。しかし、買ってから途方に暮れるのは他ならぬユーザ自身なのである。

次はきっとヘルプデスクの有料化を進め、さらに料金の高額化へと繋げようとしているのではないだろうか。

その陰謀に乗せられないためにも、今のうちによく勉強しておくことをお奨めする。

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.16 2002年7月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ